« XLSX形式対応 SmCsvEdit | Main | Googleリーダー フィード全文表示 »

Jan 14, 2012

Intel SRT設定

Intel SRT(Smart Response Technology)を設定した際の備忘録です。

--システム環境
・M/B:P8Z68-M PRO  Ver.0502
・CPU:Core i7-2600K
・OS:Windows7 HomePremium 64bit SP1
・HDD:ST1000DM003
・SSD:CSSD-S6M64NM4Q


--設定手順

1.BIOS(EFI)の設定を行う
PC起動時に”Del”ボタンを押して、BIOSを起動する。
Advanced Modeに切り替えを行い、
[Advanced] - [SATA Configuration] - SATA Mode - ”RAID Mode
に変更する。

2.HDDのみ接続して、Windows7をインストールする。(間違わないように)
*SATA3ポートに接続

3.OSのインストールが終わったら、SSDを接続する。
*SATA3ポートに接続

3.PCを起動してM/B付属のCDより、インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー
(以後 RST)をインストールする。

4.RSTを起動して、SRTを設定する。
・「高速」ボタンを押して、”高速の有効”をクリックする。
 キャッシュに使用するSSDを選択
 キャッシュメモリーに割り当てるサイズを選択する。今回は”18.6GB”を選択
 高速化するディスク(HDD)を選択
 高速モードを選択する。今回は”最速モード”を選択
OKボタンを押す。

以下、それぞれのベンチ結果となります。

Ssdcssds6m64nm4q

↑↑ SSD単体です。公称値より約10%向上していますね。1万円以下のSSD
としてはなかなか高速なのではないでしょうか。


Hddst1000dm003

↑↑ 1プラッタ1TBのHDD。単体HDDとしては、シーケンシャルのRead/Writeが
100MB/s超えなので、なかなか高速アクセスなのでは??


Srt

↑↑ 流石にSSD単体ほどのベンチ結果は出ませんが、なかなかの検討が
観られます。やはり、Write速度の遅いSSDのため、Write速度の伸びが
いまいちです。予算に余裕のある方には”Crucial m4 CT128M4SSD2
強くお勧めいたします。

参考図書
http://goo.gl/zEJRQ

参考ページ
http://zigsow.jp/review/81/148133/


過去記事

--自作PC 2011 SSD CSSD-S6M64NM4Q

--お勧めSSD

--SSD関連アプリ

--Intelチップセット Z68



ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


川島塾ゴールド会員 

|

« XLSX形式対応 SmCsvEdit | Main | Googleリーダー フィード全文表示 »

Windows」カテゴリの記事

自作PC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/53736669

Listed below are links to weblogs that reference Intel SRT設定:

« XLSX形式対応 SmCsvEdit | Main | Googleリーダー フィード全文表示 »