« Excel VBA Tips (1) | Main | エクセル VBA ピポットテーブルを作成 »

Apr 16, 2009

エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認

VBAにて、ファイルもしくはフォルダのある無しを判別する方法です。

--ファイルの判別
Dim FileExist, File_Path As String

File_Path = "D:\tmp\test.txt"
FileExixt = Dir(File_Path)

D:\tmp\test.txtが存在する場合、FileExitにはファイルのパスが代入されます。
ファイルが存在しない場合は空白("")が代入されます。

例)
Dim File_Path as String

File_Path = "D:\tmp\test.txt"

If Dir(File_Path) = "" Then
        Goto Label1 'ファイルが存在しない場合

Else
        '*** 処理 *** 'ファイルが存在する場合

End if

Label1:
        '*** 別処理 ***

--フォルダ(ディレクトリ)の場合
Dim DirectoryExist, DirectoryPath As String

DirecrotyPath = D:\tmp
DirectoryExist = Dir(DirectoryPath, vbDirectory)

ファイルの場合と同じように、D:\tmpが存在する場合、DirectoryExistには
フォルダのパスが代入され、フォルダが存在しない場合は空白("")が
代入されます。

これらを使うと、ある特定のファイルを開こうとした際に、ファイルが
存在するかしないかの判別を行い、エラーを回避することができます。
(*開こうとするファイルが存在しない場合、エラーでプログラムが
止まってしまいます)


--参考ページ
http://www.k1simplify.com/vba/tipsleaf/leaf243.html


  ブログランキング

|

« Excel VBA Tips (1) | Main | エクセル VBA ピポットテーブルを作成 »

Excel」カテゴリの記事

VBA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/44680303

Listed below are links to weblogs that reference エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認:

« Excel VBA Tips (1) | Main | エクセル VBA ピポットテーブルを作成 »