« エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 | Main | WinXP ユーザープロファイル コピー バッチ »

Apr 17, 2009

エクセル VBA ピポットテーブルを作成

VBAにてピポットテーブルを作成する方法です。

----
Dim COUNT as integer

COUNT = Range("A65536").End(xlUp).Row  ' 最後のレコードの行番号を入手

ActiveSheet.PivotTableWizard xlDatabase, Range(Cells(1, 1), Cells(COUNT, 10)), "", "集計テーブル"

ActiveSheet.PivotTables("集計テーブル").AddFields RowFields:=Array("ROW-01", _
    "ROW-02"), ColumnFields:=Array("COL-01", "COL-02")

With ActiveSheet.PivotTables("集計テーブル").PivotFields("DATA")
    .Orientation = xlDataField
    .Caption = "合計 / DATA"
    .Function = xlSum
End With

ActiveWorkbook.ShowPivotTableFieldList = True
----

今回のポイントは、レコード数が可変であっても対応するようにしました。
斜線字を環境に応じて変更します。
また、必要に応じてピポットテーブルの作成をマクロに記録し、
コピー&ペーストにて編集しましょう。

--参考ページ
http://www.serpress.co.jp/excel/vba027.html
http://www11.plala.or.jp/koma_Excel/index.html


  ブログランキング

|

« エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 | Main | WinXP ユーザープロファイル コピー バッチ »

Excel」カテゴリの記事

VBA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/44680542

Listed below are links to weblogs that reference エクセル VBA ピポットテーブルを作成:

« エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 | Main | WinXP ユーザープロファイル コピー バッチ »