« April 2011 | Main | June 2011 »

May 31, 2011

ストリーミング放送を録画

ストリーミング放送サービスのUstことUstreamとニコことニコニコ動画生放送を
録画するアプリを紹介します。

--USTroku
http://com.nicovideo.jp/community/co310049
*ニコニコ動画のコミュニティへの参加が必須

番組のURLを登録しておくだけで、バックグラウンドで番組を監視し、放送開始と
ともにFLV形式にて録画してくれます。


--namareco

http://d.hatena.ne.jp/kesikaran/

コミュニティもしくはユーザーを登録しておくと、配信開始と同時に番組を
FLV形式で自動録画してくれます。

・初期設定
account.txtという名前で
----
xxxxx@yyyyy.com  <- ニコ生に登録しているメールアドレス
passwrd <- ニコ生に登録しているパスワード
----

alert.txt
----
http://com.nicovideo.jp/community/xxxxxxxx <- 録画したいコミュニティ名
http://com.nicovideo.jp/community/xxxxxxxx  もしくはユーザー名を列挙する
----

上記2つのテキストファイルを作成し、namarecowin.exeと同じフォルダ内に
保存する。


過去記事

--Ustream Producer

--USTREAM

--アマレココ

--MS製動画キャプチャアプリ Community Clips


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2011

Sysprep後の再起動でエラーが発生

Windows7の展開元となるマスターイメージを作成し、仕上げのSysprepを
実行し一般化します。そのイメージを起動すると

Windowsはシステムの構成を完了できませんでした。構成を再開するには、
コンピュータを再起動してください

という内容のダイアグラムが表示され、OKをクリック後、再起動しても
再度同じエラーメッセージが表示される現象が発生してしまいました。

--マイクロソフト サポート オンライン(機械翻訳)
別のコンピューター上のイメージを展開しようとすると、Windows 7 または
Windows Server 2008 R2 イメージ展開プロセスを停止します。

http://support.microsoft.com/kb/981542

--修正プログラムのダウンロード
http://support.microsoft.com/hotfix/KBHotfix.aspx?kbnum=981542&kbln=ja

元のOSに8KBより大きいレジストリキーが含まれているときに発生するらしいです。
各種アプリをインストール後にSysprepを行うと、上記のエラーが発生しやすい
ようです。

--対応策
・イメージファイルに修正プログラムを適用する
Windows自動インストールキットがインストールされているPC上で、
イメージをマウントして、dism.exeで修正プログラムを適用する。
修正プログラムは上記のURLよりダウンロードしておく。

> dism /Image:Z:\ /Add-Package /PackagePath:C:\Windows6.1-KB981542-x64.msu
*修正プログラムを適用するイメージが Z:\ にマウントされているとする


・実動作環境Windows7に修正プログラムを適用する

ダウンロードした修正プログラム”Windows6.1-KB981542-x64.msu”を直接
起動してもインストールができないかったので、下記の手順にて導入しました。

1.expandコマンドにてmsuファイルを展開する
> expand /f:* C:\Windows6.1-KB981542-x64.msu C:\tmp
*修正プログラムをC:\にコピーし、C:\tmpに展開

2.pkgmgrコマンドにてインストール(展開後のxmlファイルを指定する)
> pkgmgr /n:C:\tmp\Windows6.1-KB981542-x64.xml
*実行後、特にメッセージなどの表示はありません

3.PCを再起動する。

今回は実動作環境のWindows7に修正プログラムを導入した結果、Sysprep後の
起動時のエラーは解消されました。


過去記事

--Windows7 展開(1)

--Windows7 展開(2)

--Windows7 展開(3)

--Windows7 展開(4)

--Windows7 展開(5)

--Windows7 展開(6)

参考ページ
http://blogs.technet.com/b/stanabe/archive/2010/08/23/win7-infinite-reboot-after-generalized-with-sysprep.aspx
http://www.office-qa.com/win/win67.htm


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2011

リビングTVで動画再生 LinkTheater LT-V100

リビングのTVにて動画・音楽・写真の再生に対応するメディアプレイヤー
BUFFALO ”LinkTheater LT-V100

--BUFFALO LinkTheater LT-V100
http://buffalo.jp/product/multimedia/media-player/lt-v100/

--仕様
・有線LAN I/F:10M/100Mbps(Auto)

