« IE10 自動インストールをブロック | Main | WindowsXP セキュリティアップデートを受ける方法 »

May 27, 2014

cmd cacls

Windows7において、サブフォルダを含むフォルダ・ファイルのアクセス権を
一覧するコマンドです。

コマンドプロンプト(cmd)を起動し、

> cacls * /t
カレント・ディレクトリ配下のサブフォルダ含む、アクセス権限を一覧する

> cacls * /t > cacls.txt
アクセス権限一覧をcacls.txtにリダイレクション(書き出す)

> cacls c:\users /t > cacls.txt
任意のフォルダ(c:\users)を指定して、権限を一覧する。

--アクセス権限の省略形
CI - コンテナー継承
OI - オブジェクト継承
IO - 継承のみ
ID - 継承済み



余談

caclsコマンドは、その他ユーザー権限を付与したり、失効、置換も可能です。

> cacls c:\tmp /e /g User:C
c:\tmp フォルダに、ACLを変更せずにUser:変更(書き込み)権限を付与

> cacls c:\tmp /e /r User
c:\tmp フォルダからUserのアクセス権限を失効

> cacls c:\tmp /p User:W
c:\tmp フォルダのアクセス権限をUser:書き込み権限に置き換える

最悪、フォルダ・ファイルのアクセス権限を変更してしまうと、
誰もアクセスできなくなる可能性があります。コマンドを実行する際には、
細心の注意を払いましょう。


過去記事

--cmd システムファイルチェッカー

--Windowsのライセンスを他のPCで使う方法

--コマンド・プロンプト 設定

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

|

« IE10 自動インストールをブロック | Main | WindowsXP セキュリティアップデートを受ける方法 »

コマンド」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference cmd cacls:

« IE10 自動インストールをブロック | Main | WindowsXP セキュリティアップデートを受ける方法 »