29 posts categorized "玄箱"

May 20, 2010

新型NASキット KURO-Z/NAS-KIT

PCケース内の空きスペースを利用して、PCから独立したNASを作成するキット
KURO-Z

--クローゼットNASキット KURO-Z/NAS-KIT
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1495

--スペック
サーバー機能:SAMBA/FTP/DHCP/PRINTER
サポートドライブ:SATA ハードディスク/SSD 3.5IDEハードディスク
サポートファイルシステム:FAT32
外部インターフェース:LAN(RJ45/100BASE-TX)x1, USB2.0(TypeA)x1
内部インターフェース:SATA ポートx1, IDEポート(40ピン)x1

--組込条件
1.PCI-Expressスロットに空きがあること
2.FDD用4ピン電源供給コネクタに空きがあること
3.HDDスロットに空きがあること
4.マザーボードの消費電力が拡張ボードを含め110W以下であること

特徴は、PCのシャットダウン時にもNAS機能が動作しつづけるところ。
まさに「たんすの隠し棚」的なクローゼット(KURO-Z)。
玄箱シリーズとは別格!?


過去記事

--小型LinuxBox開発キット KURO-SHEEVA(玄柴)

--新型玄箱 KURO-BOX/T4

--HDD を4台搭載できるNASキット KURO-NAS/X4


--参考ページ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100401_358374.html?ref=rss

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 05, 2009

小型LinuxBox開発キット KURO-SHEEVA(玄柴)

玄人志向、玄箱シリーズに手のひらに乗る小型なLinuxBox開発キット
KURO-SHEEVA(玄柴)が発売されました。

--KURO-SHEEVA(玄柴)
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1440

http://www.buffalo-direct.com/directshop/products/detail.php?product_id=8097
↑ 既に完売の模様、、、

--【玄柴】KURO-SHEEVA情報交換の場
http://code.zqwoo.jp/sns_comm/show/118823

--主なスペック

型番:KURO-SHEEVA
MPU:Marvell Sheeva CPUコア搭載 Kirkwood SoCプロセッサ 88F6281 (1.2GHz)
メインメモリ:512MB/DDR2
NANDフラッシュメモリ:512MB
インターフェース:LAN(RJ45/1000BASE-T)x1
USB2.0/1.1(TYPE A)x1
USB1.1(TYPE miniB)x1 ※コンソール用
SDスロットx1, eSATAx1
搭載OS:Ubuntu 9.0.4 (内蔵NANDフラッシュメモリ内にインストール済み)
消費電力:最大約11W
外形寸法:96.5x110x48.5mm(突起部除く)
付属品:DevelopmentCD-ROM、USB-miniUSBケーブル、LANケーブル、ACケーブル

何やら50台の限定販売とのことで、既に売り切れの模様。
また、本製品は海外ではSheevaPlugの名称で販売されている開発キットが
ベースなっているとのこと。興味のある方は下記のURLをご参照ください。

--SheevaPlug
http://www.marvell.com/products/embedded_processors/developer/kirkwood/sheevaplug.jsp

もしくは、実店舗”クレバリーインターネット館”、”T-ZONE PC DIY SHOP”、
ツクモeX.”でも取り扱いがあるようです。

--参考ページ
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/03/082/index.html
http://akiba.kakaku.com/pc/0912/04/204500.php
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091205/ni_ckuros.html

  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 25, 2009

玄箱 まとめサイト

まだまだ現役でがんばっている、我が家の初代玄箱 KURO-BOXですが、
先月とうとう電源が入らなくなってしまいました。
それでもなお使い続けたいので、ヤフオクにて約\8,000でKURO-BOXを
Getしました。久しぶりに玄箱ハックに挑戦するので、スペックを含む
関連サイト及び玄箱にDebian Linuxをインストールするにあたり、
参考にしましたサイトをまとめます。

公式サイト及び玄箱スペック
--玄箱 KURO-BOX
http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-boxfset.html

--玄箱 wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E7%AE%B1

玄箱ハック Debian化、サーバ構築、Asterisk(VoIP)
--玄箱に Debian 5.0 (lenny) をインストールする
http://www.revulo.com/kuro-box/Debian/lenny.html

--シルコの玄箱サーバ構築
http://www.siruko.dyndns.org/kuro/

--玄箱Asterisk
http://voip-info.jp/index.php/%E7%8E%84%E7%AE%B1Asterisk

久しぶりに再挑戦するので、上手く再インストール可能か不安です。
予定ではIDE 500[GB] HDDを搭載して、家庭内専用サーバーとして
利用します。セカンダリ・ファイルサーバー、セカンダリ・DNSサーバー