・USB I/F:USB2.0/1.1 * 2

・対応動画形式:MPEG-1, MPEG-2, MPEG-4 SP/ASP, MPEG-4AVC(H.264), VC-1,
DivX3/4/5/6, Xvid, MJPEG, WMV9, RealVideo, FLV(H.263)

・対応写真形式:jpeg, bmp, png, gif, tiff

・対応オーディオ形式:AAC-LC / HE-AAC, MPEG-1Layer 1,2,3(MP3), WMA,
WAV, OGG Volbis, RA, FLAC , LPCM, Dolby DigtalAC3, DTS

・出力I/F:ビデオ出力(コンポジット), HDMIビデオ出力,
アナログオーディオ出力(3.5mmステレオミニジャック),
デジタルオーディオ出力(光角型)

・最大消費電力:10W

・サイズ:W146×H35×D122mm

・質量:約320g


--特徴

・フルハイビジョンテレビで映像・写真・音楽を再生可能(HDMI出力)
・USB接続したHDD内の映像・写真・音楽を再生可能
・ネットワーク経由(DLNAクライアント搭載)にて映像・写真・音楽を再生可能

今までリビングテレビにて動画の再生を行うために、HDMI接続にてPCを
用いていました。しかしながら、特にリビングPCでインターネットすることも無く、
ほとんどは動画再生用に使用していました。
今回はリビングPCからの乗換えでこのメディアプレイヤーを購入したのでが
大正解です!!現時点では1.5TBのHDDをUSB接続して使用しています。
近い将来は、2TBのNASを購入して、共有フォルダ機能もしくはDLNAにて
再生する予定です。


使用してみての感想

--メリット
・DVDビデオのISOファイが再生可能(VOBも対応)
・字幕、音声切り替え対応
・PCに比べて消費電力が少ない
・本体がコンパクト

--デメリット
・リモコンがチープ(学習リモコンを購入するとよいらしいです)

ISOファイルの再生にも対応しているため、PS3よりも使い勝手がよいと
思います。実際にPS3からの乗り換える方も多いそうです。

PCにて取り込んだ動画ファイルを大画面(リビングテレビ?)で再生されたい
方にお勧めのデバイスです。

過去記事
--マウススティック付き ワイヤレスキーボードマウス

--ワイヤレスチューナー for iOS

--メディアプレイヤー PAV-MP1


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2011

マウススティック付き ワイヤレスキーボードマウス

リビングPCに最適!マウススティック付き ワイヤレスキーボードマウス
DN-WMKB17

--マウススティック付き ワイヤレスキーボードマウス DN-WMKB17
http://item.rakuten.co.jp/donya/88425/

--主なスペック
対応OS:Windows XP、Vista、7
キーボード規格:英語キーボード
サイズ:14.5cm×9cm×2.8cm
重量:134g

日本語切り替え:[Alt]+ []

非常にコンパクトでリビングPCに最適です。確かにマウス操作はいまいちな
感じもしますが、横になりながらゲームコントローラー感覚で操作ができるのは
すばらしいです。価格がそこそこなのも購入しやすいです。

Bluetoothのペアリングもあっという間に済んでしまい、簡単認識でした。
(WindowsXP SP3にて動作確認)


過去記事

--RocketHybrid 1220

--VAパネル使用液晶モニタ EIZO EV2334W-TBK


参考ページ
http://www.watch.impress.co.jp/donya/DN-WMKB17.html
http://zigsow.jp/portal/own_item_detail/104178/


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

再販権利付ソフト71本総額55万円が超激安1,900円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2011

MyJVNバージョンチェッカ

IPAよりPCへインストール済みのソフトが最新であるかを手軽にチェックできる
セキュリティツール”MyJVNバージョンチェッカ

--MyJVN バージョンチェッカ
http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/#VCCHECK

--プレス発表
http://www.ipa.go.jp/about/press/20110524.html

--対応OS
Windows XP, Vista, 7

--バージョンチェック対応アプリ
Adobe Flash Player(Active X版)
Adobe Flash Player(Plug-in版)
Adobe Reader
JRE
Lhaplus
Lunascape
Mozilla Firefox
Mozilla Thunderbird
Quick Time
Becky! Internet Mail
OpenOffice.org
VMware Player

今後、対応アプリが増えてくれることを心より願います。


過去記事

--BufferZone Pro 無償化

--無料ウイルス対策アプリ

--ノートン レスキューツール

--ブート可能 AVG Rescue CD

参考ページ
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110524_447973.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2011

