« おもしろUSBマウス | Main | 玄箱 まとめサイト »

Aug 24, 2009

新型玄箱 KURO-BOX/T4

新型玄箱 KURO-BOX/T4(LinuxBox自作キット)が発売されました。

--KURO-BOX/T4
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1384

--主なスペック
型番:KURO-BOX/T4
CPU:FREESCALE MPC8241 266[MHz]
メモリ:SDRAM 128[MB](64 ビット接続)
フラッシュメモリ:FlashROM(NOR) 4[MB]
インターフェース外部
・RJ-45(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T) x1
・USB TypeA x2
・Serial(D-SUB MALE 9PIN) x1
インターフェース内部
SerialATA x4 (ドライブベイ用)
消費電力:約20W(HDD除く)
外形寸法:170(W)×235(H)×310(D)mm (本体のみ、突起部除く)
重量:約5kg(HDD除く本体のみ)

--標準OS Debian GNU/Linux
・u-boot 2009.06
・Linux カーネルバージョン 2.6.30
・OS ディストリビューション Debian “lenny” (PPC 版)
*WindowsPCよりセットアッププログラムを実行すればネットワーク接続された
玄箱T4のセットアップ可能とのこと。

今回の新型玄箱は完全にLinuxBoxに変わったようです。初代の頃は、
自作NAS Box”として発売されていました。しかし、有志の方々の
おかげで標準でインストールされるMonta Vista Linuxの替わりに、
aptコマンドにて簡単にアプリのインストール可能なVine Linux,
Debian Linuxをインストールして自力でLinux Boxにしていました。
その初代玄箱が1万円程度にて購入可能になっています。お買い得ですね。

KURO-BOX/T4はHDDのRAID構成が組めるようなので、より堅牢なサーバーを
構築可能且つPCサーバーに比べ消費電力が抑えられるのが魅力です。
*消費電力 約20W(HDD除く)は、コンパクトPCより低消費電力?
Home ServerやSOHOにお手ごろではないでしょうか。Linuxの知識が必要
なのは、ちょっと敷居は高いかもしれませんが。

今後は、玄箱によるサーバー構築よりも、GUIで簡単にサービスのアドオンが
可能なWHS(Windows Home Server)の販売台数が増えていくのでしょうか?

--参考ページ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090820_309602.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/21/083/?rt=na


玄人志向 変換基板 KURO-SATA

玄人志向 KURO-BOXシリーズ用補修部品セット KURO-BOX/PARTS

  ブログランキング

|

« おもしろUSBマウス | Main | 玄箱 まとめサイト »

玄箱」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新型玄箱 KURO-BOX/T4:

« おもしろUSBマウス | Main | 玄箱 まとめサイト »