« Windows7 インストール | Main | twitter 画像投稿 »

Oct 24, 2009

Windows7 XPモード

Windows7にてXPモードの環境を整えました。

--Download Windows XP Mode
http://www.microsoft.com/windows/virtual-pc/download.aspx
↑ 上記サイトよりOSを選択してDL(XP ModeとVirtual PC)

--使用PC
・CPU Core2Duo E6300
・OS Windows7 Professional 64bit版

--インストール手順
1.WindowsXP Modeをインストール
2.Virtual PCをインストール
3.再起動

--起動方法
[スタートメニュー] - [すべてのプログラム] - [Windows Virtual PC]
Windows XP Mode
*初回起動時にはセットアップのため数分時間がかかりました
*メモリは自動的に512[MB]割り当てされていました

Windows7を購入するとXPも動作できてしまいます。*CPUがVT対応が条件
7はお得なOS?

また、XP ModeのMedia Playerのバージョンはディフォルトの9が用意されています。
DRM解除用に使用するのに便利かもです。


過去記事

--USBメモリ起動 Windows7(インストール用) 2

--USBメモリ起動 Windows7(インストール用)

--Windows 7 アップグレード事前アプリ

--Windows 7 RC版 VMwarePlayerで動作

--Windows 7 エディション

--参考ページ
http://www.nwlab.com/?p=3214

  ブログランキング

|

« Windows7 インストール | Main | twitter 画像投稿 »

Windows」カテゴリの記事

Tips」カテゴリの記事

仮想化」カテゴリの記事

Comments

何時も新鮮な貴重な話題を有難う御座います。

是非教えて下さい。
色々調べたのですが、解りませんでしたので。
Windows7に成り、64bit版が出まわっていますが、どんなメリットが有るのでしょうか?
従来のソフトは32bit版が殆どではないでしょうか。
単にOSが64bitの空間を利用出来るだけなのでしょうか、dellでは個人向けは64で法人向けは32bitで出しています、
戦略的に違いが有るのでは。

今後とも宜しくお願いします。

Posted by: クロ | Oct 31, 2009 20:17

> クロさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

わたくしの勝手な見解としましては、MS DOS 16bit -> Windows95 32bitへと
移り変わったのと同様、早かれ遅かれ、いづれ64bitへ移行されると思います。
噂では、時期Windows8では128bit版が出るとかでないとかです。

企業で使うなどシビアな環境でなければ64bit版でよいかと思います。
3[GB]を超えるメモリもOSレベルで認識しますし、各種アプリも大方対応して
きているように思えます。
ご参考までに、あまり目立ちませんでしたがコンシューマー向けWindowsとして
XPもVistaも64bit版が販売されています。

わたくし個人としては、興味本位で64bit版を使ってみようかという軽いノリは
たしかにありました。

また、インターネットにて調べてみますと、以下引用
> CPUが一度に計算できるデータ量のこと
> * 32ビット=2の32乗=約42億種類
> * 64ビット=2の64乗=約1800京種類
より高度な処理が高速にこなせるようになるのではないでしょうか。

Posted by: NOFX2 | Nov 01, 2009 22:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Windows7 XPモード:

« Windows7 インストール | Main | twitter 画像投稿 »