Androidバックアップアプリ BackUpper

Android端末上でアプリをSDカードにバックアップ・レストアの管理
アプリ”BackUpper

--BackUpper
https://market.android.com/details?id=com.keylife.tools.backupper_9_19
*Android 2.1以上に対応

--バックアップ対象アプリ
・AndroidMarketからインストールしたアプリで、プロテクトのかかっていないもの
・AndroidMarket以外からインストールしたアプリ

増えがちなAndroidアプリのバックアップにいかがでしょうか。


過去記事

--Android端末 TVとの連携

--サーバー管理用 Androidアプリ

--Galaxy Tabでリモート操作

--GALAXY Tabでb-mobile SIM U300を使用


参考ページ
http://japan.internet.com/allnet/20110521/1.html


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


週1回でイーベイで売れる商品を見つけるリサーチ術

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2011

オンラインストレージ KDrive

キングソフトより、2[GB]まで無料利用可能なオンラインストレージサービス
KDrive”専用クライアントKDriveクライアントが公開されました。

--KDrive
http://www.kdrive.jp/

--対応OS
Windows XP, Vista, 7, Android

--特徴
・自動同期・バックアップ
・Android対応
・KINGSOFT Officeのアドオンあり

--閲覧可能なファイル形式
Office系
wps,wpt,doc,dot,et,ett,xls,xlt,dps,dpt,ppt,potなど

画像系
jpg,jpeg,png,bmp,gif

その他
txt

KDriveクライアントソフトをインストールすると仮想ドライブ“KDrive”が
マウントされ、このドライブに保存したファイルがオンライン上の
“KDrive”と自動で同期される仕組みです。まさにDropboxそっくりです!!

オフィスファイルをオンラインで共有するGoogleドキュメント、MS Office365、
ThinkFree てがるオフィス、Zoho、完全に競合していますね。
どのサービスがスタンダードになるのでしょうか?
個人的にはGoogleドキュメントの使用量が増えている今日この頃です。


過去記事

--MS Office 365

--GoogleAppsで独自ドメインメール

--無料 大容量ファイル転送サービス

--容量10GBの無償Webストレージ Nドライブ

--Dropboxを活用 Dropbox Uploader

--Dropboxを活用 自動印刷

--簡単共有 Droplr (windroplr)


参考ページ
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110520_447270.html


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2011

Windows Home Server 2011 日本語版リリース

5月21日(土)より個人向けファイルサーバーOS Windows Home Server 2011日本語版
がリリースされました。

--Windows Home Server
http://www.microsoft.com/windows/products/winfamily/windowshomeserver/default.mspx

--Widows Home Server 2011 発売開始記念キャンペーン
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/windowshomeserver/whs2011campaign.mspx


--主な機能及び制限

・ストレージおよびフォルダの共有
10台までのPCや Xbox 360などWindows Media Connect対応デバイス間で
フォルダを共有できます。

・自動バックアップおよびリストア機能
10台までのクライアントPCのOSのシステムバックアップ、ファイル単位での
バックアップが可能です。リストア時は付属のリストアCDからブートして
リストア可能。

・ヘルスモニタリングとアラート機能
接続されたPCのセキュリティソフトの定義ファイルやパッチの適用状態などを
監視し、3段階のアラートを表示して、対処を促します。

・リモートアクセス機能
Windows Liveカスタムドメインを利用して専用のURLを無料で取得でき、
外出先からも共有フォルダにアクセスして、ファイルのアップロードや
ダウンロードが可能です。


--注意点

・Service Pack 1を適用したWindows Server 2008 R2をベースとしているため、
64ビット環境動作です。(32ビット環境では動作不可)
・Windows Home Serverからのアップグレードインストールは不可

ソフトウェアRAID機能(RAID 0/1/5対応)、シャドウコピーも有効になったため、
データ保存に関する冗長かは安心ではないでしょうか。
DLNA機能やリモートアクセス機能も向上しているそうです。
スマートフォン対応もいまどきな感じです。

使用しているPCが主にWindows OSの場合、非常に便利に使えそうですね。


過去記事

--Windows Live Mesh (リモートアクセス)

--exFAT ファイルシステム XP対応

--Windows Home Server

参考ページ
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3996
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/04/20/whs2011/index.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