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 24, 2009

新型玄箱 KURO-BOX/T4

新型玄箱 KURO-BOX/T4(LinuxBox自作キット)が発売されました。

--KURO-BOX/T4
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1384

--主なスペック
型番:KURO-BOX/T4
CPU:FREESCALE MPC8241 266[MHz]
メモリ:SDRAM 128[MB](64 ビット接続)
フラッシュメモリ:FlashROM(NOR) 4[MB]
インターフェース外部
・RJ-45(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T) x1
・USB TypeA x2
・Serial(D-SUB MALE 9PIN) x1
インターフェース内部
SerialATA x4 (ドライブベイ用)
消費電力:約20W(HDD除く)
外形寸法:170(W)×235(H)×310(D)mm (本体のみ、突起部除く)
重量:約5kg(HDD除く本体のみ)

--標準OS Debian GNU/Linux
・u-boot 2009.06
・Linux カーネルバージョン 2.6.30
・OS ディストリビューション Debian “lenny” (PPC 版)
*WindowsPCよりセットアッププログラムを実行すればネットワーク接続された
玄箱T4のセットアップ可能とのこと。

今回の新型玄箱は完全にLinuxBoxに変わったようです。初代の頃は、
自作NAS Box”として発売されていました。しかし、有志の方々の
おかげで標準でインストールされるMonta Vista Linuxの替わりに、
aptコマンドにて簡単にアプリのインストール可能なVine Linux,
Debian Linuxをインストールして自力でLinux Boxにしていました。
その初代玄箱が1万円程度にて購入可能になっています。お買い得ですね。

KURO-BOX/T4はHDDのRAID構成が組めるようなので、より堅牢なサーバーを
構築可能且つPCサーバーに比べ消費電力が抑えられるのが魅力です。
*消費電力 約20W(HDD除く)は、コンパクトPCより低消費電力?
Home ServerやSOHOにお手ごろではないでしょうか。Linuxの知識が必要
なのは、ちょっと敷居は高いかもしれませんが。

今後は、玄箱によるサーバー構築よりも、GUIで簡単にサービスのアドオンが
可能なWHS(Windows Home Server)の販売台数が増えていくのでしょうか?

--参考ページ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090820_309602.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/21/083/?rt=na


玄人志向 変換基板 KURO-SATA

玄人志向 KURO-BOXシリーズ用補修部品セット KURO-BOX/PARTS

  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 28, 2008

HDDを4台搭載できるNASキット KURO-NAS/X4

玄人志向より、HDD 4台を搭載できるNASキット”KURO-NASU/X4”を
12月上旬より発売開始されるようです。

--KURO-NAS/X4
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1264

--先行リーク!新製品 玄箱x4
http://kurobox.jp/kuroweb/?p=173

--ハードウェア使用
CPU:ARM9互換Marvell製88F5281 500MHz
メモリ:128MB(DDR2)
BootROM:256KBフラッシュメモリ(NOR型)
※NAND型フラッシュメモリは内蔵していません
ドライブベイ:3.5型SATA HDD用 x4
19インチラックマウント可能

この製品、KURO-BOX/PROの上位LinuxBOXとの位置づけ。
いうならば、3世代目の玄箱でしょうか。名づけて”玄箱G3
型番はX4ですが、、、

今回のモデルは初期OSインストール時に
・tftpサーバー
・ターミナルソフト(シリアルポート対応)
が必要になるなど、一段と難易度が増しているようです。

19インチラックマウント可能、HDD4台増設可能(ソフトウェアRAID可能?)
なので、エンタープライズ使用も視野に入るのでしょうか。
ただ、ミッションクリティカル使用もしくはハイパフォーマンス
(同時に100人以上アクセス)はちょっと厳しいような気がします。
NIC(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)が1ポートのみなので、
2ポートに増やし、チーミング、ロードバランシング設定などが可能であると
安定性の向上、パフォーマンス向上するはずです。

製品価格・性能による、市場とのバランス難しいですね。

--参考ページ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1127/kuroshiko.htm
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0539/id=5134/


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2006

玄箱 qpopper

POP3を導入するためにqpopperをインストールしました。

--qpopperのインストール
# apt-get update
# apt-get install qpopper

アクセス制限は/etc/hosts.allow及び/etc/hosts.deney
編集します。


--参考ページ
http://shikichi.ddo.jp/ntp_set.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

玄箱 Postfixインストール

メールサービスであるPostfixのインストールを行いました。
(玄箱のLinuxは"Debian"です。)

まず、無料ダイナミックDNSへ登録をします。
今回は、"Dynamic DO!.jp"を使用した例です。
Domainは"hogehoge"とします。

--Dynamic DO!.jp
http://ddo.jp/

*ホストネームの変更(必要に応じて変更する)
/etc/hosts 及び /etc/hostname
を書き換える

*Postfixのインストール
# apt-get update
# apt-get install postfix


*/etc/postfix/main.cfを書き換える

# vi /etc/postfix/main.cf
----
mydomain = hogehoge.ddo.jp
myhostname = hogehoge.ddo.jp

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, $mydomain

mynetworks = 192.168.1.0/24, 127.0.0.0/8

smtpd_helo_required = yes
allow_percent_hack = yes
swap_bangpath = yes
disable_vrfy_coomand = yes
smtpd_client_restrictions = permit_mynetworks, reject_unknown_client, permit
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks, reject_sender_login_mismatch, check_rela
y_domains
smtpd_sender_restrictions = reject_unknown_sender_domain, reject_sender_login_mismatch
smtpd_etrn_restrictions = permit_mynetworks, reject_invalid_hostname
----

