« 代表的な登録済みポート | Main | Windowsoのパスワード解析対応 »

Mar 02, 2009

USBメモリ起動 Ophcrack

Windowsoのパスワードを解析する”Ophcrack

--Ophcrack
http://ophcrack.sourceforge.net/

基本的にはCDに焼いてCDブートにて使用するのですが、USBメモリに
設定して、USBメモリブートも可能です。

--USBメモリブート用の作成方法
1.上記サイトよりLiveCDのイメージファイルをDLする。
2.CloneCD等を使用して仮想ドライブにイメージファイルを
マウントするか、7-zipを使って中身をすべてUSBメモリに
コピーする
3.bootinst.batを実行してブートレコードの設定を変更する。

くれぐれも悪用厳禁です。
また、パスワード解析の対策としては、
1.グループポリシーもしくはレジストリの編集にて
NoLMHash”ポリシーを実装する
2.15 文字以上の長さのパスワードを使用する

--7-Zip
http://www.7-zip.org/ja/

--過去記事
パスワード解析ツール
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2006/04/post_5068.html

--参考ページ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070816_ophcrack/
http://pnpk.net/cms/archives/165

  ブログランキング

|

« 代表的な登録済みポート | Main | Windowsoのパスワード解析対応 »

USBメモリ活用」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

Comments

bootinst.batが見つからないのですが、そういう場合はどうすればいいのでしょうか?
liveCDはVistaの奴です。
あと、知恵袋の質問の方にも目を通していただければ幸いです。

Posted by: 荒波 | Aug 26, 2010 at 23:35

> 荒波-san

下記の通り、Yahoo知恵袋にて回答させていただきました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1045835520

もしくは、下記 "Universal USB Installer"を使いますと、
ophcrack-xp-livecd-2.3.1.iso は簡単にUSBへインストール可能です。

--Universal USB Installer
http://www.pendrivelinux.com/universal-usb-installer-easy-as-1-2-3/


はたまた、下記のサイトを参考にしていただくとvista用テーブルを
取り込んで作成も可能そうです。
http://www.pendrivelinux.com/usb-ophcrack-windows-login-password-cracker/

ご参考になりましたでしょうか。

Posted by: NOFX2 | Aug 27, 2010 at 21:56

ご返事ありがとうございます!
とても参考になりました^

が、どうにもうまくいきませんil|li_| ̄|●il|li
理解力が乏しくて申し訳ありません;;

載せていただいたURL様をライブサーチで翻訳しつつ作業しましたが、
Universal USBでophcrack XP LiveCD 2.3.1.isoをフォーマットした8GBのUSBフラッシュに展開して、そこに「vista_free 」フォルダを作成、中に解凍したtables_vista_freeフォルダを入れました。
で、対象のPCのBootメニューの1番目にUSBFlashを置いて起動してみましたが、普通にログイン画面に入ってしまいます;といいますか、ログイン画面になって始めてUSBフラッシュが読み込みを示すように点滅しまして…。USBから起動するのにWindowsが起動してからUSBフラッシュを読み込んでるんじゃ遅いですよねぇ。Bootの設定に失敗しているのでしょうか・・・。
面倒な質問で申し訳ありませんが、どうかご返事お待ちしております!

Posted by: 荒波 | Aug 28, 2010 at 00:53

荒波-san

> Universal USBでophcrack XP LiveCD 2.3.1.isoをフォーマットした8GBの
> USBフラッシュに展開して、

上記手順間違っておりまして、Universal USB Installerを使って
OphCrack XPをUSBメモリにインストールします。(Boot loaderも書き込まれます)
isoファイルを展開しただけでは、boot可能なUSBメモリにはなりません。

その後で、tables\vista_freeにtables_vista_free. zipの解凍後のファイルを
全てコピーします。
* tablesフォルダを作成し、その更に下にvista_freeフォルダ

この作成手順ですが、OphCrack XP版を作成し、Vistaのパスワードクラックに
必要なレインボーテーブル(ハッシュ化したパスワードテーブル)を
コピーするという手順になります。

Posted by: NOFX2 | Aug 28, 2010 at 10:03

すみません、展開という書き方をしてしまいましたが、たぶんインストールはできたと思います。Universal USB Installerでstep1でOphCrack XPを選択、step2でISOを選択、step3でUSBメモリのドライブ(L)を選択してinstallation completeってなってるので。その後の配置を間違えた様なのでそこからやり直してみます。

