« セキュリティ要件確認支援ツール | Main | MSI U100 Vogueにsplashtopをインストール »

Aug 20, 2011

ファイルの隠蔽

家族などに見られたくないアレゲな(?)ファイル・フォルダを隠蔽するお勧めの
アプリ、方法をまとめます。

--ファイルとフォルダの神隠しⅡ
http://onegland.main.jp/invisible/index.htm

非表示にしたいフォルダをドラック&ドロップするだけの簡単操作にて、
1.属性変更 2.非表示 3.起動時にパスワード入力
の変更が可能です。


--ファイルの種類に関連づけられたアイコンを変更

http://surviveplus.net/products/windowssofts/?name=filedefaulticonchanger

ファイルの拡張子ごとにアイコンを変更してくれます。
元に戻す際にも履歴履歴機能があるため、すぐに過去のアイコンに戻せます。


--拡張子を偽造 (Windows7で実証)

例)areare.avi ファイルを拡張子偽装

1.ファイル名を指定してF2を押して、ファイル名を変更する。
areare_txt.avi

2.カーソルを"_"の直後に合わせて、右クリック - ”Unicode制御文字の挿入
- ”RLO Start or right-to-left overwrite”を選択する。

3.ファイル名が下記の通りに変更される。
areare_iva.txt
アプリへの関連付けは変わらず、ファイルの拡張子が.txtに見えます。


--TruCrypt

http://www.truecrypt.org/

ドライブの空き領域に秘密のHDD(仮想ドライブ)を作成可能です。(暗号化可能)


--Exロックフォルダ

http://hp.vector.co.jp/authors/VA028018/

任意のフォルダーを”ごみ箱”に変更可能です。


--亜空間隠蔽装置

http://cosmic-voyager.com/subspace.html

秘密のファイルをファイルの中に隠蔽するアプリです。
ファイルサイズが大きくなるので、逆に怪しい!?


--USBメモリのセキュリティ

http://kashu-sd.co.jp/products/usbenter.html

USBメモリ内を全てパスワード付きの暗号化をしてくれます。
アレゲなファイルはUSBメモリ上に保管してみてはいかがでしょうか。


過去記事

--WebBrowserPassView

--パスワード抽出

--ドライブの暗号化 TrueCrypt


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

|

« セキュリティ要件確認支援ツール | Main | MSI U100 Vogueにsplashtopをインストール »

USBメモリ活用」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/52525263

Listed below are links to weblogs that reference ファイルの隠蔽:

« セキュリティ要件確認支援ツール | Main | MSI U100 Vogueにsplashtopをインストール »