« Dropboxを活用 自動印刷 | Main | VL5 swatでsamba設定 »

Oct 17, 2010

自宅サーバー再構築 2010

今年の夏前に起動しなくなった自宅サーバー(Ubuntu9.04をアップグレードしたら
起動しなくなりました)を再構築始めました。今年の夏は自宅サーバー無しで
過ごしてしまいました。早期復旧を予定。

自宅サーバーのPCスペック、システム構成は下記の通り

従来
--PCスペック(ハードウェア)
・M/B: ASRock P4FSB1333-650
オンボードCPUで、Celeronが2.66[GHz] OC駆動
・メモリ: DDR2 667 1[GB] * 2
・HDD: ATA 133 250[GB], SATAⅡ 1[TB]

仮想環境を動作させるためにVMWarePlayerを使用
--ホストOS
Ubuntu Linux 9.04
・VMware Player 3.1

--ゲストOS 01 (家庭内用サーバー)sda1
Vine Linux 4.2
・Samba (ファイル共有)
・Squid (Proxy)
・Bind (DNS)
・Open SSH (ssh)
・Apache (Web)
・Analog (log表示)

--ゲストOS 02 (外向け公開サーバー)sda2
Ubuntu Linux 8.042
・Samba (ファイル共有)
・Open SSH (ssh)
・Apache (Web)

Ubuntu Linux 9.04上で、家庭内用と外部向け公開サーバーを運用していました。
再構築ではホストOS上で家庭用サーバー構築、ゲストOSで外部向けサーバーを
運用予定です。順次、行った作業を更新予定です。


再構築予定構成

--PCスペック(ハードウェア)
既存のまま

--ホストOS 
Vine Linux 5.1  (家庭内用サーバー)sda1
・Samba (ファイル共有)
・Squid (Proxy)
・Bind もしくは Dnsmasq (DNS)
・Open SSH (ssh)
・Apache (Web)
・Analog (log表示)
・VMWarePlayer 3.1.2

--ゲストOS  (外向け公開サーバー)sda2
Ubuntu Linux 8.042 (外向け公開サーバー)sda2 *既存の物を使用
・Samba (ファイル共有)
・Open SSH (ssh)
・Apache (Web)


過去記事

--自宅サーバー 2009

--VMWare 別PCへ移動で eth0 ERROR

--FreeDNS 自動IPアドレス更新

--独自ドメイン取得

--X Windowが起動しないようにする設定

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ



再販権利付ソフト71本総額55万円が超激安1,900円

|

« Dropboxを活用 自動印刷 | Main | VL5 swatでsamba設定 »

自宅サーバー」カテゴリの記事

Vine Linux 5.xx」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自宅サーバー再構築 2010:

« Dropboxを活用 自動印刷 | Main | VL5 swatでsamba設定 »