« Windows版 ドラクエ10 ベンチマーク | Main | Windows 8.1 Preview版 リリース »

Jun 25, 2013

無線LAN IEEE 802.11acとは

最近、スマホやタブレット、ゲーム機、備え置きレコーダー等にも無線LAN搭載
モデルが増えてきました。また、それらデバイスでハイビジョン動画のような
クオリティの高いコンテンツを見る機会も増えてきました。
無線LANは、次世代の規格”IEEE 802.11ac(Draft)”対応製品も
発売されています。IEEE 802.11ac(Draft)について、まとめます。

--IEEE 802.11ac
2013年3月の電波法関連規則の改正によって、法的に日本国内で利用できるように
なった規格。現時点、2013/06/25では、Draft版となります。

無線LAN規格     通信速度(理論値)
-----------------------------------
IEEE 802.11          2Mbps
IEEE 802.11b       11Mbps
IEEE 802.11g/a     54Mbps
IEEE 802.11n      600Mbps
IEEE 802.11ac   6,900Mbps

IEEE 802.11acでは、理論値6,900Mbpsとなります。実にIEEE 802.11nの10倍以上!!


--通信速度を向上させることができた理由

1.帯域幅の拡大
5GHz帯での帯域幅の上限が40MHzから最大160MHz(現行製品は80MHz)まで利用可能に
なった。
・2チャンネル利用:40MHz / IEEE 802.11n
4チャンネル利用:80MHz
8チャンネル利用:160MHz
*1チャンネルあたり20MHzの帯域必要


2.変調信号の多値化
変調方式が下記の通り変更となった。
・IEEE 802.11n 64QAM 6bit毎のデータ送信
・IEEE 802.11ac 256QAM 8bit毎のデータ送信
約1.3倍のデータを一度に送受信可能になった。


3.MIMO方式の拡張
複数のアンテナでデータを送信して合成することで、擬似的な広帯域を実現する
無線通信技術が”MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)”。
利用アンテナ数が変更となった。
・IEEE 802.11n 最大4基
・IEEE 802.11ac 最大8基
更に、MIMOの進化系”MU-MIMO(Multi-User Multiple-Input Multiple-Output)
も採用されることとなった。

技術の進歩はすごいですね、理論値とはいえIEEE 802.11acでは6,900Mbps
通信速度がでます。有線でのギガビット・イーサ(1,000Mbps)を超えていますね。


過去記事

--MZK-W300NH2 改造

--無線LANルータ BUFFALO WHR-G301N

--超コンパクト ポータブルWi-Fiルータ MZK-RP150N


参考ページ
http://ascii.jp/elem/000/000/801/801987/


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

|

« Windows版 ドラクエ10 ベンチマーク | Main | Windows 8.1 Preview版 リリース »

その他」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無線LAN IEEE 802.11acとは:

« Windows版 ドラクエ10 ベンチマーク | Main | Windows 8.1 Preview版 リリース »