« January 2009 | Main | March 2009 »

Feb 28, 2009

代表的な登録済みポート

代表的なポート番号とプロトコルをまとめてみました。

ポート番号   TCP/UDP   サービス/プロトコル
-----------------------------------------------
20              TCP           FTP(データ)
21              TCP           FTP(制御)
22              TCP           ssh
23              TCP           telnet
25              TCP           SMTP
53              TCP/UDP   DNSサーバー

67              UDP           BOOTP/DHCPサーバー
68              UDP           BOOTP/DHCPクライアント
69              UDP           tftp
80              TCP           HTTP
110            TCP           POP3
137            TCP/UDP   NetBIOSネームサービス

138            UDP           NetBIOSデータグラムサービス
143            TCP           IMAP4
443            TCP/UDP   HTTPS
445            TCP/UDP   ダイレクトホスティング SMBサービス(CIFS)
465            TCP           SMTPS(SMTP over SSL)
554            TCP/UDP   RTSP
587            TCP           Submission
993            TCP           IMAP4S(IMAP4 over SSL)
995            TCP/UDP   POP3S(POP3 over SSL)
1755          TCP/UDP   MMS
1900          TCP/UDP   SSDP

以上、PCJapna 2009年1月号より一部抜粋しました。


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 26, 2009

携帯メールドメイン 2009 2月

Googleの携帯アドレスへの送信フォームより抜き出しました、現時点の
各社携帯のメールドメインです。(@以下)

disney.ne.jp
docomo.ne.jp
emnet.ne.jp
ezweb.ne.jp
softbank.ne.jp
i.softbank.jp
t.vodafone.ne.jp
d.vodafone.ne.jp
h.vodafone.ne.jp
c.vodafone.ne.jp
k.vodafone.ne.jp
r.vodafone.ne.jp
n.vodafone.ne.jp
s.vodafone.ne.jp
q.vodafone.ne.jp
willcom.com
pdx.ne.jp
wm.pdx.ne.jp
dk.pdx.ne.jp
di.pdx.ne.jp
dj.pdx.ne.jp

メールアドレスのホワイトリスト用に正規表示すると、
@disney.ne.jp
@docomo.ne.jp
@emnet.ne.jp
@ezweb.ne.jp
@softbank.ne.jp
@i.softbank.jp
@*.vodafone.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@*.pdx.ne.jp

でしょうか。 たしか先月からwillcom.comが増えましたね。

--過去記事
迷惑メール対策 for WILLCOM
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2007/11/for_willcom_c9f7.html


  ブログランキング

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 25, 2009

アマレココ

Windowsにおいてデスクトップの任意の範囲を手軽に動画化できるアプリ
アマレココ

--アマレココ
http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/

特徴としてPCへの負荷が少ない独自コーデック”AMV3”を使うと、
高画質で高フレームレートの録画が可能とのこと。

また、”ルーキーモード”のチェックを外すと、最大4つの録画設定を
使い分けることができます。別コーデックの設定も可能です。

アプリケーションの操作方法を録画したり、ビデオチャットを録画する際に
便利かと思います。

  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2009

Gizumo Drive

ISOファイルはもちろん、VirtualPC用のHDDイメージ”.vhd”ファイルを
マウント可能な高機能な仮想ドライブツール”Gizumo Drive

--Gizumo Drive
http://arainia.com/software/gizmo/overview.php?nID=4

--主な特徴
・仮想ドライブの作成数に制限なし
・CD/DVDからイメージファイルを作成する機能を搭載
・圧縮や暗号化の有無を指定可能

.vhdファイルをマウント可能なのが便利です。VitualPCを起動しなくとも
ファイルを取り出すことが可能だからです。ホストOSとゲストOSで共有を
かけなくてもよいですね。

関連過去記事
--仮想ドライブ作成ソフト
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2008/12/post-20e4.html

--参考ページ
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/01/26/gizmodrive.html
http://www.oshiete-kun.net/archives/2009/02/virtualpcvhdgizmodrive.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 23, 2009

V450 Nano Cordless Laser Mouse

家族用のマウスとして、ロジクール社製”V450 Nano Cordless Laser Mouse”を
購入。主にVAIO(ノートPC)にて使用

--V450 Nano Cordless Laser Mouse (ロジクール)
http://www.logicool.co.jp/index.cfm/mice_pointers/mice/devices/4335&cl=jp,ja#

