« タスクバーのボタン位置を変更する | Main | エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 »

Apr 15, 2009

Excel VBA Tips (1)

Excel VBA のちょっとしたTipsです。

--画面表示を非表示にする
Application.ScreenUpdating = False

' *** 処理 ***

Application.ScreenUpdating = True

画面表示を非表示にすると、処理速度が上がります。

--シートを表示する・非表示にする
Sheets("tmp").Visible = xlSheetVisible
Sheets("tmp").Visible = xlSheetVeryHidden

シート"tmp"を表示にしたり、非表示にしたりします。

--カレントパス
ThisWorkbook.Path

例)カレントパスにブックを保存する
Dim Sheet_name As String
Sheet_name = ThisWorkbook.Worksheets("tmp").Range("A1")

ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & Sheet_name & ".xls"



  ブログランキング

|

« タスクバーのボタン位置を変更する | Main | エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 »

Excel」カテゴリの記事

Tips」カテゴリの記事

VBA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/44674753

Listed below are links to weblogs that reference Excel VBA Tips (1):

« タスクバーのボタン位置を変更する | Main | エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 »