« タスクバーのボタン位置を変更する | Main | エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 »

Apr 15, 2009

Excel VBA Tips (1)

Excel VBA のちょっとしたTipsです。

--画面表示を非表示にする
Application.ScreenUpdating = False

' *** 処理 ***

Application.ScreenUpdating = True

画面表示を非表示にすると、処理速度が上がります。

--シートを表示する・非表示にする
Sheets("tmp").Visible = xlSheetVisible
Sheets("tmp").Visible = xlSheetVeryHidden

シート"tmp"を表示にしたり、非表示にしたりします。

--カレントパス
ThisWorkbook.Path

例)カレントパスにブックを保存する
Dim Sheet_name As String
Sheet_name = ThisWorkbook.Worksheets("tmp").Range("A1")

ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & Sheet_name & ".xls"



  ブログランキング

|

« タスクバーのボタン位置を変更する | Main | エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 »

Tips」カテゴリの記事

VBA」カテゴリの記事

Excel」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Excel VBA Tips (1):

« タスクバーのボタン位置を変更する | Main | エクセル VBA ファイル・フォルダの存在確認 »