« VHD(仮想ディスク) コマンド作成 | Main | エクセル 文字列操作 »

Feb 17, 2010

ネットワーク越し可能 WOL Switch

ルータを超えてマジックパケットを投げられるWOLアプリ”WOL Switch

--WOL Switch
http://www.starstonesoft.com/download_jp.htm#OBD_Analyzer

設定をしておくと、外出先から自宅PCの電源を入れることが可能になります。
*PCがWOL(Wake On Lan)対応の場合


--使用方法

1.自宅PCにてWOL SwitchのServerをインストールする。パスワードと通信用
ポートを設定する。適時、ファイアーウォール設定も変更する。
2.ルータにてポートフォワード(ルータ毎に名前が異なります)の設定、
2304 UDP及び1.で指定したポート TCPを開放する。
3.外部よりアクセスするPCにてWOL Switchのサーバーではない方を
インストールする。自宅PCの繋がったルータのグローバルIPもしくは
DDNS設定をしたホスト名をを指定する。パスワードを入力し表示される
スイッチアイコンを押す。

WOLと相性のよいアプリは、VPN、リモートアクセス等です。
出先で自宅PCを自由に電源ONからアクセスできると便利ですね。



--追記 2012/05/01

通りすがりさんより、ご指摘をいただきました。

下記URLの通り、ルータにブロードキャストアドレスへのポートフォワード
機能は備わっていない場合、WAN越えでの使用ができないそうです。
ご利用時にはお気をつけください。

http://www.starstonesoft.com/WOLRepeater.htm

一部引用

----
> ルータのLAN側のサブネットマスクが255.255.255.0である場合、192.168.x.255というように
> 最後の桁が255となるIPアドレスがブロードキャストアドレスですが、このアドレスへの
> ポートフォワーディング登録ができないルータでは、WAN側からの MagicPacketは
> 電源が切れたパソコンには届けられません。

----


過去記事

--Tiny VPN

--RT-S300SE 設定

--シンプルで安全な画面共有ソフト CrossLoop

--玄箱 DDNS for Dynamic DO!.jp

--Windows 7/Vista/XP リモートデスクトップのセッション数解除

  ブログランキング

|

« VHD(仮想ディスク) コマンド作成 | Main | エクセル 文字列操作 »

アプリケーション」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

このソフトはルータによっては使えませんので、
そこも記事にのせておくべきかと……。
以下は、Readmeの一部です。

 ブロードバンドルータはブロードキャストアドレス(xxx.xxx.xxx.255のように最後が255のアドレス)あてのポートマッピングが出来る機種であること。
 あるいは弊社製品のWake On LAN リピータがルータに接続されていること。(http://www.starstonesoft.com/wolrepeater.htm )

Posted by: 通りすがり | May 01, 2012 at 10:16

> 通りすがりさん

ご指摘のほどありがとうございます。
確かに下記URLに
http://www.starstonesoft.com/WOLRepeater.htm
詳細な情報が書かれておりました。

早速、追記のほどさせていただきました。

今後もIT備忘録共々宜しくお願いいたします。

Posted by: 管理人NOFX2 | May 01, 2012 at 22:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/47596579

Listed below are links to weblogs that reference ネットワーク越し可能 WOL Switch:

« VHD(仮想ディスク) コマンド作成 | Main | エクセル 文字列操作 »