Posted by: 荒波 | Aug 28, 2010 at 11:45

>>* tablesフォルダを作成し、その更に下にvista_freeフォルダ

という事ですが、インストール終了後にはtablesフォルダが最初からあって、xp_free_smallというフォルダが入っています。それを無視して同じ場所にvista_freeフォルダを作成、tables_vista_freeの中身を全部入れました。その状態で対象にUSBメモリを挿して起動しても普通にWindowsが起動してしまいました。xp_free_smallフォルダを抜いてやってみましたが、それでも駄目でした;
それと、(Boot loaderも書き込まれます)
とありますが、Boot loaderというものはどこにも無いです^^;


それと、今更なのですが、どうしてophcrack XP LiveCDなのでしょう。Vistaの方では駄目なんでしょうか。


重ね重ねですが、やっぱりWindows起動までUSBメモリの読み込みを示すランプが光りません。

理解力がなくて本当にすみません;;

Posted by: 荒波 | Aug 28, 2010 at 12:06

ぁ、連続真に申し訳ありません;
syslinuxのインストールが間違ってるのかもしれないです。。
syslinuxのインストール方法を教えていただけるとありがたいです><

Posted by: 荒波 | Aug 28, 2010 at 12:21

書き忘れましたが、私は別のメモリーカードにunetbootinというソフトを使ってophcrack XP LiveCDを入れて(こっちでも出来なかった)そっちのsyslinuxフォルダに入っている奴をUSBフラッシュのsyslinuxフォルダに入れ直しているだけです。
探してみるとコマンドプロントで入れるらしいのですが良くわからなかったのでこういう方法をとりました。
何らかのソフトをCDBootしてそこから入れる~というのも見たのですが、Linux環境とか良くわかりませんでした;
syslinux-4.02というフォルダをダウンロードしましたが使い方がわかりません。どうかお願いいたします。

Posted by: 荒波 | Aug 28, 2010 at 14:02

> 荒波-san

お返事遅くなりました。順番に分かる範囲でお答えしたいと思います。

>>* tablesフォルダを作成し、その更に下にvista_freeフォルダ

> という事ですが、インストール終了後にはtablesフォルダが最初からあって、
> xp_free_smallというフォルダが入っています。それを無視して同じ場所に
> vista_freeフォルダを作成、tables_vista_freeの中身を全部入れました。
上記作業は正しいと思います。USBブートができないことが問題ですね。


> それと、今更なのですが、どうしてophcrack XP LiveCDなのでしょう。
> Vistaの方では駄目なんでしょうか。
Universal USB Installerの現時点最新版では、ophcrack-xp-livecd-2.3.1.iso
のみ対応しているようだからです。選択しましたisoファイル名が異なる場合、
USBメモリ起動のLinuxは作成できません。

また、少々お時間をいただけないでしょうか。Unetbootinを使って
OphCrack Vista版 USBメモリを作成してみます。
もちろん、作成手順は更新する予定です。

Syslinuxに関しては、あるLinuxディストリビューションのUSBメモリ起動版を
作成するために使用したことがあります。しかしながら、詳細は理解して
おりませんので、下記 ご参考までに

--Syslinuxに関する過去記事
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2008/11/usbpuppy-linux-.html
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2009/02/usb-backtrack-3.html


大前提でありますVAIOの内臓HDDですが、物理的に取り外しすることは
可能でしょうか?
データの救出だけであれば、HDDの接続ケーブル(USB接続)を別途購入して
いただければ、他の起動しているPC(WindosでもLinuxでも)からコピーする
ことは可能です。
* bit lockerなどのハードウェアエンコードをしている場合は不可能です。

Posted by: NOFX2 | Aug 30, 2010 at 12:04

> 荒波-san

検証した環境及び結果です。

--USBメモリ作成PC
・自作デスクトップPC Windows7 Professional 64bit版
・USBメモリ:IOdata製 2[GB]
Unetbootinを使用し、ophcrack-vista-livecd-2.3.1.iso をUSBメモリへ
インストール

--Ophcrack起動PC
・MSI U100 Vogue(ネットブック) WindowsXP HomeとUbuntu 10.4の
デュアルブート環境

上記作成したUSBメモリを挿した状態でPCの電源をON。起動時に”F11”を押して
(このモデルに関しては)ブート先をUSBを選択。

まったく問題なくOphcrackを起動することができました。

よって、USBメモリ起動Ophcrackの作成方法などに問題は無いように
見受けられます。他のPCにてUSBメモリ起動が可能かどうか試されては
いかがでしょうか。

