« June 2013 | Main | August 2013 »

Jul 31, 2013

Raspberry Pi / Munin-Plugin-dnsmasq

Munin Plugin Dnsmasqを導入しました。DnsmasqもMuninで管理ができるように
なりました。

・2013-02-09-wheezy-raspbian

--hedsht/Munin-Plugin-dnsmasq
https://github.com/hedsht/Munin-Plugin-dnsmasq


--Dnsmasq log設定

$ sudo vi /etc/dnsmasq.conf
----
log-facility=/var/log/dnsmasq.log
log-queries
log-async
---
上記を追記


--Dnsmasq 再起動

$ sudo service dnsmasq restart

もしくは

$ sudo /etc/init.d/dnsmasq restart

上記で、Dnsmasqのログが出力されるよう設定されます。


--Munin Pluginを作成

Munin-Plugin-dnsmasq/dnsmasq at master
https://github.com/hedsht/Munin-Plugin-dnsmasq/blob/master/dnsmasq

Munin-Plugin-dnsmasq/dnsmasq_queries at master
https://github.com/hedsht/Munin-Plugin-dnsmasq/blob/master/dnsmasq_queries

上記より、/usr/share/munin/plugins/ 配下にスクリプトをコピーする。

$ cd /usr/share/munin/plugins/
$ sudo vi dnsmasq
$ sudo vi dnsmasq_queries
$ sudo chmod 755 dnsmasq*


--シンボリックリンクを作成

$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/dnsmasq /etc/munin/plugins/dnsmasq
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/dnsmasq_queries /etc/munin/plugins/dnsmasq_queries


--munin-nodeを編集する

$ sudo vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
----
[dnsmasq]
user root

[dnsmasq_queries]
user root
----
追記する。


--Munin 再起動する

$ sudo service munin-node restart

もしくは

$ sudo /etc/init.d/munin-node restart


--Munin 監視内容の確認

$ munin-node-configure | grep dnsmasq
dnsmasq                        | yes  |
dnsmasq_queries            | yes  |


--dnsmasq.logのログローテーション設定
$ sudo vi /etc/logrotate.d/dnsmasq
----
/var/log/dnsmasq.log {
    dateext
    daily
    rotate 3
    missingok
    notifempty
    delaycompress
    sharedscripts
    postrotate
        [ ! -f /var/run/dnsmasq/dnsmasq.pid ] || kill -USR2 `cat /var/run/dnsmasq/dnsmasq.pid`
    endscript
    create 0640 dnsmasq dnsmasq
}
----


過去記事

--Raspberry Pi / Dnsmasq(簡易DNSサーバー)

--Raspberry Pi / Munin(システム監視 )

--Raspberry Pi / Webalizer(Squid log解析)

--Raspberry Pi / Webalizer(log解析ツール)

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ
安心の電話によるサポート!!
WADAXレンタルサーバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 30, 2013

Raspberry Pi / Dnsmasq(簡易DNSサーバー)

Bindに比べ、簡単にセットアップ可能なDNSサーバー”Dnsmasq”をインストール
しました。

・2013-02-09-wheezy-raspbian

--Dnsmasq
http://www.thekelleys.org.uk/dnsmasq/doc.html


--Dnsmasqインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install dnsmasq

* 2.62-3+deb7u1がインストールされました。


--dnsmasq.confの編集

$ sudo vi /etc/dnsmasq.conf

DHCPサーバーとしての利用は予定ないので、特に変更無し


--ネームサーチの優先順位の確認

$ sudo vi /etc/host.conf
----
# multi on
order hosts,bind
----


--ネームサーバーの指定

$ sudo vi /etc/resolv.con
----
nameserver 127.0.0.1 <- local DNS
nameserver 8.8.8.8  <- GoogleパブリックDNSサーバー
nameserver 8.8.4.4  <- GoogleパブリックDNSサーバー2
----
*上記もしくは、ISP提供のDNSサーバーを指定する。
自分自身を最初に参照するよう設定。


--ローカル名前解決リスト作成

$ sudo vi /etc/hosts
---- 記述例)
127.0.0.1  localhost.hogehoge.com localhost
192.168.0.1  GW.hogehoge.com
192.168.0.3  hogePC01.hogehoge.com
192.168.0.5  hogePC02.hogehoge.com
192.168.0.10 FileServer.hogehoge.com
192.168.0.50 Printer.hogehoge.com
192.168.0.250 WiFi-AP.hogehoge.com
----


--dnsmasq 再起動

$ sudo service dnsmasq start

もしくは

$ sudo /etc/init.d/dnsmasq restart


--自動起動設定 ランレベル3と5で自動起動

# chkconfig --level 35 dnsmasq on
# chkconfig --list dnsmasq


--dnsmasq動作確認
digコマンドを使います。
$ sudo apt-get install dnsutils
$ dig | grep 127.0.0.1

;; SERVER: 127.0.0.1#53(127.0.0.1)


--DNSキャッシュのクリア
$ sudo /etc/init.d/dnsmasq force-reload


--ファイヤーウォールに穴を開ける
ファイヤーウォールが53ポート(DNS)を閉じているようです。
ポートを開放するために簡単管理のufwをインストール。
$ sudo apt-get install ufw

$ sudo ufw default DENY  (全てアクセス拒否)

$ sudo ufw allow 22 (ssh)
$ sudo ufw allow 80 (nginx)
$ sudo ufw allow 443 (nginx https 将来的に)
$ sudo ufw allow 3128 (squid)
$ sudo ufw allow 53/udp (DNSリクエスト)

$ sudo ufw enable (ファイヤーウォール有効)
$ sudo ufw status  (ufw ステータス確認)


過去記事
--VL5 dnsmasq(簡易DNSサーバー)

--玄箱 DNSserver BIND(1)

--玄箱 DNSserver BIND(2)


参考ページ
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0020
http://baticadila.dip.jp/rpi_010.html
http://ubuntu-note.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

おいしい天然水.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 29, 2013

Raspberry Pi / BASIC認証(Nginxに導入)

NginxでのBASI認証の設定方法です。
apacheでは、.htaccessにて設定していた内容をNginxでは、
設定ファイル /etc/nginx/nginx.conf に書き込みます。

・2013-02-09-wheezy-raspbian  Nginx

--Nginxでの設定例 /munin に設定する場合
$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