*サービスの再起動
# /etc/init.d/postfix restart

*メール送信テスト
$ mail hoge@nifty.com <--mail 送信先
Subject: test mail <--メールのタイトル
test test <--本文
. <--ピリオドで終了
Cc: <--CCに追加があれば入力
----

--参考ページ
http://shikichi.ddo.jp/postfix_set.html
http://www.kobitosan.net/postfix/

--第三者中継調査
http://www.nanet.co.jp/rlytest/relaytest.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jan 12, 2006

玄箱 ssh 暗号鍵作成

玄箱にてSSH2 RSAの鍵を作成します。

$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/hoge/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

$ cd ~/.ssh
$ cat id_rsa.pub >> authorized_keys

ペアで作成される"id_rsa"ファイルをクライアントにコピーします。

その他、sshのプロトコル
* RSA1: SSH protocol 1 with RSA.
* RSA: SSH protocol 2 with RSA.
* DSA: SSH protocol 2 with DSA..

その他、鍵の作成コマンド
$ ssh-keygen -t rsa1 -C "SSH1 RSA key"
$ ssh-keygen -t rsa -C "SSH2 RSA key"
$ ssh-keygen -t dsa -C "SSH2 DSA key"

作成されるファイル一覧
鍵の種類 公開鍵ファイル (default) 秘密鍵ファイル (default)
---------------------------------------------------
SSH1 RSA ~/.ssh/identity.pub ~/.ssh/identity
SSH2 RSA ~/.ssh/id_rsa.pub ~/.ssh/id_rsa
SSH2 DSA ~/.ssh/id_dsa.pub ~/.ssh/id_dsa


--参考ページ
http://human.is.kyushu-u.ac.jp/~yosinori/ssh/index-j.html
http://www.ex.media.osaka-cu.ac.jp/windows/putty.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 08, 2006

玄箱 apache BASIC認証

玄箱apacheにてBASIC認証を追加しました。

ユーザー名を"hoge"とした場合、下記のコマンドにて
.htpasswdファイルを作成します。

# htpasswd -c /etc/apache/.htpasswd hoge
New password:
Re-type new password:
*上記は新規作成の場合であって、認証するユーザーの追加の
場合はオプション"-c"を外します。

認証するページを設定するためにhttpd.confファイルを
編集します。
# vi /etc/apache/httpd.conf
----
alias /~hoge /mnt/home/hoge/public_html
<Directory "/home/user/public_html">
AuthType Basic
AuthName "Please input your ID and Password"
AuthUserFile /etc/apache/.htpasswd
Require user hoge ##もしくは Require valid-user
<Directory>
----

apacheの再起動をします
# service httpd restart もしくは
# /etc/init.d/apache restart

インターネットブラウザより
http://WebServer/~hoge
にアクセスするとID及びパスワードの入力ポップアップが表示されます。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/698apachebasic.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 07, 2006

玄箱 DDNS for Dynamic DO!.jp

フリーのDDNSサービスとしてDynamic DO!.jp
利用させていただいております。
1月6日より無料サービス版の”IPアドレス更新の変更”に
伴いスクリプトの見直しを行いました。
とはいえ、一箇所書き換えただけです。

旧: http://ddo.jp/dnsupdate.php?dn=ドメイン&pw=パスワード
新: http://free.ddo.jp/dnsupdate.php?dn=ドメイン&pw=パスワード

# vi /usr/ddns/ipchk.pl
----
#!/usr/bin/perl

$CRT_IPF = '/usr/ddns/CRT_IP.dat';
$NEW_IPF = '/usr/ddns/NEW_IP.dat';
$LOG = '/var/log/ddns.log';

open INPUT,"$CRT_IPF";
$CRT_IP=<INPUT>;
close INPUT;

system("wget -q -O $NEW_IPF 'http://info.ddo.jp/remote_addr.php'");
open(INPUT,$NEW_IPF);
$c = <INPUT>;
$stp = index($c,"REMOTE_ADDR:")+12;
$edp = length($c);
$NEW_IP = substr($c,$stp,($edp-$stp));
close(INPUT);

if ($NEW_IP ne "" and $CRT_IP ne $NEW_IP) {
open (OUTPUT ,">$CRT_IPF");
print OUTPUT $NEW_IP;
close OUTPUT;

print "IP Address update: $CRT_IP to $NEW_IP\n";
system("wget -q -O - 'http://free.ddo.jp/dnsupdate.php?dn=Donain_Name&pw=Password'");

$now_string = localtime;
open (OUTPUT ,">>$LOG");
print OUTPUT "$now_string DDNS IP Address Updated. $CRT_IP to $NEW_IP\n";
close OUTPUT;
}
----


--参照ページ
http://ddo.jp/howto.php

--参考ページ
http://miyanet.ddo.jp/~shotech/kuro-box/Vine01.htm


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