--対応OS
・Windows XP または Windows Vista
・Mac OS X 10.3.9以降

--主なスペック
・マウス本体サイズ:(幅×奥行×高さ)mm : 60 x 102 x 38
・マウス重量 g : 70 (バッテリー除く)、118 (バッテリー含む)
・レシーバーサイズ(幅×奥行×高さ)mm : 14.4 x 18.7 x 6.1
・レシーバー重量 g : 2
・カラー : ライトシルバー / ダークシルバー / ブラック
・センサー方式 : 不可視レーザー
・解像度 dpi : 800dpi
・ボタン数 : 3 + チルトホイール
・ホイール数 : 1
・使用電池 : 単3電池2本
・電池使用時間 : 最大12ヶ月
・操作距離 : 最大10m (実際、壁越しの隣の部屋より操作可能)
・無線方式 : アドバンス2.4GHzワイヤレステクノロジー
・接続 : USB(1.1/2.0)

選択しましたポイントは、
1.コンパクトなUSBレシーバ
2.バッテリーの持ちがよい
3.レーザー方式のマウス
4.ほどほどコンパクト

という点です。
自分が使用するマウスは、どうしてもPS/2接続であること(有線タイプ)
を選択してしまいます。(CPU切り替え機を使用しているため)
しかし、V450を使用した感想ですが、ワイヤレスタイプでも反応は十分に
よいのだと思いました。切り替え機がなければすぐにでも乗り換えて
しまいたいような、、、相変わらず、ロジクール製のマウスは高詳細な
動きをしてくれます。


過去記事

--V120 Laser Mouse for Notebooks

--MX400 Performance Laser Mouse

--Microsoft Comfort Optical Mouse 3000

--参考ページ
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0808/27/news039.html
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20379369,00.htm
http://kakaku.com/item/01603012606/

  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 22, 2009

MailSS で同報メール送信

不特定多数の相手にメールを送信したい場合のアプリ”MailSS”

--Mail SS 現時点Ver 4
http://www.geocities.jp/shigeoss/soft/MailSS.htm

SSL/TLSにも対応しています。
また、登録した相手ごとの差し込みテキストを自動的に挿入してくれます。

POP3に対応したHotmailを使ってメールを一斉送信することも可能です。

--Hotmailを使う場合の設定
受信サーバ:pop3.live.com
Port:995

送信サーバ:smtp.live.com
Port:25

POP3に対応するようになったので、Gmailから簡単に受信が可能になった??

--参考ページ
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/060601/n0606011.html
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/06/20/mailss.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 20, 2009

Linux Mint 6 日本語対応

Ubuntu派生のLinux Mint 6がリリースされました。

--Linu Mint
http://www.linuxmint.com/

--Linux Mintとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/Linux_Mint

バージョン6では下記3つのエディションが提供されています。
・Mainエディション
・Universalエディション
・x64エディション

Universalエディションでは、待望の日本語を含む多言語対応が実現
されました。ただし、日本語環境は登場して間もないため、完璧な
ものではなさそうです。Ubuntu Japanese Teamのリリースしている
Ubuntu用の日本語パッケージをインストールすると解決するらしいです。

以下、インストール方法引用します。
>1.Ubuntu Japanese Teamのパッケージレポジトリを追加する
> $ wget -q http://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
> $ sudo wget http://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
>
>2.日本語環境用のメタパッケージをインストール
> $ sudo apt-get update
> $ sudo apt-get upgrade
> $ sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja
>
>作業終了後、ログイン画面にて”Language”を”Japanese”に設定を
>変更すると日本語環境が有効になります。

また、コミュニティエディションとして、GNOME以外のデスクトップ
環境のエディションも提供されています。
・KDE Community Edition
・XFCE Community Edition
・Fluxbox Community Edition

デスクトップの見た目が綺麗なので、今度使用してみようかと思います。

--参考ページ
http://sourceforge.jp/magazine/09/02/18/0411215


  ブログランキング

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Feb 19, 2009

USBメモリ起動 BackTrack 3

USBメモリ起動のBackTrack 3の作成方法です。
ペネトレーションテストも可能です。システムのセキュリティ確認にも
使えると思います。

1.下記サイトよりUSBブート用のisoファイルをDLします。
--BackTrack
http://www.remote-exploit.org/backtrack.html
Downloadより”bt3final_usb.iso”をDL。

2.USBメモリの下準備(Ubuntu 8.04にて作業)
GPARTEDをインストールし、GPARTEDを使用してパーティション作成。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gparted
$ sudo gparted &

今回は8[GB]のUSBメモリを用意したので、下記の通りパーティションを
切りました。
/dev/sdb1  Fat32  1.5[GB] BackTrack
/dev/sdb2  ext2   512[MB] BackTrack 変更保存領域
/dev/sdb3  Fat32  残り約6[GB] データ領域