----
server {

-- 省略 --

location /munin/ {
    alias    /home/pi/www/munin
    auth_basic "Restricted";
    auth_basic_user_file /etc/nginx/.htpasswd;

    }              

-- 省略 --

}
----



--.htpasswdを作成する

.htpasswdの書式は

----
User:Password
----

パスワードは、いろいろな暗号化形式に対応しています。
Apacheと同じものが使用可能なので、htpasswdコマンドで作成します。
htpasswdコマンドは、Apacheに同梱されているコマンドらしく、
apache2-utilsをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install apache2-utils

hogeユーザーを作成する。
$ sudo htpasswd -c /etc/nginx/.htpasswd hoge
New password:
Re-type new password:
Adding password for user hoge

hoge2ユーザー追加する場合
$ sudo htpasswd /etc/nginx/.htpasswd hoge2
New password:
Re-type new password:
Adding password for user hoge2

.htpasswdファイルを確認する
$ sudo cat /etc/nginx/.htpasswd


--Nginxを再起動する

$ sudo service nginx restart

以上で、/muninにアクセスする際にBASIC認証を問われるようになりました。


過去記事
--Apache 2.2 BASIC認証 設定

--WebDAV BASIC認証 認証されない

--玄箱 apache BASIC認証


参考ページ
http://server-setting.info/centos/apache-nginx-7-basic-auth.html#nginx
http://blog.trippyboy.com/2013/nginx/nginx-basicauthentication-basic%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A3%85%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%B7%BB/

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ
Webビジネスを変える「Yahoo!リスティング広告」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 28, 2013

Raspberry Pi / Munin(システム監視 )

Raspberry PiMuninをインストールしました。
Muninは、簡単インストールでCPUやメモリ使用量などの管理ができるように
なります。別途Webサーバーのインストールが必要です。

・2013-02-09-wheezy-raspbian  環境:Nginx + Munin

--Munin
http://munin-monitoring.org/


--Munin インストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install munin


--出力フォルダの作成

$ mkdir -p /home/pi/www/munin
$ sudo chown -R munin:munin /home/pi/www/munin


--出力フォルダの変更

$ sudo vi /etc/munin/munin.conf

----
htmldir /home/pi/www/munin
----


--squidポートの監視 及び nginxアクセス数監視のための設定

$ sudo vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

----
[squid*]
env.ports. 3128

[nginx*]
env.url http://localhost/nginx_status
----


--nginxの設定変更

$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

----
location /nginx_status {

                stub_status on;
                access_log  off;
                allow 127.0.0.1;
                deny  all;

        }
----
上記を追記する。


--nginxの設定を反映

$ sudo service nginx restart


--nginxのステータスが表示されるのを確認

$ curl http://localhost/nginx_status
Active connections: 1
server accepts handled requests
525 525 1783
Reading: 0 Writing: 1 Waiting: 0


--プラグインの追加

プラグインは/usr/share/munin/plugins配下にあり、
/etc/munin/plugins配下へシンボリックリンクを作成することで監視項目に
追加できる。

$ cd /etc/munin/plugins
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/nginx_request nginx_request
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/nginx_status nginx_statu


--munin-node 再起動

$ sudo service munin-node restart

もしくは、

$ sudo /etc/init.d/munin-node restart

muninは、ディフォルトで5分おきに情報をアップデートするようです。
しばらく時間を置いてからアクセスしてみましょう。

http://munin-server/munin

--監視内容の確認
$ munin-node-configure

次回は、nginxにてBASIC認証の制限をかけたいと思います。

-- 追記 --
サーバーの開始状態を確認するのに便利なのでインストールお勧めです。
$ sudo apt-get install chkconfig


過去記事
--Raspberry Pi / Webalizer(Squid log解析)

--Raspberry Pi / Webalizer(log解析ツール)

--Raspberry Pi / Squid(Proxy Server)


参考ページ
http://engineersideline.com/debian-gnu-linux%E3%81%A7linux%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E6%A7%8B%E7%AF%89/debian%E3%81%AE%E9%81%8B%E7%94%A8%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%A8%AD%E5%AE%9A/munin%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/
http://d.hatena.ne.jp/jitsu102/20100602/1275457926
http://www.yshnb.jp/445/

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ
月額料金490円~の業界最安値VPS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 26, 2013

SoftEther VPN

”筑波大学 VPN プロジェクト”UT-VPN: http://utvpn.tsukuba.ac.jp/ の後継
プロジェクト”SoftEther VPN”が1.0を無償公開しました。
SoftEther VPNは、有償版”PacketiX VPN 4.0”と同等性能です。


--SoftEther VPN プロジェクト

http://ja.softether.org/


--SoftEther VPN 1.0 フリーウェアおよび日本語 Web サイトを正式公開

http://ja.softether.org/9-about/news/20130725


--ドキュメント - SoftEther VPN プロジェクト

http://ja.softether.org/4-docs


--対応OS
Windows、Linux、Mac、FreeBSD、Solaris 対応


--SoftEther VPN Server の仕様

・同時接続可能な最大の VPN セッション数:4,096セッション
・作成可能な最大の仮想 HUB 数:4.096個
・構築できるリモートアクセス VPN:レイヤ2,3
・構築できる拠点間接続 VPN:レイヤ2,3

Raspberry Piにインストールして、出先からiPod tochからVPN接続して、
セキュアな通信を行いたいです。外からIP phone発信もおもしろそうです。


過去記事
--SoftEther VPN / VPN Gate Client 無償公開

--UT-VPN (PacketiX VPN オープンソース版)

--Tiny VPN

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 25, 2013

Google Chromecast

米Googleより、Chromecastが発売・発売されました。

--Chromecast
http://www.google.com/intl/en/chrome/devices/chromecast/#netflix

Googleより以下引用
> ChromecastはYouTube、Google Play、Netflix、Pandora、クラウド上の写真を
> HDTVにストリーミングするもっとも簡単な方法だ


--使い方

1.ChromecastをTVの空いているHDMIポートに挿す。
2.スマートフォンやタブレット、ラップトップからYouTubeなどで任意の動画を
Chromecastに送る操作を行う。(Castボタンを押す)
TVに動画が映し出されます。

