« USBメモリ起動 Back Track Linux 4 | Main | ARecX6 チューナーレコーダー »

Jun 29, 2010

Back Track Linux 4 日本語ローカライズ

昨日に引き続き、Back Track Linux 4(以後 BT4)を日本語ローカライズする方法です。

1.トレイUS箇所を右クリック - "Configure"を選択し、キーボード設定を
表示する。左側ペインにて"Japan"を選択、Add>>ボタンを押す。
右側ペインでは、Japan以外を削除する。
その他、
Keyborad model : Japanese 106-Key
Layout variant : <default>
にする。

2.フォントを追加するためのリポジトリを追加する。Ubuntu8.10同様に行う。
端末を起動し、
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo apt-get update

下記参照
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized

3.フォントの追加とKDEの日本語化を行う。
端末を起動し、
$ aptitude install ttf-ipafont kde-il8n-ja

4.メニューの日本語化
メニューから、[System] - [Settings] - [Regional & Accessibility] -
[Country/Region & Language] 言語設定画面を起動する。
"Add Language"をクリックし、[Other] - "Japanese"を選択し、エンターキーを
押す。再起動する。

5.日本語入力環境を整えるためAnthyとSCIMをインストールする。
端末を起動し、
$ aptitude install scim anthy scim-anthy

6.日本語入力を可能にするためにLANG設定を行う。
端末を起動し、
$ sudo localedef -i ja_JP -c -f UTF-8 ja_JP.UTF-8
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

7.~/.profileファイルを編集してLANGおよびLANGUAGE設定をコメントアウトする。
端末を起動し、
$ vi ~/.profile
----
#LANG=c
#LANGUAGE=C

8.システムを再起動する。
日本語入力のON/OFFは、「半角/全角」キーもしくは「Ctrl」+「Space」
行う。


過去記事

--USB メモリ起動 Back Track Linux 4

--USB メモリ起動 BackTrack 3


ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

|

« USBメモリ起動 Back Track Linux 4 | Main | ARecX6 チューナーレコーダー »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Back Track Linux 4 日本語ローカライズ:

« USBメモリ起動 Back Track Linux 4 | Main | ARecX6 チューナーレコーダー »