週1回でイーベイで売れる商品を見つけるリサーチ術

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2011

Enhanced Mitigation Experience Toolkit

米Microsoft Corporationより、アプリケーションの脆弱性を緩和する
セキュリティツール”Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)”が
公開されました。

--Enhanced Mitigation Experience Toolkit v2.1 DL
http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=e127dfaf-f8f3-4cd5-8b08-115192c491cb

--EMET の新しいバージョン V.2.1 をリリースしました!(日本語ブログ)
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2011/05/19/3430257.aspx


--対応OS

Windows XP, Server 2003, Vista, Server 2008, 7

システムの脆弱性を回避するためのテクニックが実施できるそうです。
・データ実行防止(DEP)
・構造化例外処理の上書き防御(SEHOP)
・アドレス空間配置のランダム化(ASLR)
・ASLR回避に利用される“Heap Spray”

0-dayアタックにも有効とのことなので、セキュリティパッチ(更新)が
出るまでの緩和策として推奨されているそうです。

Windowsのセキュリティに興味のある方、企業のシステム部の方、
インストールしてみてはいかがでしょうか。


過去記事

--BufferZone Pro 無償化BufferZone Pro 無償化

--AppLocker 特定アプリの実行禁止

--HTMLエンティティ

--PC追跡ソフト Adeona


参考ページ
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110519_446871.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2011

ワイヤレスチューナー for iOS

iPhoneやiPad、iPod touchでワンセグが視聴できる
ワイヤレスワンセグチューナ”SEGCLIP mobile”。
発売は6月中旬出荷予定

--SEGCLIP mobile GV-SC500/IP
http://www.iodata.jp/news/2011/newprod/gv-sc500_ip.htm


--主な仕様

・映像/音声形式:H.264/MPEG-2 AAC
・サイズ:約85(W)×41(H)×11(D)mm
・質量:約50g(バッテリー、アンテナ含む)


--特徴

・最大4時間視聴可能
・ワイヤレス接続のため、iPhoneなどと接続不要
・iPhoneなどの予備バッテリーとして使用可能。約30%充電可能とのこと

予備バッテリーとしても活躍するワイヤレスワンセグチューナー。
なかなか便利な周辺機器です。


その他 iOS用関連チューナー

--iPhoneでワンセグ ちょいテレi DH-ONE/IP

http://buffalo.jp/product/multimedia/chideji/oneseg-tuner/dh-one_ip/



--テレキング
http://www.iodata.jp/product/av/tidegi/gv-mvpfz/
http://www.iodata.jp/promo/smartphone/iphone/tv.htm



過去記事

--iPod touch TV関連

--モバイルバッテリー

--Bluetoothキーボード RBK-2000BT3

--iPod バッテリー交換プログラム

--iPod touch Googleカレンダー、連絡先同期

参考ページ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000024-zdn_n-inet

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


川島塾ゴールド会員 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2011

Windows7 展開(6)

プロファイル コピー用応答ファイル(Sysprep実行時に必要)の作成手順です。

実行環境
・Windows AIK をインストールしたWindows7 64bit環境

必要な物
・Windows7 インストールDVD(Windows7 Professional DVDを使用)


--作成手順

1.スタートボタンをクリックし、[すべてのプログラム] -
[Microsoft Windows AIK] から、”Windows システム イメージ マネージャー”を
起動する。

2.[Windows イメージ] ペインから、[Windows イメージまたはカタログ ファイルを指定してください] を右クリック、”Windows イメージの選択”をクリック

3.Windows 7 のインストールDVDをドライブに挿入し、DVD 内の
Sourcesフォルダー内にある Install.wimを選択する。
Windows 7 ULTIMATE を選択する。

4.[応答ファイル] ペインで、[応答ファイルを作成または開きます] を
右クリック、”新しい応答ファイル”をクリック

5.[Windows イメージ] ペインから、[Components] を展開、
x86_Microsoft-Windows-Shell-Setup_6.1.7600.16385_neutral”を右クリック、
パス 4 specialize に設定を追加]”を選択

6.[応答ファイル] ペインに、[x86_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral]
が追加されます。
[x86_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral] を右クリックし、
[プロパティ] ペインの ”CopyProfile”の値を true に設定する