コンパクトでとても面白いデバイスですが、

--Amazon.com: Google Chromecast
http://www.amazon.com/o/ASIN/B00DR0PDNE?tag=betteraddons-20
↑ amazon.comにて$35.00で販売♪しかしながら、2013/7/25現在、日本へは
シッピングしてくれないとのこと。。。

現時点、日本では入手困難な模様。どなたか、アメリカまで買い付けに行って
くれないでしょうか。もしくは、日本発売を強く希望します。
日本でも約3,500円?で発売であれば、取り急ぎ”買い”でしょう。


過去記事
--Google 無料ストレージを15GBに拡大

--Googleドライブ スプレッドシートを暗号化

--Gmail 自動削除

--Gmail 検索TIPS


参考ページ
http://www.gizmodo.jp/2013/07/chromecast.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

安心の電話によるサポート!!
WADAXレンタルサーバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 23, 2013

Gmail乗っ取り

最近、Gmail(Googleアカウント)を乗っ取られる件が増えているそうです。
他人事と思っていたら、知人のGmailよりスパムメールらしきものが
届きました。。。

以下、届いたメール情報です。

----
宛先:複数のメールアドレス

件名:greetings.

本文:
http://arizalari.com/zwx/xpnvqoemfkds

----

本文は、上記URLと送信者の名前がローマ字で表記されていました。
*上記URL、アクセスしないことを強くお勧めします
その他、件名が”FW:”というのもあるそうです。

URLが気になる方は、下記サイトにて安全性をお調べください。

--aguse.jp: ウェブ調査
http://www.aguse.jp/

barracuda central:バラクーダネットワークスが公開しているブラックリスト
にひっかかりました。何やら怪しいサイトなのですね。

このメールを受信し、「明日はわが身」と肝に銘じ、すぐさまGoogleアカウントの
ログインパスワードを変更しました。また、複数登録してある各種Webサービス
などのパスワードがほとんど同じだったりするので、(3パターン)
できる限り、統一ではないそれぞれのパスワードに変更したいと思います。


パスワード作成例)

名前が”あすき”だった場合、

!As3k2777!

!ではじまり、子音を数字に置き換え As3k2、好きな数字3桁、!でとじる。
10桁の大文字、小文字、数字、記号の組み合わせであれば、解読しにくいはずです。

念のため、パスワードの管理は忘れてしまわないよう、
・一部伏字を使いつつEvernoteに保存
・パスワードを入力したテキストファイルをTrueCrypteで暗号化して
DropBox上に保存
などしてみてはいかがでしょうか。

個人的にWebサービス系は、Firefox + LassPassで運用しています。
LassPassのパスワードがもれてしまうと、大惨事なのですが。。。


--Evernote

https://evernote.com/intl/jp/

--Dropbox

https://www.dropbox.com/

--TrueCrypt

http://www.truecrypt.org/

--LastPass
https://lastpass.com/


過去記事

--Facebook 一括送信 @facebookmail.com

参考ページ
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=7656

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 22, 2013

Raspberry Pi / Webalizer(Squid log解析)

アクセスlog解析ツール”Webalizer”を用いて、Squidのアクセスログを
解析します。* Squid:Proxyサーバー
解析対象は /var/log/squid/access.logです。(Squidのアクセスログ

・2013-02-09-wheezy-raspbian

--Webalizer
http://www.webalizer.org/


--Webalizerインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install webalizer

*webalizer (2.23.05-1)がインストールされました。


--解析ファイル書き出し先フォルダの作成

$ mkdir -p /home/pi/www/webalizer-squid


--webalizer.confの変更

$ cd /etc/webalizer
$ sudo cp webalizer.conf webalizer-squid.conf
$ sudo vi webalizer-squid.conf

----
## 主な 変更:追記箇所
LogType    squid

LogFile /var/log/squid/access.log
OutputDir /home/pi/www/webalizer-squid
HistoryName     webalizer-squid.hist
Incremental     yes
IncrementalName webalizer-squid.current
ReportTitle    Squid Access log
HTMLExtension  html

SearchEngine    google.co.jp    q=
SearchEngine    yahoo.co.jp     p=
SearchEngine    yahoo.co.jp     q=
SearchEngine    infoseek.co.jp  qt=
SearchEngine    excite.co.jp    search=
SearchEngine    goo.ne.jp       MT=
SearchEngine    msn.co.jp       q=
SearchEngine    search.nifty.com Text=
SearchEngine    biglobe.ne.jp   q=
----


--Webalizer起動

$ sudo webalizer -c /etc/webalizer/webalizer-squid.conf


--cron(自動実行)登録
(毎日2時8分に実行)
$ sudo vi /etc/crontab
----
8 2 * * * root /usr/bin/webalizer -c /etc/webalizer/webalizer-squid.conf
----


*** 過去ログの取り込み方法 ***
(古いlogから順に取り込む)
$ sudo webalizer -c /etc/webalizer/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log.3
$ sudo webalizer -c /etc/webalizer/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log.2
$ sudo webalizer -c /etc/webalizer/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log.1

しかし、なぜかwebalizer-squid.confを指定してwebalizerを実行すると、

----
エラー: 不正な日付のレコードをスキップします: [22/ 7月/2013:23:41:56 -000 [3308]
エラー: 不正な日付のレコードをスキップします: [22/ 7月/2013:23:41:56 -000 [3309]
エラー: 不正な日付のレコードをスキップします: [22/ 7月/2013:23:41:56 -000 [3310]
エラー: 不正な日付のレコードをスキップします: [22/ 7月/2013:23:41:56 -000 [3311]
有効なレコードが見つかりません!
----
というエラーが発生し、解析ファイルが作成されません。。。
調査して直したいと思います。

-- 追記 2013/07/25 --
ロケールのディフォルトを

ja_JP.UTF-8 UTF-8 から

en_GB.UTF-8 UTF-8 に戻したら、エラーが解消され通常通り解析されました。

Webalizerの結果も、英語表記となり、文字化け解消です。

--
------------------


過去記事

--Raspberry Pi / Webalizer(log解析ツール)

--VL5 アクセスログ解析 Webalizer

--Squid アクセスログ 解析 VL4

--webalizer 設定


参考ページ
http://folioscope.hatenablog.jp/entry/2013/02/06/000527
http://squid.robata.org/log.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