BackTrackバグ対策のためchangesフォルダを作成
$ cd /dev/sdb2
$ mkdir changes

3.ファイルのコピー (WindowsXPで作業)
Virtual CloneDriveなどを使い、bt3final_usb.isoを仮想ドライブに
マウントする。マウントしたドライブ内のbootフォルダ及びBT3フォルダを
USBメモリの第一パーティションにコピーする。
USBメモリ内のboot\bootinst.batを起動。書き込むドライブをUSBメモリの
ドライブを選択する。

4.syslinux.cfgの編集
USBメモリ内、boot\syslinux\syslinux.cfgファイルを編集する。
--オリジナル--  55行目
changes=/changes/slaxsave.dat sutoexec=xconf;kdm

--変更後--
changes=/dev/sdb2 autoexec=xconf;kdm

以上でUSBメモリよりBackTrackが起動し、変更した内容や設定も保存
も可能になります。

下記雑誌を参考にしました。

  ブログランキング

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 18, 2009

経済産業省 CHECK PC!

経済産業省により、”CHECK PC!”というWebサイトが公開されています。

--経済産業省 CHECK PC!
http://www.checkpc.go.jp/

セキュリーナというキャラが、
セキュリティCHECK!をしなかったら、なんて考えただけで青ざめちゃう。
とう曲を歌っているという、、、

また、セキュリティに関する情報がカワイイ絵などを使って
分かりやすく説明されています。PC初心者の方に読んでもらいやすいのでは
ないでしょうか。

--参考ページ
http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=09/02/04/0519240


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 17, 2009

Clonezilla ハードディスク複製

CD、USBメモリ等より起動し、ハードディスクの複製が可能な
ツール”Clonezilla

--Clonezilla  現行最新版:1.2.1-39
http://clonezilla.org/

おもしろい特徴として、保存先に下記を選択可能
・ローカルマシン:外部と内部のハードドライブのいずれか。
SSHサーバ
Sambaサーバ
NFSサーバ

ネットワーク越しに保存ができるので、複数台PCのバックアップを
一元管理できそうです。

また、簡単操作でUSBメモリにインストールするツール
--Live USB Helper  現行最新版:0.0.8
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=241180&package_id=293443&release_id=632697

アプリケーション名に"zilla"とつくので、Mozilla関連かと思ったのですが、
特に関係はなさそうです。

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/netool18/clonezilla01.html
http://sourceforge.jp/magazine/07/07/09/0159257


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2009

平成21年2月期 無線従事者国家試験問題及び解答 公開

先週7日(土)の試験から1週間が過ぎました。(第二級陸上特殊無線技士
日本無線協会のホームページを訪れてみると解答が公開されていました。

--最近の国家試験問題及び解答(無線従事者国家試験)

http://www.nichimu.or.jp/kshiken/siken.html

--財団法人 日本無線協会
http://www.nichimu.or.jp/

持ち帰ってきた試験問題より自己採点してみました。

工学:全12問/12問正解
法規:全12問/11問正解

書き写しの間違いが無ければ、”第二級陸上特殊無線技士”は
合格できたかと思います。来月の発表が楽しみです♪

完全なる自己満足の世界ですが、もし免許を取得した場合、
実証実験局の申請を行えば、高出力の無線LANの設置が実証実験局として
運用が可能となります。


  ブログランキング

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 14, 2009

SHOUTcastを録音 Stream Ripper for Winamp

インターネットラジオ”SHOUTcast”を簡単に録音してしまう
WINAMPプラグイン”Stream Ripper

--Streamripper 最新版:v1.61.11
http://streamripper.sourceforge.net/
--日本語化パッチ
http://xd3e8d081.at.infoseek.co.jp/#SRIPPER

WINAMPをインストール後にStream Ripperをインストール
*インストール時に"Winamp Plugin"にチェック
WINAMPの起動時に自動的に起動されます。
任意のSHOUcastチャンネルを聞きながらStartボタンを押すと
各ファイルが任意のフォルダにDLされます。

DL先フォルダの設定は、
[Option]-[File]タブ "Output directory"を変更する。

いつも聞いているお勧めのチャンネルは
.977 The Hitz Channel
です。洋楽の人気のある曲が24時間流れています。

--SHOUTcast
http://www.shoutcast.com/

--WINAMP
http://www.winamp.com/

--参考ページ
http://www.atamanikita.com/oyakudachi__07_streamripper.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 13, 2009

GPSレシーバー NAVI CLIP

USBポートに接続して、手軽に現在地の表示やルート検索ができる、
高感度・高性能のGPSレシーバー”NAVI CLIP

--I-O DATA USB接続GPSレシーバー USBGPS2/SMD9
http://www.iodata.jp/product/mobile/gps/usbgps2smd9/index.htm

価格:1万5,700円(税別)
出荷開始予定:2月下旬

最新の地図ソフト”昭文社製 Super Mapple Digital Ver.9 for I-O DATA”が
標準添付されているためすぐに利用を開始できるとのこと。
流行のUMPCと組み合わせると、高性能GPSのできあがり?

