« エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 | Main | WinXP ユーザープロファイル コピー バッチ »

Apr 17, 2009

エクセル VBA ピポットテーブルを作成

VBAにてピポットテーブルを作成する方法です。

----
Dim COUNT as integer

COUNT = Range("A65536").End(xlUp).Row  ' 最後のレコードの行番号を入手

ActiveSheet.PivotTableWizard xlDatabase, Range(Cells(1, 1), Cells(COUNT, 10)), "", "集計テーブル"

ActiveSheet.PivotTables("集計テーブル").AddFields RowFields:=Array("ROW-01", _
    "ROW-02"), ColumnFields:=Array("COL-01", "COL-02")

With ActiveSheet.PivotTables("集計テーブル").PivotFields("DATA")
    .Orientation = xlDataField
    .Caption = "合計 / DATA"
    .Function = xlSum
End With

ActiveWorkbook.ShowPivotTableFieldList = True
----

今回のポイントは、レコード数が可変であっても対応するようにしました。
斜線字を環境に応じて変更します。
また、必要に応じてピポットテーブルの作成をマクロに記録し、
コピー&ペーストにて編集しましょう。

--参考ページ
http://www.serpress.co.jp/excel/vba027.html
http://www11.plala.or.jp/koma_Excel/index.html


  ブログランキング

|

« エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 | Main | WinXP ユーザープロファイル コピー バッチ »

VBA」カテゴリの記事

Excel」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エクセル VBA ピポットテーブルを作成:

« エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 | Main | WinXP ユーザープロファイル コピー バッチ »