« ウィキリーダー BWR-01 | Main | ノートン レスキューツール »

Jul 21, 2010

P2Vコンバーター Paragon Go Virtual

物理ディスクにインストールされたWindows環境をまるごと仮想化するアプリ
Paragon Go Virtual

--Paragon Go Virtual
http://www.paragon-software.com/home/go-virtual/

--対応OS
32bit
Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7
64bit
XP x64/Server 2003 x64/Vista x64/Server 2008 x64/7 x64

--主な機能
・P2V
物理ディスクにインストールされたWindows環境を、まるごと仮想ディスクへ
変換して仮想環境で利用できるようになります。対応仮想アプリはVMware、
Virtual PC、Oracle VM VirtualBoxの3つ。
・P2V Adjust
ほかのアプリなどを利用して変換した仮想ディスクが利用できない場合に、
仮想ディスクの形式や各種パラメーターを変更・調整ができます。

使用例)
既存でXPを使用。Windows7へマイグレーションを行いたい場合。
・XPの環境をParagon Go Virtualを使用してVMWare形式にコンバートして、
新規Windows7をインストール、必要に応じて仮想環境にて既存XP環境を
起動する。

HDDがそれなりに必要なのと、Windowsの使用ライセンスに気をつける必要が
ありますが、とても便利なアプリです。


過去記事

--VMWare 支援アプリ

--Windows7 VHDファイル作成

--Windows7 VHDブート

--HDD丸ごと仮想ディスク化 disk2vhd

--XPモード VMWareにインポート

--VMware vCenter Converter

--参考ページ
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20100720_381337.html

ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

|

« ウィキリーダー BWR-01 | Main | ノートン レスキューツール »

アプリケーション」カテゴリの記事

仮想化」カテゴリの記事

Comments

これはもうひとつライセンスキーが必要になりますか?

Posted by: そう | Jul 24, 2010 at 18:15

> そう-san

大変お返事遅くなりました。
そう-sanがどのような環境にてご利用予定なのか分かりかねますが、
概ね、物理的なOSを使用しなくなり、仮想環境のみでのご利用であれば
ライセンスの追加はなくてもよいかと思います。

例)既存でXPを使用。新規Win7をインストールし、その上でXPを仮想環境で
使用。既存XPは使用しない。

ただし、OEM版Windowsを購入している場合、厳密には同時に購入されたPCパーツを
使用しているPC上で動作する必要があります。
MS側にはそれを確認する術は無いと思いますが、、、

Posted by: NOFX2 | Jul 27, 2010 at 07:09

回答ありがとうございます。

私のPCでvirtualbox用にXPをこのソフトで変換しようとしたらiso形式ではなくvmdk?形式になりました。 しかも24GBにもなりました。

このファイルをvirtualboxにインストールするにはどうすればいいのでしょうか?

Posted by: そう | Jul 27, 2010 at 22:56

> そう-san

ちなみにvmdk形式とは、VMWare用の仮想ディスクとなります。

よって対応方法は以下のいずれかがよいかと思います。
1.Paragon Go Virtualからの出力形式をVirtualBox形式にする。

2.VMwarePlayer上で動作させる。
別途、VMwarePlayerのインストールが必要です。
--VMware Player
http://www.vmware.com/jp/products/player/

3.vmdk形式をNHCを使って、更にVirtualBox形式に変換する。
下記、過去記事をご参考までに
--仮想マシンハードディスクイメージ変換(convert)ツール NHC
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2009/01/convert-nhc-3ff.html

1.のもう一度変換作業を行われるのが一番早いかと思います。

Posted by: NOFX2 | Jul 28, 2010 at 07:10

もう1度確認しながらやってみました

そしたらきちんとVirtualBox用のを選んだんですが
vmdkファイルが作成されます…
http://i.imgur.com/Nn8Sf.jpg

ちなみにParagon Go Virtualで作成されるファイルは1つですよね?

しょうが無いので3番のNHCというソフトでやってみます。
linuxを仮想PCにインストールしたことはあるんですが
その時はisoファイルでした

NHCというファイルでvdiファイル?に変換したあとはisoと同じように扱えばいいのですか?

Posted by: そう | Jul 28, 2010 at 20:25

追記 なんかovfファイルってのも作成されました・・・

Posted by: そう | Jul 28, 2010 at 21:01

> そう-san

返事が遅くなりました。

大変申し訳ございません、VirtualBoxはほぼ使用経験がございません。
どのような構成にて仮想環境が動作するのか分かりかねます。
ディフォルトがvmdk形式での書き出しとのことでしたので、
VMwarePlayerをご使用されることをお勧めいたします。

また、isoファイルとは仮想ディスクではなくディスクイメージファイルと
なります。CD、DVDディスクの内容を1つのファイルにまとめたものとなります。

Posted by: NOFX2 | Aug 02, 2010 at 06:54

.ovfファイルを 「仮想アプライアンスのインポート」で読み込ませるとかは? 試してないけど……
某誌に記載されてました。

Posted by: asd | Dec 14, 2010 at 13:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/48940200

Listed below are links to weblogs that reference P2Vコンバーター Paragon Go Virtual:

« ウィキリーダー BWR-01 | Main | ノートン レスキューツール »