安心の電話によるサポート!!
WADAXレンタルサーバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 21, 2013

Raspberry Pi / Webalizer(log解析ツール)

アクセスlog解析ツール”Webalizer”をインストールしました。
解析対象は /var/log/nginx/access.logです。(Nginxのアクセスログ

・2013-02-09-wheezy-raspbian

--Webalizer
http://www.webalizer.org/


--Webalizerインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install webalizer

*webalizer (2.23.05-1)がインストールされました。


--解析ファイル書き出し先フォルダの作成

$ mkdir -p /home/pi/www/webalizer


--webalizer.confの変更

$ cd /etc/webalizer
$ sudo cp webalizer.conf webalizer.conf-ORG
$ sudo vi webalizer.conf

----
## 最低限 変更箇所
LogFile /var/log/nginx/access.log

OutputDir /home/pi/www/webalizer
----


--Webalizer実行

$ sudo webalizer


--cron(自動実行)登録

$ sudo vi /etc/crontab
----
5 2 * * * root /usr/bin/webalizer
----

*** 過去ログの取り込み方法 *** (古いlogから順に取り込む)
$ sudo webalizer /var/log/nginx/access.log.3
$ sudo webalizer /var/log/nginx/access.log.2
$ sudo webalizer /var/log/nginx/access.log.1


過去記事
--VL5 アクセスログ解析 Webalizer

--Squid アクセスログ 解析 VL4

--webalizer 設定


参考ページ
http://folioscope.hatenablog.jp/entry/2013/02/06/000527

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

おいしい天然水.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 19, 2013

Raspberry Pi / Nginx(Web Server)

Apacheよりも軽い・早い・消費メモリが少ないとうわさのWebサーバー”Nginx”を
インストールしました。Apache, IISに続く動作数のWebサーバーです。

・2013-02-09-wheezy-raspbian

--nginx news
http://nginx.org/

--nginx
http://nginx.org/ja/


--Nginxインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install nginx

*1.2.1-2.2+wheezy1がインストールされました。


--公開ディレクトリの作成

$ cd ~
$ mkdir -p www


--Nginxの設定の変更

$ sudo vi /etc/nginx/sites-available/default

----
server {

    root /home/pi/www;
    index index.html index.htm;

    server_name localhost;

    location / {
            try_files $uri $uri/ /index.html;
    }

    location /doc/ {
                alias /usr/share/doc/;
                autoindex on;
                allow 127.0.0.1;
                allow ::1;
                deny all;
     }
}
----

--サイトを有効にするため、シンボリックリンクを張る。
$ sudo ln -s /etc/nginx/sites-available/pi /etc/nginx/sites-enabled/


--Nginxの設定ファイルに問題が無いかチェック

$ sudo nginx -t
nginx: the configuration file /etc/nginx/nginx.conf syntax is ok
nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test is successful


--設定再読み

$ sudo nginx -s reload


--Nginx再起動

$ sudo service nginx restart


--自動起動設定

$ sudo update-rc.d nginx defaults

取り急ぎ、Webサーバーが起動しました。

--ディフォルトのログファイル
/var/log/nginx/access.log
/var/log/nginx/error.log


<< 追記 >>

Webalizer(ログ解析ツール)にて解析できるよう、ログ形式をapache同様と
する。

$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

----
http{

## 省略 ##

log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                    '"$status" $body_bytes_sent "$http_referer" '
                    '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for" "$gzip_ratio"';

## 省略 ##

}
----
http{ } に追記する。

過去記事
--Raspberry Pi / Squid(Proxy Server)

--Raspberry Pi / ssh

--Raspberry Pi / ntpd

--Raspberry Pi / DDNS(free DDNS)


参考ページ
http://zeder.hateblo.jp/entry/2013/02/18/125314
http://d.hatena.ne.jp/shim0mura/20120110/1326198429

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

Webビジネスを変える「Yahoo!リスティング広告」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 18, 2013

Raspberry Pi / Squid(Proxy Server)

Raspberry PiSquid(Proxy Server)をインストールしました。

・2013-02-09-wheezy-raspbian


--squid-cache.org

http://www.squid-cache.org/

--日本語サイト
http://www.j-one.ne.jp/squid-cache/


--squidのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install squid

2.7.STABLE9-4.1がインストールされました。


--squidの設定

$ cd /etc/squid
$ sudo cp squid.conf squid.conf-ORG
$ sudo vi /etc/

----
# ACL関連
acl all src 0.0.0.0/0.0.0.0
acl manager proto cache_object
acl localhost src 127.0.0.1/32
acl localnet src 192.168.**.0/24

acl SSL_ports port 443
acl Safe_ports port 80        # http
acl Safe_ports port 21        # ftp
acl Safe_ports port 443        # https
acl Safe_ports port 70        # gopher
acl Safe_ports port 210        # wais
acl Safe_ports port 1025-65535    # unregistered ports
acl Safe_ports port 280        # http-mgmt
acl Safe_ports port 488        # gss-http
acl Safe_ports port 591        # filemaker
acl Safe_ports port 777        # multiling http
acl CONNECT method CONNECT

http_access allow manager localhost
http_access deny manager
http_access deny !Safe_ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports

http_access allow localhost
http_access allow localnet
http_access deny all


# 指定 URLリストのファイルを blacklistと定義

acl blacklist url_regex "/etc/squid/blacklist.txt"

# blacklistのアクセスを拒否
http_access deny blacklist

http_port 3128  # ポート8080が一般的

# MEMORY CACHE OPTIONS
cache_mem 16 MB
maximum_object_size_in_memory 32 KB
cache_dir ufs /var/spool/squid 512 16 256 # disk cache 512[MB]設定
minimum_object_size 0 KB
maximum_object_size 4096 KB

# LOGFILE OPTIONS
logformat squid %ts.%03tu %6tr %>a %Ss/%03Hs %<st %rm %ru %un %Sh/%<A %mt
access_log /var/log/squid/access.log squid
logfile_rotate 0
pid_filename /var/run/squid.pid