7.[ファイル] メニューから、[名前を付けて保存] を選択し、
任意の名前をつけて応答ファイルを保存する。
例)Sysprep.xml


--Sysprep実行例

上記手順にて作成した応答ファイルSysprep.xml
C:\Windows\system32\sysprepフォルダにコピーしておき、
管理者権限にてコマンドプロンプトを起動、

> cd C:\Windows\System32\sysprep
> Sysprep /generalize /oobe /shutdown /unattend:sysprep.xml

Sysprep終了後、PCはシャットダウンします。


過去記事

--Windows7 展開(1)

--Windows7 展開(2)

--Windows7 展開(3)

--Windows7 展開(4)

--Windows7 展開(5)


--参考ページ
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/ee676464.aspx#03
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/ee676465.aspx
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/ee517406

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2011

コマンド・プロンプト 設定

Windowsで使用されるCUI、コマンドプロンプトの設定についてまとめます。

--コマンド・プロンプト起動
Windowsキー + R その後にcmd エンターキー


--コマンド・プロンプト終了

> exit


--コマンド・プロンプトの設定

プロパティの起動方法
Altキー + Spaceキー + P

オプションタブの
簡易編集モード” にチェックを入れる
文字列のコピーと貼り付けがマウスを使って簡単に行えるようになります。


--コマンドラインの編集

コマンドの履歴
↑キー を押すと1つずつ順番にさかのぼる

↓キー を押すと1つずつ逆順にさかのぼる

コマンドの履歴一覧
F7キー

コマンドの補完
F8キー 例)netを入力後にF8キーを押すと、net で始まるコマンドが表示される

ファイル名、フォルダ名の補完
Tabキー ファイル名もしくはフォルダ名の一部を入力後にTabキーを押す



過去記事

--コマンドプロンプトでアプリを起動する start

--iTunesのアプリデータ保存場所を変更

--VHD(仮想ディスク) コマンド作成

--cmd msinfo32


参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/230cmdprompt/cmdprompt.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2011

TvRock活用 BonTSDemux

変換アプリ”BonTSDemux”。このアプリをTVRockにセットすると
録画予約時に自動でさまざまな形式に圧縮可能になります。

--DTV関係ツール
http://2sen.dip.jp/dtv/

--特徴
・tsファイルの映像、音声の分離   
・tsファイルのps化
・AAC音声のwav形式へのコンバート
・2ヶ国語音声の主音声または副音声のみの分離
・5.1ch放送のステレオへのダウンミックス
・Xvid、x264形式への変換



過去記事

--4チャンネル同時録画可能チューナー PX-W3PE

--外で自宅のTVを観る Slingbox PRO-HD

--コンパクト地デジチューナー

--DY-UD200 TvRock + TVTest

--DY-UD200 TS抜き

参考ページ
http://freesoft.tvbok.com/tidegi/bontsdemuxts.html
http://d.hatena.ne.jp/oni-chan/20100111/1263185671

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2011

MS製動画キャプチャアプリ Community Clips

Microsoft製、デスクトップを動画としてキャプチャーできる
アプリ”Community Clips

--Community Clips
http://www.officelabs.com/projects/communityclips/Pages/Default.aspx

--対応OS

Windows XP, Vista, 7

--保存形式
WMV形式

--使用方法

録画開始: [Windows] +[Alt]+[R]キー
録画停止: [Windows]+[Alt]+[T]キー

簡単操作でデスクトップ動画をキャプチャ可能です。
操作方法の動画作成などに使えそうです。


過去記事

--問題ステップ記録ツール psr

--Windows Live Mesh (リモートアクセス)

--システム修復ディスク作成

--Sysinternalsツール

--MS純正フォルダ同期アプリ SyncToy


参考ページ
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20110512_444792.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


川島塾ゴールド会員 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2011

Windows7 展開(5)

diskpartコマンドをスクリプト化する際のサンプルです。

例)
Disk 0を選択し、Disk内容を消去し、新規にパーティションを作成
(1パーティション)する。

> diskpart /s script.txt > log.txt
* オプション /s に続いてスクリプト・ファイル名を指定します。
* log.txtにdiskpartの出力結果が書き出されます。

script.txt
----
select disk 0
clean
creat partition primary
select partition 1
active
format fs=ntfs quick
assign
exit
----

・cleanのオプション
> clean all
ディスクの内容がすべて消去される(全セクタに対して0データが書き込まれる)

・creatのオプション
> creat partition primary size=256000
256[GB]のパーティションが作成されます。単位[MB]

