« cmd driverquery | Main | cmd cacls »

May 25, 2014

IE10 自動インストールをブロック

分けあって、「IEのバージョンXX固定」でないと開けないイントラネット
サイトがある場合、Windows標準搭載Webブラウザ”IE”のバージョンの
自動インストールをブロック(停止)したいです。
今更ながら、IEを9から10に自動インストールされないよう、ブロックする
手順をまとめます。

--環境
OS: Windows7 professional SP1 64bit 日本語
IEバージョン: 9 (Windows7 標準は8)


--IE10の自動インストールを無効にする手順

1.MSが提供している”自動配布の無効化ツールキット”をDLする。

--Download Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36512

2.DLした「IE10_BlockerToolkit.EXE」を実行すると、任意のフォルダに
以下3ファイルが展開される。

IE10_Blocker.cmd: コマンドライン
IE10_Blocker.adm: グループ・ポリシーでIE10の自動インストールを無効化/有効化するためのテンプレート・ファイル
IE10_BlockerHelp.htm: このツールのヘルプ


2-1 IE10_Blocker.cmdを使う方法

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、IE10_Blocker.cmdの保存されている
フォルダに移動し、

> IE10_Blocker.cmd コンピュータ名 /B
コンピュータ名を指定しない場合、ローカル・コンピュータの自動インストールが
”無効”になります。

逆に”有効”にするには、
> IE10_Blocker.cmd コンピュータ名 /U


2-2 グループ・ポリシーを使う IE10_Blocker.adm

IE10_Blocker.admをグループ・ポリシー管理エディタに取り込み、
設定値を”有効”にする。 


・レジストリを変更する手順
自動配布の無効化ツールキットをDLすることなく、自動インストールを無効に
することが可能です。*自己責任にて行ってください。
管理者権限でレジストリエディタ(regedit)を起動し、

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Setup\10.0
値の名前:DoNotAllowIE10
型:REG_DWORD
値の内容: IE10の自動インストールを無効にする
        IE10の自動インストールを有効化する

また、今回の手順では、以下の方法によるアップグレードは無効化できない
そうです。

・WSUS、System Center、SMS(System Management Server)などの
管理ツールによるインストール
・IE10のオフライン・インストーラによる手動インストール
・サードパーティ製パッチ管理ツールによるインストール


過去記事
--.lnk 関連付け

--ユーザープロファイル 再構築

--Windows共有フォルダのオフラインキャッシュ(CSC)の削除方法

--Windows7 WindowsUpdate できない


参考ページ
--Windows TIPS:Internet Explorer 11の自動インストールをブロックする

--Windows TIPS:Internet Explorer 10の自動インストールをブロックする

--Internet Explorer 9の自動インストールをブロックする

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

おいしい天然水.com

|

« cmd driverquery | Main | cmd cacls »

Windows」カテゴリの記事

レジストリ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IE10 自動インストールをブロック:

« cmd driverquery | Main | cmd cacls »