前バージョン NAVI CLIP USBGPS2

--参考ページ
http://japan.internet.com/webtech/20090213/2.html?rss


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 10, 2009

MSI U100 Vogue Ubuntu 8.042をインストール

MSI U100 VogueUbuntu8.042をインストールしました。
最新版の8.10でないのは、aptラインにaircrack-ngが外されている
ようだからです。ソースファイルからのインストールでもよいですが、
簡単にインストールするにはaptコマンド対応がよいので。

インストールは、Ubuntuのサイトよりubuntu-ja-8.04.2-desktop-i386.iso
DLし、CDに焼きました。(USBブートも考えましたが却下)
デスクトップ用のCDドライブをUSBケーブルでU100に接続し、CDブート。
起動後に”インストール”アイコンを起動してインストールしました。
(別途、12[GB]のUbuntu用のパーティションを作成)

--各種パッケージのアップデート
端末エミュレータを起動し、
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

--無線LAN関連ソフトのインストール
aircrack-ng
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install aircrack-ng

問題なく無事にインストール完了しました。内臓無線LANをIntel3945
換装しているので、問題なく動作するでしょう。

kismet
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install kismet

インストール後にkismetのconfigファイルを一部編集
$ vi /etc/kismet/kismet.conf
source=none,none,addme
source=ipw3945,wlan0,Intel
に変更しました。
$ sudo kismet
で起動可能。

以上で、MSI U100 Vogueは、WindowsXP HomeとUbuntuのデュアルブートに
なりました。

--Ubuntu Japan Team
http://www.ubuntulinux.jp/

  ←こちらを参考にしました。

  ブログランキング

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 09, 2009

Desktops 仮想デスクトップ切り替え

TechNet Windows Sysinternalsより提供されている”Desktops”。
Windows上で4つの仮想デスクトップを作成し、切り替えするアプリです。

--Desktops
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/cc817881(en-us).aspx

Linuxデスクトップでよく見かけるあれです。(GNOMEで見かけました)

複数のアプリケーションを起動していて、それぞれ切り替えながら作業
する必要がある際に、最大化や最小化することなくデスクトップを
切り替えることが可能です。
更に、ショートカットキーを登録することによって簡単にデスクトップ
環境を切り替えることもできます。

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1129desktops/desktops.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 07, 2009

第二級陸上特殊無線技士 試験

2月7日(土)、今日は”ほっとプラザはるみ”にて
第二級陸上特殊無線技士」の試験を受験しました。
無線LANセキュリティの強化書 (白夜ムック Vol. 338)を読んでノリで受験してしまいました。
既にアマチュア無線4級を取得しているので法規と無線工学のうち
無線工学はそんなに苦労なく勉強できました。
試験対策としては、下記過去問題集を4回ほど繰り返しました。

無線従事者国家試験問題解答集特殊無線技士―平成20年2月期

今回の試験ですが、驚くことに過去問が9割り近くを占めていました。
そうです、過去問をほぼ丸暗記すれば合格しそうです。
来月の合格発表までドキドキです。


--第二級陸上無線技術士 過去問題
http://www.khz-net.com/kema/index.php?page=003radio/01licence/01kakomon.html#2rikugi

--陸上特殊無線技士 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%84%A1%E7%B7%9A%E6%8A%80%E5%A3%AB

--日本無線協会
http://www.nichimu.or.jp/


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 06, 2009

Windows 7 エディション構成

マイクロソフトより次期OS”Windows 7”のエディションが6つになると
発表されました。

--Vistaエディション対比
--Vista--    --Windows7--    --コメント--
------------------------------------------------------------------
Starter        Home Basic       新興市場向け
Home Basic     Starter            低価格PC向け(UMPC?)
Home Premium Home Premium   コンシューマ向け
Business       Professional     ビジネス向け→コンシューマ上位
Enterprise      Enterprise        企業向け
Ultimate       Ultimate         すべての機能を搭載