・formatのオプション
> format fs=ntfs label="System" quick
"System"というボリュームラベルがつけられます。

・assignのオプション
> assign letter=x
ボリュームにドライブレター X: を割り当てます。

コマンド操作に慣れてくるとdiskpartはなかなか便利です。
ただし、各種操作にはくれぐれも注意しましょう。DiskもしくはVolumeの
選択ミスを行うと大変なことになってしまいます。(削除等)
必ずlistコマンドにて現状選択されているVolumeなどを確認しましょう。
先頭に*マークが付きます。


過去記事

--Windows7 展開(1)

--Windows7 展開(2)

--Windows7 展開(3)

--Windows7 展開(4)

--VHD(仮想ディスク) コマンド作成

--Windows7 VHDファイル作成

--Windows7 VHDブート


参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1115dpartcmd/dpartcmd.html
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc766465%28WS.10%29.aspx


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

再販権利付ソフト71本総額55万円が超激安1,900円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2011

FreeStudio

多機能動画関連アプリ”FreeStudio

--FreeStudio (現時点最新版:5.0.9)
http://www.dvdvideosoft.com/free-dvd-video-software.htm

--対応OS
Windows XP, Vista, 7

--主な特徴

・YouTubeからDL可能
・各種デバイス向け動画変換機能搭載
(Android, Apple TV, BlackBerry, HTC Phones, iPad, iPod, iPhone, LG Phones,
Nintendo, Sony Playstation, Sony PSP, Xbox etc)
・DVD/BD書き込み機能搭載
・3D画像、3D動画の作成
・動画、音声のトリミング編集
・オーディオCDのリッピング
・ムービーDVDからの動画ファイル変換

動画のDLから各種形式へのコンバート機能、更にはDVD/BDへの書き込み機能まで
可能な多機能アプリです。とても便利です。


過去記事

--DVDコピーツール

--HDMI切り替えスイッチ AKB HDMI SWITCHING AID

--動画一発変換アプリ BatchDOO!

--CUDA + MediaCoder

--HDCP解除 HDMIセレクター

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2011

窓の手 2010 for Windows 7(正式版)

待望の「窓の手」Windows7対応正式版リリースされました。

--窓の手 2010 for Windows 7
http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/

--「窓の手」正式版ダウンロード

http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/

WindowsXPの時代(未だに一部XP使用していますが)、窓の手2004を使用して
使いやすいようカスタマイズしていました。
自分の中ではWindowsカスタマイズ = 窓の手 なので、Windows7対応
正式版のリリースは待ちに待った感じです。

作者の方に大感謝です。


過去記事

--窓の手 最新ベータ版公開

--Windows7 パスワードリセットディスク

--Windows7 ライセンス認証 延長 slmgr

--Sysinternalsツール


参考ページ
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110509_444293.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


週1回でイーベイで売れる商品を見つけるリサーチ術

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2011

ノートPC用 HDMIキャプチャカード DC-HB1

ノートPC用 HDMIキャプチャカード ”DC-HB1

--DC-HB1
http://www.drecap.com/DC-HB1/Top.htm

--主なスペック
対応OS: Windows XP(SP2) / VISTA / 7 (32bit, 64bit両対応)
キャプチャ形式: MPEG-1/2, WMV
動画最大ビットレート: 1.5Gbps
フレームレート: 約30FPS
接続コネクタ: 34mm express slot
インターフェース: HDMI(female)
キャプチャー解像度: 1920x1080(1080i) / 1280x720(720p) / 720x480(480P)
アスペクト比: 4:3/16:9

パッケージには「著作権保護されたデジタル映像は取り込みできない」との
記載がかかれているそうですが、実際にはHDCPはスルーしてしまうそうです。
DC-HA1HDCAPPCIEを販売しているメーカーなので納得です。
くれぐれも、悪用厳禁です。


過去記事

--4チャンネル同時録画可能チューナー PX-W3PE

--ノートPCでHDMIキャプチャ

--HDMI入力端子 コピフリHDDレコーダー

--HDCP解除 HDMIセレクター

--注目のHDMIキャプチャカード

参考ページ
http://akiba.kakaku.com/pc/1105/06/204500.php

参考ページ
http://akiba.kakaku.com/pc/1105/06/204500.php


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2011

Ubuntu Linux 11.04

Ubuntu Linux 11.04

5/1より、日本語Remix版 Ubuntu Linux 11.04がリリースされました。

--Ubuntu Japanese Team
http://www.ubuntulinux.jp/

--Ubuntu ダウンロード
http://www.ubuntulinux.jp/download/


--主な変更点

・Firefox 4.0
・デフォルトのオフィススイートはLibreOffice 3.3.2に変更
Unityインターフェース
・デフォルトの音楽プレーヤーはRhythmboxからBansheeに変更
・ソフトウェアセンターの改良
・Ubuntu Oneの改良

デスクトップ環境 GNOME -> Unity
音楽プレイヤー Rhythmbox -> Banshee
この2大変更、なんとなくユーザーが離れてしまうような、新規ユーザーを
開拓しそうな。

なんとなく最近元気を感じられないUbuntuです。

関連ページ
http://www.ubuntulinux.jp/download/
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/04/28/ubuntu/




ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2011

Windows7 展開(4)

いよいよ最後です。バックアップをしたイメージファイル(WIMファイル)を
展開する方法です。

--展開予定機器
・HP 8000 Elite SFF
・Windows7 Professional 64bit版 日本語

--ベースとなるPC
・Windows7 Professional 64bit版 日本語


--WIM形式イメージファイルの展開

1.展開先PCにWindows7 展開(3)にて作成したUSBメモリを挿し、PCの電源を
入れる。
*USBメモリより起動しない場合、BIOSの設定を確認ください。
2.ドライブを確認する。
> diskpart

> list volume
↑ Diskボリューム一覧を表示する。展開元ドライブ、展開先ドライブを確認
する。くれぐれも間違わないように注意しましょう。
(展開元ドライブ F:, 展開先ドライブ D:とする)

> exit

3.ImagexコマンドにてWIMイメージファイルを展開する。
(展開元ファイルをf:\image\Windows7-ORG.wimとした場合)

> imagex /apply f:\image\Windows7-ORG.wim d:

> exit

以上 ベースとなるPCのWIMイメージファイルをバックアップし、そのイメージ
ファイルを各PCに展開することにより、同じ設定を行ったPCを量産することが
可能となります。


過去記事

--Windows7 展開(1)

--Windows7 展開(2)

--Windows7 展開(3)

参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe301/winpe301_01.html
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe302/winpe302_01.html
http://mikisky40.web.fc2.com/kohza/kohza28.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ
川島塾ゴールド会員 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2011

Windows7 展開(3)

引き続き、今回はベースとなるPCのシステムドライブのキャプチャ方法です。

--展開予定機器
・HP 8000 Elite SFF
・Windows7 Professional 64bit版 日本語

--ベースとなるPC
・Windows7 Professional 64bit版 日本語


--ベースとなるPCを作成する

1.プロファイルの作りこみ・コピー、レジストリ編集、グループポリシー設定
などを行い、ベースとなるPCを作り上げる。
2.SysPrepを実行する。管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、
> cd c:\Windows\system32\sysprep
> sysprep /generalize /shutdown


--ベースとなるPCのWIM形式イメージキャプチャ

1.SysPrep後、WindowsPEから起動する。
2.ドライブを確認する。
> diskpart

> list volume
↑ Disk一覧を表示する。キャプチャするドライブ及びイメージを作成する
ドライブを確認する。
(今回は、キャプチャするドライブ D:, イメージを作成するドライブ F: とする)

>exit

3.ImagexコマンドにてWIM形式にてイメージをキャプチャする。

> imagex /capture d: f:\image\Windows7-ORG.wim "2010-05-XX"

> exit

以上で、ベースとなるPCのイメージファイルをキャプチャすることができました。
次回は、PCにイメージファイルを展開する方法です。


過去記事

--Windows7 展開(1)

--Windows7 展開(2)


参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe301/winpe301_01.html
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe302/winpe302_01.html
http://mikisky40.web.fc2.com/kohza/kohza28.html


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2011

Windows7 展開(2)

先日に引き続き、Windows7を複数台のPCに展開する方法です。
WindowsPE 3.0USBメモリ起動させる手順です。

--展開予定機器
・HP 8000 Elite SFF
・Windows7 Professional 64bit版 日本語

--作業PC
・Windows7 Professional 64bit版 日本語

--USBメモリを初期化する(diskpartコマンドを使用する)
管理者権限にてコマンドプロンプトを起動し、

> dispart

DISKPART> list disk
↑ Disk一覧を表示する。USBメモリが”Disk 3”の場合

DISKPART> select disk 3

DISKPART> clean

DISKPART> create partition primary 

DISKPART> select partition 1

DISKPART> active

DISKPART> format fs=fat32 quick
*NFTSでフォーマットする場合のオプション fs=ntfs

DISKPART> assign

DISKPART> list volume
↑ 新しいボリュームが作成されたことを確認する

DISKPART> exit

> exit

--USBメモリへ起動イメージをコピーする
(作業フォルダ D:\WinPE、USBメモリ Fドライブの場合)

コマンドプロンプトを起動し、
> xcopy D:\WinPE\ISO\*.* /s/e/h/r F:\

以上でUSBメモリ起動可能のWindowsPE 3.0が完成します。


過去記事

--Windows7 展開(1)

--VHD(仮想ディスク) コマンド作成

--Windows7 VHDファイル作成

--Windows7 VHDブート

参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe302/winpe302_02.html
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe301/winpe301_01.html
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe302/winpe302_01.html
http://mikisky40.web.fc2.com/kohza/kohza28.html


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


週1回でイーベイで売れる商品を見つけるリサーチ術

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2011

Windows7 展開(1)

ベースとなるPCを作成し、Windows7を複数台のPCに展開する方法をまとめます。
MS製のアプリのみを使用したいと思います。

--展開予定機器
・HP 8000 Elite SFF
・Windows7 Professional 64bit版 日本語


--作業PC

・Windows7 Professional 64bit版 日本語


--作業手順

1.ベースとなるPCを作りこむ
2.SysPrepを行う。
3.WindowsPEから起動して、ImageXにてイメージファイル(wimファイル)を
作成する。
4.展開するPC上でWindowsPEを起動して、作成したイメージを展開する。


Windows PE 3.0
の作成手順です。

1.Windows7用のAIK(自動インストールキット)をDLして、.isoファイルを
DVDに焼くもしくはVirtual CloneDriveなどでマウントする。
2.Windows7用AIKをインストールする。
3.Deploymentツールのコマンドプロンプトを起動する。
[スタート] - [Microsoft Windows AIK] -
[Deployment ツールのコマンド プロンプト]
*管理者権限で起動する必要があります。

・作業フォルダを作成する (作業フォルダ:D:\WinPE, 64bit版を作成する)

> copype amd64 D:\WinPE
*32bit版のオプションは x86

・WIMイメージ・ファイルからWindows PEを展開する
> copy D:\WinPE\winpe.wim D:\WinPE\boot.wim
↑ リカバリ用起動メディアのためにWIMイメージ・ファイルをコピーする

> dism /mount-wim /wimfile:D:\WinPE\boot.wim /index:1 /mountdir:D:\WinPE\mount
↑ D:\WinPE\mountにマウントする

・オプション機能のインストール
WinPE-ScriptingとWinPE-Setup-Clientを追加する場合

> dism /image:D:\WinPE\mount /add-package /packagepath:"C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\WinPE_FPs\winpe-scripting.cab" /packagepath:"C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\WinPE_FPs\winpe-setup-client.cab"

・ImageXのインストール
C:\Program Files\Windows AIK\Tools\amd64\imagex.exe を
D:\WinPW\mount\Windows\Systrem32 にコピーする。

・Windows PEをWIMイメージに格納する
全ての作業が終了したら、

> dism /unmount-wim /mountdir:D:\WinPE\mount /commit
↑ アンマウントされ、boot.wimに設定が反映される

> copy D:\WinPE\boot.wim D:\WinPE\ISO\sources\

4.ISOイメージ・ファイルを作成する

> oscdimg -n -bD:\WinPE\etfsboot.com D:\WinPE\ISO D:\WinPE\WinPE.iso

上記作成されたWinPE.isoをDVDに焼くと完成です。
次回は、USBメモリに書き込む手順をまとめます。


--WindowsR 7 用の WindowsR 自動インストール キット (AIK)

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=696DD665-9F76-4177-A811-39C26D3B3B34&displaylang=ja

--対応OS
・Windows 7
・Windows Server 2003
・Windows Vista
・Windows Server 2008, R2
*WindowsXPは非対応

参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe301/winpe301_01.html
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe302/winpe302_01.html
http://mikisky40.web.fc2.com/kohza/kohza28.html


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »