« Gmail 自動削除 | Main | インターネット経由対応 リモートデスクトップ Remote Utilities »

Mar 14, 2013

低速回線で接続(低速リンクで接続)

以下のWindowsクライアント・サーバー環境にて起きた”低速リンクで接続”現象の
対応策、その他をまとめました。
低速リンクで接続することによって、フォルダリダイレクトが行われない現象が
起きました。

--サーバー
Windows2003 SP2

--クライアント
Windows7 Professional 64bit

AD(Active Directory)環境下


--低速回線かどうかの判断基準

クライアントPCの起動時に、DNSを参照するなどして決定されたGPO配布元の
DCに対してICMPパケットを送出し、その平均応答時間を計測するそうです。
ディフォルト値では、帯域が500kbps以下の場合に低速回線であると判断されます。


--低速回線検出時の行われない処理

・セキュリティの設定:ON(OFFにできません)
・管理用テンプレート:ON(OFFにできません)
・ソフトウェアインストール:OFF
・スクリプト:OFF
・フォルダリダイレクト:OFF
・Internet Explorer のメンテナンス:OFF


--低速回線検出機能を無効にする方法

1.Admin権限にてグループポリシーエディタを起動する。
ファイル名を指定して実行(Win + R) gpedit.msc
2.[ユーザーの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] -
[グループポリシー] - ”グループポリシーの低速リンクの検出
を”無効”設定に変更する


--低速リンクで接続されているかの確認コマンド

コマンドプロンプト(Win + R)cmdを起動して、

> gpresult /r

> gpresult /r | find "低速リンクで接続"
↑ フィルタリング付き

コマンド結果の「低速リンクで接続」の値が”はい” もしくは ”いいえ

余談
systeminfo32 コマンドと gpresult /z コマンドで、結構なPC情報を
入手可能ですね。PC保守用に覚えておくとよいコマンドですね。


過去記事
--Windows共有フォルダのオフラインキャッシュ(CSC)の削除方法

--ユーザープロファイル 再構築

--Windows7 WindowsUpdate できない

参考ページ
http://www.monyo.com/technical/windows/39.html


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

Webビジネスを変える「Yahoo!リスティング広告」

|

« Gmail 自動削除 | Main | インターネット経由対応 リモートデスクトップ Remote Utilities »

Windows」カテゴリの記事

ソリューション」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 低速回線で接続(低速リンクで接続):

« Gmail 自動削除 | Main | インターネット経由対応 リモートデスクトップ Remote Utilities »