« MacOS風インターフェース PearLinux(Comice) | Main | SkyDrive WebDAV接続 »

Mar 21, 2012

小容量SSD ADATA AS396S-30GM-C

4,000円台で購入可能な小容量SSD ”AS396S-30GM-C”を購入しました。

--ADATA S396シリーズ AS396S-30GM-C
http://www.mustardseed.co.jp/products/a-data/memory_ssd/as396s-30gm-c.html

--ADATA製品情報
http://www.adata.com.tw/index.php?action=product_feature&cid=3&piid=149

--スペック
・インターフェイス     SATA 3Gbps
・容量    30GB
・コントローラー    SandForce SF-2141
・メモリチップ    MLC(64Gb×4)
・データ転送速度:
SATA 3Gbps接続時
    読込速度(シーケンシャル):最大280MB/s(ATTO計測)
    書込速度(シーケンシャル):最大250MB/s(ATTO計測)
    4K write IOPS:最大44,000(Iometer計測)
・寸法     100(L)×69.85(W)×9.5(H)(mm)
・重量     76g
・消費電力     アイドル時:0.45W / 動作時:1.5W

今回、SSDを換装したのはLet's note CF-T7です。
標準装備のHDDは80GB(Serial ATA)なので、30GBのSSDに換装すると単純に
容量は減ってしまいます。それでも、PCの使用速度が向上し、バッテリーの
もちも良くなるのを祈り換装です。


ベンチ結果
は下記の通り、(*CrystalDiskMark 3.0.1を使用 ディフォルト設定計測)

80gb

↑ 標準装備の80GB HDD

Ssdadata30gb

↑ 換装したSSD AS396S-30GM-C

シーケンシャルでのReadは約200Mbpsと、HDDを遥かに凌駕しているのですが、
Writeは20Mbps程度とHDDより低速です。
確かに、Acronis True Imageを使用してHDDのDisck copyを行った結果、
イメージサイズ10GB程度のXPのイメージを書き込むのに約1時間程度
かかりました。

容量は減ってしまい、更にWrite速度は落ちてしまいましたが、OSの使用感は
流石にRead性能の向上と共に速度向上は体感できます。
Serial ATA 3に接続すると、もう少しパフォーマンスは向上するのでしょうか。

--Panasonic CF-T7 生産終了
http://ctlg.panasonic.jp/product/spec.do?pg=06&hb=CF-T7BW5AJR



過去記事
--自作PC 2011 SSD CSSD-S6M64NM4Q

--Intel SRT設定

--お勧めSSD

--SSD関連アプリ


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

|

« MacOS風インターフェース PearLinux(Comice) | Main | SkyDrive WebDAV接続 »

その他」カテゴリの記事

自作PC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/54278298

Listed below are links to weblogs that reference 小容量SSD ADATA AS396S-30GM-C:

« MacOS風インターフェース PearLinux(Comice) | Main | SkyDrive WebDAV接続 »