« SoftEther VPN / VPN Gate Client 無償公開 | Main | 低速回線で接続(低速リンクで接続) »

Mar 13, 2013

Gmail 自動削除

Google Appsスクリプトを使って、Gmail上のメールを自動削除する方法です。

Gmailにログインして、

1.不要なメールに”delete me”ラベルをつける
フィルター機能を利用して、クーポン案内のメールなど将来的に削除したい
メールに自動で”delete me”ラベルをつけるように設定する


2.Google Appsスクリプト”Cleanup Gmail Every 2 Days”を保存する。

--Cleanup Gmail Every 2 Days
https://script.google.com/d/1FqkoGz0qhBxBfu2dbJMGL8yo-larautrN7ASJLHrGTxqkQtQNPEDX7CH/edit?usp=sharing

上記URLにアクセスし、[ファイル] - ”コピーを作成する
ファイル名を任意に変更する。以後、Googleドライブからアクセス可能になります。


3.Google Appsスクリプトを実行する

上記スクリプトを開いた状態で、[実行] - ”cleanUp”を実行する。
初めての実行時、Gmailアカウントに対する「スクリプトの認証」が必要となります。
実行すると日付が2日以前、且つ”delete me”ラベルが付与されているメールが
削除されます。


4.Google Appsスクリプトを定期実行させる

[リソース] - ”現在のプロジェクトのトリガー”を選択。
”Google Appsスクリプトを実行する”を選択し、イベントを実行する
タイミングを設定します。

例)
日タイマー 午前 2時~3時 / 毎日 午前 2時~3時にスクリプト実行

*カスタマイズ
「何日前のメールを削除対象とするか」、スクリプト内”delayDays”の
値を変更する。ディフォルト値:2


また、このスクリプトには”archiveInbox”ファンクションも含まれています。
このスクリプトは、自動でメールをアーカイブしてくれます。
GmailApp.search('label:inbox is:read older_than:2d -label:"delete me"')
の値を変更することによって、対象となるメールを変更可能です。


--Google Appsスクリプト
http://www.google.com/script/


過去記事
--Gmail 検索TIPS

--Gmail ショートカット

--Gmail 多国語対応 仮想キーボードとIME

--Gmail 画像入りのHTML署名を使う

--Gmail 複数アドレス

--Gmailを標準メーラーに


参考サイト
http://www.lifehacker.jp/2013/03/130310gmail_scpt.html



ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

月額料金490円~の業界最安値VPS

|

« SoftEther VPN / VPN Gate Client 無償公開 | Main | 低速回線で接続(低速リンクで接続) »

Script」カテゴリの記事

Google関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Gmail 自動削除:

« SoftEther VPN / VPN Gate Client 無償公開 | Main | 低速回線で接続(低速リンクで接続) »