« XP高速化ワザ | Main | iPad 2 発表 »

Mar 02, 2011

コマンドプロンプトでアプリを起動する start

Windows7では、コマンドプロンプトにてstartコマンドを使ってアプリを
起動することが可能です。

1.アプリを起動する
> notepad.exe
メモ帳が起動します

2.アプリに引数を与えて起動する
> notepad.exe test.txt
test.txtをメモ帳で開きます。ファイルが存在しない場合は新規作成になります。

3.startコマンドを使う
> start /min notepad.exe test.txt
メモ帳がウィンドウサイズ最小化の状態で起動します。

4.カレントフォルダを開く
> start .
カレントフォルダが開きます。

5.ファイルをアプリで開く
> start test.doc
doc対応アプリでtest.docが開きます。

startコマンドを使用すると、Windowsアプリの実行ファイル名を指定しなくとも
ファイルを開くことが可能です。
覚えておくと便利そうです。


過去記事

--Windows7 ライセンス認証 延長 slmgr

--iTunesのアプリデータ保存場所を変更

--DNS変更バッチ

--cmd msinfo32

--ユーザー・アカウントのロックアウト


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ


週1回でイーベイで売れる商品を見つけるリサーチ術

|

« XP高速化ワザ | Main | iPad 2 発表 »

Windows」カテゴリの記事

コマンド」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/51016420

Listed below are links to weblogs that reference コマンドプロンプトでアプリを起動する start:

« XP高速化ワザ | Main | iPad 2 発表 »