« 経済産業省 CHECK PC! | Main | Linux Mint 6 日本語対応 »

Feb 19, 2009

USBメモリ起動 BackTrack 3

USBメモリ起動のBackTrack 3の作成方法です。
ペネトレーションテストも可能です。システムのセキュリティ確認にも
使えると思います。

1.下記サイトよりUSBブート用のisoファイルをDLします。
--BackTrack
http://www.remote-exploit.org/backtrack.html
Downloadより”bt3final_usb.iso”をDL。

2.USBメモリの下準備(Ubuntu 8.04にて作業)
GPARTEDをインストールし、GPARTEDを使用してパーティション作成。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gparted
$ sudo gparted &

今回は8[GB]のUSBメモリを用意したので、下記の通りパーティションを
切りました。
/dev/sdb1  Fat32  1.5[GB] BackTrack
/dev/sdb2  ext2   512[MB] BackTrack 変更保存領域
/dev/sdb3  Fat32  残り約6[GB] データ領域

BackTrackバグ対策のためchangesフォルダを作成
$ cd /dev/sdb2
$ mkdir changes

3.ファイルのコピー (WindowsXPで作業)
Virtual CloneDriveなどを使い、bt3final_usb.isoを仮想ドライブに
マウントする。マウントしたドライブ内のbootフォルダ及びBT3フォルダを
USBメモリの第一パーティションにコピーする。
USBメモリ内のboot\bootinst.batを起動。書き込むドライブをUSBメモリの
ドライブを選択する。

4.syslinux.cfgの編集
USBメモリ内、boot\syslinux\syslinux.cfgファイルを編集する。
--オリジナル--  55行目
changes=/changes/slaxsave.dat sutoexec=xconf;kdm

--変更後--
changes=/dev/sdb2 autoexec=xconf;kdm

以上でUSBメモリよりBackTrackが起動し、変更した内容や設定も保存
も可能になります。

下記雑誌を参考にしました。

  ブログランキング

|

« 経済産業省 CHECK PC! | Main | Linux Mint 6 日本語対応 »

Linux」カテゴリの記事

USBメモリ活用」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。BackTrack 3のUSBメモリ起動を検索して
たどりつきました。いきなりの質問で恐縮ですが、
当方のPC(東芝ダイナブックSS SX210)には
BIOS設定内boot順番にUSB項目がありません。。
あるのはHDD-FD-NETWORK-CDDなのです。
ですので、記事通りBackTrack 3ブートUSBメモリを製作してもUSBからはブート出来ません。
何か解決策はあるのでしょうか?
因みに、CDドライブからのBackTrack 3ブートは問題なく出来ています。
以上宜しくお願い致します。

Posted by: kon | Dec 20, 2009 at 11:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/44108235

Listed below are links to weblogs that reference USBメモリ起動 BackTrack 3:

« 経済産業省 CHECK PC! | Main | Linux Mint 6 日本語対応 »