このうち、パッケージとして購入できそうなのは”Home Premium”、
Professional”、”Ultimate”でしょうか。
UMPC(ネットブック)向けに”Starter”、企業用PCに
”Enterprise”(オープンライセンスもしくはボリュームライセンス版)が
起用されると思います。
たぶん、日本では”Home Basic”はお目にかかれないのかなぁと、、、
ところで、64bit版は??32bit版に同梱でしょうか。

各エディションの価格帯、また発売はいつ頃になるのでしょう。
発売は2009年内もしくは来年明け早々ぐらいでしょうか。

--Windows 7 ホームページ
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/default.mspx

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/news/200902/04/windows7.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0204/ms.htm
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/05/news066.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 05, 2009

VMware View Open Client

VMwareより仮想化クライアント”VMware View Open Client”がリリース
されました。

--vmware-view-open-client
http://code.google.com/p/vmware-view-open-client/
Google codeにてGNU LGPLバージョン2.1にて公開

View Open Clientを利用すると、ユーザーが自分のデスクトップ環境に
場所・端末を問わずにアクセスできる”デスクトップ仮想環境”を構築できる
とのこと。(シンクライアント?)
デスクトップ仮想化では先行しているCitrix XenAppと競合するのでしょうか。

--Citrix XenApp (旧名:Citrix Presentation Server)
http://www.citrix.co.jp/products/cps.html

--参考ページ
http://sourceforge.jp/magazine/09/02/04/0057230
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090204/324153/
http://www.rbbtoday.com/news/20090204/57574.html
http://www.computerworld.jp/news/sw/134529.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2009

xVM Ops Center 2.0

米Sun Microsystemsより仮想化管理ソフトウェア”Sun xVM Ops Center 2.0”が
リリースされました。

--Sun xVM Ops Center
http://wikis.sun.com/display/xvmOC2dot0/Home

--主な機能
・ハードウェアインフラの管理
・OSのプロビジョニングとアップデート
・ファームウェアのアップデート
・複数のxVM Serverインスタンスと仮想マシンを管理可能

Sun xVM Serverを管理するツールという位置づけでしょうか。

--Sun Microsystems
http://www.sun.com/

--xVM Server Home
http://www.xvmserver.org/

--参考ページ
http://sourceforge.jp/magazine/09/02/02/055239


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2009

exFAT ファイルシステム XP対応

WindowsVistaに対応していましたファイルフォーマット”exFAT”ですが、
WindowsXPに対応しました。

--exFAT ファイルシステム ドライバの更新プログラムパッケージ
http://support.microsoft.com/?kbid=955704

前提条件

Windows XP SP2もしくはSP3が必要

--主な特徴
理論上最大ボリュームサイズ
FAT32    32[GB]
exFAT    64[ZB] (ゼタバイト、10の21剰バイト) k->M->G->T->P->E->Z
    *推奨される最大ボリュームサイズは512[TB](テラバイト 10の12剰バイト)

1ファイルの最大サイズ
FAT32    4[GB]
exFAT    64[ZB]

exFATフォーマットは非常にメリットが大きいと思います。
ただし、対応していないWindoes2000,Me,98などにおいて(2000以外はあまり
なさそう)ファイルが開けなくなるのはどうかと思います。たぶん、、、
また、exFATフォーマットしたUSBメモリにて、Linuxブートは可能なのか、
ちかじか試して見る予定です。

--ゼタバイト Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88

--参考ページ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0128/ms.htm


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 02, 2009

MSDE2000 パスワード変更

MSDE2000において、システム管理者ID”sa”にパスワードは設定
されていません。(正確には”null”)
セキュリティ上、あまりよくないので”sa”のパスワード変更方法です。

MSDE2000のインストールされているPC上にてコマンドプロンプトを起動し、
> ospl -U sa
(ユーザー”sa”を指定してログイン)
もしくは
> osql -E
(Windows 認証モードでログイン)
パスワードは何も入力せずにエンターキーを押す。

1> sp_password null,new_password,sa
2> go

(sp_password 現状のパスワード,新しいパスワード,ユーザー)
上記の方法でパスワードを変更することができます。
goエンターで実行。

終了方法は、

1> quit

もしくは、GUIにて行うには
--SQL Server Web Data Administrator
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c039a798-c57a-419e-acbc-2a332cb7f959&DisplayLang=en

また、余談ですがバージョンを調べるには、ログイン後、
1> select @@version
2> go

SPは1~4まであるようです。

--参考ページ
http://support.microsoft.com/kb/322336/JA/
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/610sqlver/sqlver.html
http://support.microsoft.com/kb/325003/ja
http://www.kenti.jp/dat/2007/08/msde2000sa.html
http://www.cisco.com/JP/support/public/mt/tac/100/1004536/meetingplace_pwchange.shtml


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »