« VL5 Squid(Proxy Server) | Main | VL5 Open SSH »

Oct 21, 2010

VL5 dnsmasq(簡易DNSサーバー)

家庭用ホームサーバの再構築、今回はDNSサーバーのインストールです。
今まではBINDを使用していたのでが、簡単にセットアップができるとの
評判のdnsmasqをインストールしました。
家庭内数台のPCの名前解決、DNSキャッシュしてくれれば充分です。

--OSインストール時の環境 VineLinux 5.1
サーバーとしてインストール。追加でXサーバとGNOMEをインストール。

--dnsmasq
http://www.thekelleys.org.uk/dnsmasq/doc.html


--dnsmasqインストール

$ su -
# apt-get update
# apt-get install dnsmasq

特にdnsmasq.confの変更は不要ですが、ドメインのみ指定しました。
DHCP機能はルータにおまかせなので、動作はさせていません。
# vi /etc/dnsmasq.conf
----
domain=hogehoge.com
----


--ネームサーチの優先順位の確認

# vi /etc/host.conf
----
order hosts,bind
----


--管理するPCの名前解決リスト更新

# vi /etc/hosts
---- 記述例)
127.0.0.1  localhost.hogehoge.com localhost
192.168.0.1  GW.hogehoge.com
192.168.0.3  hogePC01.hogehoge.com
192.168.0.5  hogePC02.hogehoge.com
192.168.0.7  Wii.hogehoge.com
192.168.0.20 Printer.hogehoge.com
192.168.0.30 WiFi-AP.hogehoge.com
----


--ネームサーバーの指定

# vi /etc/resolv.con
----
nameserver 127.0.0.1 <- local DNS
nameserver 8.8.8.8  <- GoogleパブリックDNSサーバー
nameserver 8.8.4.4  <- GoogleパブリックDNSサーバー2
----
*上記もしくは、ISP提供のDNSサーバーを指定する。


--dnsmasqのスタート

# service dnsmasq start


--自動起動設定 ランレベル3と5で自動起動
# chkconfig --level 35 dnsmasq on
# chkconfig --list dnsmasq

ファイヤーウォールにて53/udpポートを開放することをお忘れなく!

ほとんど、/etc/hostsファイルを設定するだけで家庭内のPCなどの名前解決が
可能となりました。BINDに比べて圧倒的に設定が簡単です。

過去記事
--DNS Server BIND (1)

--DNS Server BIND (2)

--DNS Server BIND (3)

--DNS Server BIND (4) rndc

--玄箱 DNSserver BIND(1)

--玄箱 DNSserver BIND(2)

--参考ページ
http://www.tm-site.net/linuxroom/DnsMasq.htm
http://sourceforge.jp/magazine/08/12/16/0010251


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

|

« VL5 Squid(Proxy Server) | Main | VL5 Open SSH »

Vine Linux 5.xx」カテゴリの記事

自宅サーバー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/49801629

Listed below are links to weblogs that reference VL5 dnsmasq(簡易DNSサーバー):

« VL5 Squid(Proxy Server) | Main | VL5 Open SSH »