# 匿名性を高めるオプション
## ホスト名の非表示

visible_hostname unknown

## プロキシサーバーへの接続元IPアドレスの非表示
forwarded_for off

## 参照元URLの非表示
header_access Referer deny all

## ユーザーエージェントの非表示
header_access User-Agent deny all
----

--squid.confの確認
$ sudo squid -k parse


--squid の再起動

$ sudo service squid restart


---自動起動設定

$ sudo update-rc.d squid defaults


** update-rc.d オプション **

$ update-rc.d squid defaults
ランレベル2345に対してサービス起動用リンクを作成

$ update-rc.d squid remove
サービス起動用リンクを全て削除

-n     実際の動作を表示するだけで何もしない
-f     強制的にシンボリックリンクを削除する

WebブラウザにProxyの設定を行い、確認君サイトにて確認したところ
ブラウザーとOS:(none)
proxyのバージョン等:1.1 unknown:3128 (squid/2.7.STABLE9)
と表示されました。ユーザーエージェントホスト名は消えていますね。


過去記事
--VL5 Squid(Proxy Server)

--Squid アクセスログ 解析 VL4

--Squid 自動設定 VL4

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

月額料金490円~の業界最安値VPS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 16, 2013

WiiU向け ゲームを開発ソフト無償配布

任天堂が、据え置きゲーム機”Wii U”向けゲームの開発ツールを無償配布
開始したそうです。今回の変更により、個人でも登録すれば無償で利用できる
仕組みになったそうです。

--世界中に開発ソフトを無償配布 
任天堂、WiiU販売不振で危機感あらわ - MSN産経west

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130715/wec13071507020000-n1.htm

しかしながら、”個人登録サイト”、”ダウンロードサイト”見つかりません。。。
と思いながら検索してみると見つかりました!!

--Nintendo @ GDC 2013
https://gdc2013.nintendo.com/sign_up.php

でも、日本人の方は”Nintendo-application-form@nintendo.co.jp”宛てに
メールしてくださいとのこと。
まがだ提供開始されていないのでしょうか?

ちなみに、ネット上の情報によると、開発言語は、
・HTML5
・Java script

対応みたいです。

個人レベルで開発できるようになり、たくさんのアプリが作成されるのでは
ないでしょうか。小粒のおもしろアプリ、はたまたク○ゲーが氾濫してしまう
のでしょうか。任天堂の”背水の陣”的な切迫した危機が感じられます。
今後、ゲーム業界はどうなってしまうのでしょうか。


過去記事

--Wii 2台目

--Wiiリモコンで操作

参考ページ
http://blog.esuteru.com/archives/7221889.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 15, 2013

Ninja250R バイクコーティング

ライダーズスタンド松戸2りんかんにて、Ninja250Rのバイクコーティングを
行ってもらいました。 2013/07/14

--ライダーズスタンド松戸2りんかん
http://driverstand.com/tenpo/235/

--効果抜群!バイクコーティングはお任せください! 
http://driverstand.com/tenpo/top/pitservice/07.html

・作業時間 120分~
・作業工賃
ネイキッド(カウル付き)車
120cc未満スクーター     8,925円(税込み)

カウル付き車
BIGスクーター(120cc以上) 12,075円(税込み)

20130714_103853s

コーティング前(前回のコーティング:3年前)

20130714_162435s

今回のコーティング後

20130714_1625202

タンクのアップ

写真では良く分かりませんが、映り込みするくらいピカピカ!
そして、”黒”のカラーしまり具合がいいです。とても満足の仕上がりです。

その後、帰宅時になんと、即夕立に会いました。。。
慌ててYAMADA電気に逃げ込んだので助かりました♪

日頃からなかなかバイクの洗浄ができないので、コーティングを行ってもらうと
固く絞った布で水拭きするだけで、綺麗になります。
お勧めです。


過去記事

--Ninja250R タイヤ交換 BT-45

--Ninja250R ハンドル交換

--Ninja250R ETC JRM-11換装

--中古で購入 Ninja250R

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ
安心の電話によるサポート!!
WADAXレンタルサーバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 14, 2013

暑さ対策グッズ 2013

今年2013年は、”千年猛暑”と言われる、猛暑日(1日の最高気温が35℃以上の日)が
続いていました。倒れてしまう前に、事前に対処をしましょう。
意外と暑がりなわたくしの、お勧めグッズをまとめます。

--エコでクール メタリック【低反発ジェルパッド】 セミシングル(90×140)

布団もしくはベットに敷く、吸熱低反発ジェルパッドです。
3シーズン使った2010年モデルにカビが生えてしまったので、再購入です。
前モデルと比べ、表面にアルミ素材に変更になったことにより、よりいっそう
ひんやり感が増しました。寝室の冷房を入れて、ジェルパッド自体を冷やして
おくと、まさに氷の上で寝ているよう。←個人差あり
しかし残念ながら、冷却効果が朝まで持続するわけではありません。
入眠サポート敷きパッド”ですね。ずいぶん、割引率が高いです。



--シャツクール ストロングミント

出社前のワイシャツに一振り!襟元、脇、背中を多めにシュッシュしておくと、
cho->クール!!というか、逆に熱い!?ほど刺激的です。
夏の青空の下でも、Tシャツにしっかりシュッシュしておくと、バイク走行が
とっても快適になりました。



-- 3電源(AC,USB,乾電池) 10cm コンパクトデスク扇風機

卓上扇風機が3電源(AC,USB,乾電池)対応で復活しました。
乾電池対応扇風機は珍しいですね。以前のモデルを使っていましたが、
風量が今一歩なのがたまに傷。見た目がカワイイのでOKということで。



--エコ水うちわ

水に浸して扇げば、気化熱の作用で涼しい風が。とってもエコな冷却グッズです。

熱射病・日射病に気をつけ、水分補給をこまめに行い、暑い夏を乗り越えましょう!


過去記事
--暑さ対策グッズ

--東京電力 でんき予報

--Windows PC 自動節電プログラム


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

おいしい天然水.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 13, 2013

Raspberry Pi / ssh

Rasberry Pi上のsshのセキュリティを強化しました。

・2013-02-09-wheezy-raspbian

上記バージョンでは、標準でsshはインストール、自動起動されるよう
設定されています。よりセキュリティを上げるため、ssh_configファイルの
更新と公開鍵作成を行います。

--ssh_config 更新
$ cd /etc/ssh
$ sudo cp ssh_config ssh_config-ORG
$ sudo vi ssh_config

----
PermitRootLogin no   #Rootでのログインを拒否する

PermitEmptyPasswords no   #パスワードが空白での認証を拒否する

PasswordAuthentication no   #パスワード認証を拒否する

ServerKeyBits 1024   #暗号強度を1024ビットに

ForwardX11 no  #X11転送を拒否

RhostsRSAAuthentication no   #rhost認証を禁止

RSAAuthentication no   #RSA認証バージョン1

PubkeyAuthentication yes   #RSA認証バージョン2

AuthorizedKeysFile    .ssh/authorized_keys  #認証に使われる公開鍵ファイ

Port 22  #待ちうけポート番号

Protocol 2   #プロトコルバージョン2のみ有効
----


--sshdサービスの再起動

$ sudo service ssh restart
もしくは
$ sudo /etc/init.d/ssh restart


--RSA認証鍵の作成
(ssh接続するユーザーにて行う)
$ cd ~
$ ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/hoge/.ssh/id_rsa):<- Enter key
Created directory '/home/hoge/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):<- passphraseの入力
Enter same passphrase again:<- passphraseの再入力
Your identification has been saved in /home/hoge/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/hoge/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
41:**:f4:fb:**:f0:b5:**:1e:e5:f2:47:**:9c:d3:** hoge@hogehoge
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|        ..+.     |
|       . . .     |
|        .   ..   |
|         .  o.   |
|        S  +.....|
|          . =..+B|
|           . oo*B|
|             .o.+|
|               E |
+-----------------+

$ cd ~/.ssh
$ cat id_rsa.pub >> authorized_key
$ chmod 600 authorized_key
$ rm id_rsa.pub

id_rsa ファイルをsshクライアントPCにコピーする。
コピー終了後、削除する。
$ rm id_rsa

クライアントPCからid_rsaファイルを選択して、ssh接続を行う。
Windows版:Tera Term  Windows7動作確認済み

--Tera Term (テラターム) - SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/svn/view/trunk/installer/release/lang/Japanese.lng?root=ttssh2&view=log


*** ssh-keygen オプション ***

-t [鍵の種類]     生成する鍵の種類
rsa1: ssh version1
rsa : ssh version2
dsa : ssh version2


過去記事

--VL5 Open SSH

参考ページ
http://www14.plala.or.jp/campus-note/vine_linux/server_ssh/sshd_config.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 11, 2013

GameStick

イギリスのPlayJam製ゲーム機”GameStick”の予約受付が7月1日より開始
されました。テレビのHDMIポートに挿して使用するスティック型のゲーム機です。

--GameStick
http://gamestick.tv/

--Register - PlayJam Developer Centre (開発者向けサイト)
http://www.gamestick.tv/sdk/register


--GEKKO&CO. 家庭用ゲーム機 GameStick 製品情報
(予約受付中)
http://www.redstar.co.jp/gamestick.htm


--製品仕様
本体カラー:ホワイト
OS:Android 4.2 Jerry Bean
CPU:Amlogic 8726-MXS デュアルコア 1.5GHz 7500DMIPS
GPU:Dual ARM Mali-400 400Mhz
メモリ:1GB DDR3
ストレージ:8GB内蔵フラッシュメモリ
対応モニター:HDMI 1.3 1,080p、1,080i、720p
サウンド:HDMI
コントローラ:Bluetoothゲームパッド
外部接続:Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth LE 4.0、Micro USB×1、
MicroSDスロット(最大32GB対応)×1



--価格・発売日
 製造:英国PlayJam社
出荷開始:2013年8月10日
本体コントローラセット価格:7,800円(税送料込)7月末までに注文の特別価格。
通常価格12,800円。
オプション価格:追加コントローラ 3,800円(税込)
オプション価格:GameStickドック 3,800円(税込)
オプション価格:GameStickケース 1,000円(税込)

なんといっても、コントローラー1台であれば、本体込みで1万2,800円
低価格!(2013年7月末まで、特別価格7,800円) また、OSにはAndroidを
採用しており、既存のAndroid端末向けアプリを利用することも可能。
プログラミングのできる方であれば、Android開発環境と公式SDKを用いて
自由にゲーム開発までできてしまします。

ゲーム用コントローラー同梱での販売、なかなか考えましたね。
このデバイス、迷うことなく”買い”ですね。特別価格の7月中の予約が
いいですね。


過去記事

--Windows版 ドラクエ10 ベンチマーク

--各種 リモートアクセス

--秋葉原集会所 オープン

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 10, 2013

花火大会情報

今年は”千年猛暑”かも!?といわれる猛暑ですね。熱射病・日射病に気を
つけましょう!!
夏といったら花火大会。日程を調べて出かけましょう!!

--花火天気Ch - ウェザーニュース
http://weathernews.jp/hanabi/

--花火大会2013 花火カレンダー - Walkerplus
http://hanabi.walkerplus.com/

--関東の花火大会2013
http://hanabi.walkerplus.com/list/ar0300/

--花火大会2013
http://hanabi.enjoytokyo.jp/

--花火大会2013 - じゃらんnet
http://www.jalan.net/theme/hanabi/


東京の東の方に住んでいますわたくし、下記の花火大会が気になります。

2013年7/20(土) 第35回足立の花火

2013年7/23(火) 第47回葛飾納涼花火大会

2013年7/27(土) 第36回 隅田川花火大会 
(筑西市の”館祭り”と同日。。。)

2013年8/1(木) 第31回江東花火大会

2013年8/3(土) 第38回江戸川区花火大会

2013年8/10(土) 第25回東京湾大華火祭

葛飾納涼花火大会が、マンションから僅かに見えたような。。。
水分補給を忘れずに!!


過去記事

--まだ間に合う!? 完成年賀状DLサイト

--男性用無料ボクサーパンツを貰おう! フリパン

--BGMに最適 Webサービス

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ
安心の電話によるサポート!!
WADAXレンタルサーバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 09, 2013

Raspberry Pi / 日本語化

Rasberry Pi日本語化をまとめました。

・2013-02-09-wheezy-raspbian

--タイムゾーンの設定
$ sudo raspi-config

"4 Internationalisation Options" -> "2 Change Timezone"
Asia -> Tokyo を選択する

もしくは

$ sudo dpkg-reconfigure tzdata
Asia -> Tokyo を選択する


--日本語フォントのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install font_name

fonts-ipafont
ttf-vlgothic
ttf-kochi-gothic
ttf-kochi-mincho
ttf-takao-mincho
ttf-watanabe-mincho
ttf-wadalab-gothic
xfonts-intl-japanese
xfonts-intl-japanese-big
xfonts-kaname

ネットで見かけるインストールするフォントの組み合わせは、

$ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname


--ロケールの変更

$ sudo raspi-config

"4 Internationalisation Options" -> "1 Change Locale"

もしくは、

$ sudo dpkg-reconfigure locales

en_GB.UTF-8 UTF-8 (ディフォルトで選択されている)
ja_JP.EUC-JP EUC-JP
ja_JP.UTF-8 UTF-8

上記3つに*(チェック)を入れる。ディフォルト”ja_JP.UTF-8 UTF-8”を選択


--日本語入力環境のインストール

$ sudo apt-get install ibus-anthy

インストールが終わったら、リブートをかける
$ sudo reboot



過去記事

--Raspberry Pi / DDNS(free DDNS)

--Raspberry Pi / ntpd

--Rasberry Pi 初期設定-1

--Raspberry Pi 初期設定-2

参考ページ
http://d.hatena.ne.jp/a_halka/20120805/1344100384
http://ameblo.jp/mijyu-sakura/entry-11329029030.html
http://ngc1952.net/archives/991


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


おいしい天然水.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2013

Raspberry Pi / DDNS(free DDNS)

Raspberry Piにて、free DDNSサービスへの自動グローバルIPアドレス更新
スクリプトです。

・2013-02-09-wheezy-raspbian

--FreeDNS
http://freedns.afraid.org/

--Dynamic DNS clients
http://freedns.afraid.org/scripts/freedns.clients.php

--dnsactual.sh.txt <- 自動更新スクリプト 今回、こちらを使用
http://freedns.afraid.org/scripts/dnsactual.sh.txt


--wgetのインストール

#apt-get update
#apt-get install wget

dnsactual.sh
----
pplication name: dnsactual

if test -f /etc/freedns/dnsactual.conf
   then
   CacheIP=$(cat /etc/freedns/dnsactual.conf)
fi

#echo $CacheIP
CurreIP=$(wget http://freedns.afraid.org/dynamic/check.php -o /dev/null -O /dev/stdout | grep Detected | cut -d : -f 2 | cut -d '<' -f 1 | tr -d " ")

#echo $CurreIP
if [ "$CurreIP" = "$CacheIP" ]
then
   # Both IP are equal
   echo "Update not required..."
else
   # The IP has change
   echo "Updating http://free.afraid.org with " $CurreIP
   wget http://freedns.afraid.org/dynamic/update.php?xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx -o /dev/null -O /dev/stdout
   echo `date`  "Updating log with IP " $CurreIP >> dnsactual.log
fi

rm -f /etc/freedns/dnsactual.conf
echo $CurreIP > /etc/freedns/dnsactual.conf
----

* xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx の値(更新用データ ハッシュ値)は、
次の通り入手する。
FreeDNSにログイン後、[DynamicDNS] "Wget Script"をクリック。
テキストエディタにて.batファイルを開くとphp?の後のハッシュ値が
xxxxxにあたる。この文字列をxxxxxxと置き換える。


--実行権限をつける
*実行スクリプトdnsactual.shを/root/dnsactual.shに保存した場合
$ sudo chmod 701 /root/dnsactual.sh


--自動実行させる(cron登録)

# vi /etc/crontab
----
*/30 * * * * root /root/dnsactual.sh
----
上記一行を追記する。30分毎に自動更新



過去記事
--FreeDNS 自動IPアドレス更新

--玄箱 DDNS

--玄箱 DDNS for Dynamic DO!.jp

--独自ドメイン取得

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 06, 2013

Raspberry Pi / ntpd

Raspberry Piにて、ntpdの設定を行いました。

2013-02-09-wheezy-raspbian

上記のバージョンでは、標準でntpdはインストール済みです。


コンフィグファイルのバックアップをとる
$ cd /etc
$ sudo cp ntp.conf ntp.conf-ORG


ここでエラーが発生しました。
sudo: unable to resolve host hogehoge
*hogehoge: ホスト名

/etc/hostsファイルを下記の通り書き換えたら、解決しました。

旧)
127.0.1.1 hogehoge.example.net hogehoge.example.net

新)

127.0.1.1 hogehoge.example.net hogehoge


ntp.confファイルの編集
$ vi ntp.conf
----
# デフォルトで全てのNTPアクセス拒否
restrict default ignore

# ローカルホストからのNTPアクセス許可
restrict 127.0.0.1

# 家庭内LANクライアントからの問い合わせ許可

restrict 192.168.0.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap

# 外部のNTPサーバへのNTPアクセス許可

restrict 133.243.238.163 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 133.243.238.164 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 133.243.238.243 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 133.243.238.244 mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.27  mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.57  mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict 210.173.160.87  mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery

# 外部のNTPサーバの指定
server ntp.nict.jp
server ntp.jst.mfeed.ad.jp

pool ntp.nict.jp iburst


# CMOSクロックの指定
fudge    127.127.1.0 stratum 10   

# log file
driftfile /var/lib/ntp/ntp.drift

statistics loopstats peerstats clockstats
filegen loopstats file loopstats type day enable
filegen peerstats file peerstats type day enable
filegen clockstats file clockstats type day enable
----

restrict のフラグ
ignore:全てのパケットを拒否します。
noquery:ntpq のクエリー(照会)を無視します。
nomodify:サーバーの状態を変更しようとする ntpq のクエリー(照会)を
無視します。
noserve:時刻同期要求は拒否しますが、ntpq のクエリー(照会)は
許可します。
notrust:指定したホストを参照先サーバーとして使用しません。
notrap:trap サービスのためのパケットを拒否します。trap サービス は、ntpq コントロールメッセージプロトコルのサブシステムで、SNMP のようなネットワークを経由したイベントロギングマネージャによって利用されることを目的としています。



ntpサービスの再起動
$ sudo service ntp restart
もしくは
$ sudo /etc/init.d/ntp restart



ntp起動確認
$ ntpq -p
実行後しばらく(5分程度)経ってから、
$ date


--NTP/プロバイダ・機関別 - wiki@nothing



過去記事
--VL5 ntpd

--NTPサーバ

--玄箱 ntp


参考ページ
http://d.hatena.ne.jp/sakurako_s/20100916/1284599963
http://blog.livedoor.jp/sasayakimasuyo/archives/29152343.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

Webビジネスを変える「Yahoo!リスティング広告」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 05, 2013

iTunes伝説のイコライザー設定

2004年、ある匿名の海外ユーザーにより明かされた”Perfect”と呼ばれる
伝説のiTunesイコライザーセッティングがあるそうです。←大げさ?