Posted by: NOFX2 | Sep 01, 2010 at 07:13

USBメモリに展開したのですが、「boot」のなかに
bootinst.batが見つかりません。
使用しているOSはXPです。
あと、使用しているUSBはBAFFALOのTurboUSBです。
教えてください。お願いします。

Posted by: 平野 | Nov 14, 2010 at 06:56

>平野-san

はじめまして。

USBメモリに展開されましたOphcrackのバージョンはいくつになります
でしょうか?
過去確認できていますのは、2.1.0のバージョンではbootフォルダ内に
bootinst.batは存在していました。
現在入手可能な2.3.1には存在しないようです。

過去のコメントにも書かせていただきましたとおり、Universal USB Installerを
使用していただくと簡単にUSBメモリ起動のOphcrackを作成可能です。

--Universal USB Installer
http://www.pendrivelinux.com/universal-usb-installer-easy-as-1-2-3/

もしくは、下記URLをご参照ください。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa5920529.html

以上 お試しください。

Posted by: NOFX2 | Nov 14, 2010 at 17:16

バージョンは2.3.1.isoでした。
ありがとうございます。
これから試してみます。

Posted by: 平野 | Nov 14, 2010 at 20:06

初めまして。白猫と申します。
早速ですが、質問をさせていただきます。
自分はWindows7のパスワードをOPhcrackで解析しようと思っています。
手順はUniversal-USB-Installer-1.8.1.4でophcrack-xp-livecd-2.3.1をUSBフラッシュにインストール。
USBフラッシュのルートディレクトリにあるtablesの中にvista_freeを作成。
その中にtables_vista_freeの中身を展開しました。
しかし、BootでUSBフラッシュを先頭にしても普通にWindowsが起動してしまいます。
作成しているPCはWindows Vista Home Premium 32bitで、インストールしたUSBは8GBでメーカー不明です。
なぜできないのでしょうか?

Posted by: 白猫 | Nov 25, 2010 at 18:18

すいません、いい忘れていました。
USBフラッシュはフォーマット済みです。

Posted by: 白猫 | Nov 25, 2010 at 18:20

> 白猫-san

コメント拝見させていただきました。
作成手順としては、特に問題はないと思います。

お試ししていただきたいこととしては、
1.tables\vista_freeを作成する前のUSBメモリにて起動可能か確認する
2.上記問題ないようであれば、tables\vista_freeを作成後、他のPCでの
起動確認をする

以前コメントにも書かせていただきましたが、tables\vista_free作成前の
段階での動作確認は取れています。
検証を行ってみますので少々お待ちください。

また、USBメモリのフォーマットですが、NTFSではなくFAT32にてフォーマット
されると問題はおきにくいかと思います。

Posted by: NOFX2 | Nov 26, 2010 at 06:57

起動しない原因がわかりました。
USBブートの設定をしていませんでした。
できれば、設定の仕方を教えてもらえませんか?

Posted by: 平野 | Dec 04, 2010 at 22:37

平野-san

> USBブートの設定をしていませんでした。
とのことですが、PC側の設定(BAIOS)、起動順番のことでしょうか?

ノートPCですと機種によってPCに電源投入後の起動時に特定の
ファンクションキー(メーカー・機種によって異なります)を押すと
ブート先をHDD、DVD、USB等選択可能です。

デスクトップPCの場合は、BAIOS設定が必要となります。マザーボードの種類に
よって起動時の呼び出しようのボタンキー、設定方法が異なります。
最近の主流はAMIとAwardですね。
”マザーボードの型番” + ”BIOS”あたりをキーワードとしてGoogleにて検索して
いただければ、必要な情報は見つかると思います。

Posted by: NOFX2 | Dec 05, 2010 at 07:03

I'm amazed, I must say. Rarely do I encounter a blog that's equally educative and engaging, and without a doubt, you have hit the nail on the head. The issue is something which too few men and women are speaking intelligently about. I'm very happy I stumbled across this in my hunt for something concerning this.

Posted by: audio mobil murah | Jun 25, 2012 at 02:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/44222746

Listed below are links to weblogs that reference USBメモリ起動 Ophcrack:

« 代表的な登録済みポート | Main | Windowsoのパスワード解析対応 »