Perfectとは、名に負けないどんな曲を聴く時にもオールマイティーな
設定で、高音・低音域が強調され、音にメリハリが出る設定とのこと。

--設定方法
1.iTuneを起動する。

2.メニュー 表示 -> イコライザを表示 を選択する。

3.下記の通り、イコライザの設定を行う。

32:+3 / 64:+6 / 125:+9 / 250:+7 / 500:+6 /

1k:+5 / 2k:+7 / 4k:+9 / 8k:+11 / 16k:+8

4.曲の録音レベル、スピーカーにあわせて”プリアンプ”を調整する。

5.”プリセット作成”より、名前をつけて保存する。

上記、なかなかよいセッティングです。しかしながら、PCで音楽を聴く際の
ディフォルトアプリは、foobar2000 + WASAPIコンポーネントだったりします。


過去記事

--foobar2000 セットアップ

--SE-U33GXV(B) USBデジタルオーディオボード

--ASIOドライバ

参考ページ
http://samulife.com/iPhone/itunes-equalizer-setting

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

月額料金490円~の業界最安値VPS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 04, 2013

DMM3Dプリント

ネット経由で3Dプリントが利用できるサービス”DMM3Dプリント
サービスが開始されました。
3Dデータ(STL、PLY、VRML)をアップロードし、見積もりメールを確認、
素材を選択して支払い手続きを済ませれば、約7~9日程度で注文したモデルが
自宅に配達されるそうです。

--つくりたいもの、ほしいもの、ネットから3Dプリント! - DMM.com
http://make.dmm.com/


--選択可能素材

・石膏フルカラー
・アクリル樹脂
・ナイロン(ポリアミド)
・シルバー
・チタン


--データ形式

・色なし3Dデータの対応形式
    3Dデータ:STL形式、PLY形式、VRML(.wrl)形式

・石膏フルカラーの対応形式
    3Dデータ:PLY、VRML(.wrl)形式
    カラー/テクスチャ:(.png / .jpg / .bmp)


--禁止データ

・著作権や他社の知的財産権などを侵すもの
・造形すると、銃器、弾薬あるいは主として武器や凶器として使用される目的を
持つデータ
・造形すると、低俗、わいせつ物になるデータ等、公俗良序に反するデータ

設計は、無料で利用可能なCADタイプ アプリ”123D design”にて作成可能。

--123D designチュートリアル
動画で分かる!3Dデータのつくり方 - DMM3Dプリント
http://make.dmm.com/howtomake/autodesk123ddesign/

とても面白いサービスです。オンラインで3Dプリントを依頼できるなんて♪
何かしら依頼してみたいですね。オリジナルのiPod touch用ケースとか。

今年は3Dプリンタの価格もだいぶこなれてきて、海外では最安3万円を切る
家庭用モデルも発売され始めています。日本でも3Dプリンタ普及元年に
なるのでしょうか?


過去記事

--エクセル VBA プリンタを指定して印刷

--スキャナ ScanSnap S1300i

--EPSON Colorio EP-904F


参考ページ
http://ascii.jp/elem/000/000/804/804712/

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 01, 2013

RSSリーダー iOS

Googleリーダーのサービスが終了します。*2013/07/01 22時時点、なぜかまだ
アクセスできました。

PCでのRSSリーダーサービスとして、Feedlydiggを使ってみたのですが、
iOS版RSSリーダーでも使用することを考えるとFeedlyの方が対応アプリが
多く良さそうです。時点としてlivedoorリーダーも良さそうです。

上記を踏まえた上で、iPod touch (iOS 6.1)で利用可能なRSSリーダーアプリを
まとめます。

--Byline 2013/07/01時点 250円
https://itunes.apple.com/jp/app/byline/id284946773?mt=8

Googleリーダーに代わり、Feedlyと同期するようになりました。
通信が取れない場所でも、キャッシュしてくれるのでオフラインで読めます。


--Reeder
 無料
https://itunes.apple.com/jp/app/reeder/id325502379?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

無料化されたようです。(期間限定??)Feedly対応、細かな設定も可能です。
ローカルから直接フィードを取得する単体RSSリーダーとしても使えます。


--Digg
  無料
https://itunes.apple.com/jp/app/digg/id362872995?mt=8

動作は軽快ですが、オフラインで読めないのが残念。


--Feeddler RSS Reader
  無料
https://itunes.apple.com/jp/app/feeddler-rss-reader-for-ipad/id364873582?mt=8
Feedly対応です。オフライン機能を使うには、有料版のProが必要なようです。


--Feeddler RSS Reader Pro
  2013/07/01時点 450円
https://itunes.apple.com/jp/app/feeddler-rss-reader-pro/id365710282?mt=8


--Feedly  無料
https://itunes.apple.com/jp/app/feedly-your-google-reader/id396069556?mt=8

Feedly公式アプリ。残念ながら、使い勝手はサードパーティー製のアプリの
方が使いやすいです。GUIは近代的なのですが、どうも使いやすいとは
いいがたいです。

昔からの老舗RSSリーダー的アプリ”Reeder”が使いやすいです。もちろん好み
にもよるのですが、個人的にずっと愛用している”Byline”も肌に合っています。

今後は、PC(Web版)ではFeedlyにアクセス、iPod touchでのモバイル環境では、
Bylineを使っていきそうです。最近は、GunosySmartNewsを使って情報収集を
していると、昔よりはRSSリーダーの出番は減ってきたような。。。

--feedly
http://feedly.com

--Digg
http://digg.com/

--Gunosy
http://gunosy.com/

過去記事
--Googleリーダー サービス終了

--Feedly UIをGoogleリーダー化

--情報収集ツール


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

安心の電話によるサポート!!
WADAXレンタルサーバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »