« Gmal ビデオチャット機能 | Main | Puppy Linux PCC-TDを認識 »

Nov 14, 2008

新 Venus OS

ビーナス・テクノロジィズがLinuxカーネルベースの仮想化技術”KVM”を
利用した仮想化プラットフォーム“新”Venus OSを開発

--“新”Venus OS
http://www.venustech.co.jp/KVM/

・仮想化クライアントシステム向けOSとして、LinuxのKVMモジュールと
QEMUモジュールを用いた仮想化プラットフォーム"新"Venus OS。
・仮想化プラットフォームOSは、Debian Linuxをベースとして
開発されている
・Venus OSはハードウェアの仮想化支援機能を利用し、
ゲストOSのパフォーマンスを高めています。

--"新"Venus OSの特徴
・ハードウェア&カーネルベースの仮想化ならではの高性能な仮想化を実現
・日本製のため、日本語キーボードを使用したオペレーションも安定
・QEMU-KVMをベースに日本語環境への対応を強化
・QEMU-KVMのウイークポイントであるWindows OS(※3)のインストールの失敗や
不安定感を改善
・Venus認証システムによって、ゲストOSへの仮想クライアントアクセスが
制限・管理

--"新"Venus OSの提供予定
・2009年3月までにベータ版の開発
・2009年夏までに正式版リリース予定
(GPL2.0に基づくオープンソースとして提供する予定)

非常に楽しみな技術です。
現在、自宅ホームサーバーは、ホストOSにWindows2000SP4を、VMWarePlayer上にて
VineLinux4.2を動作させています。たいしたサービス(Samba,BIND,Squid,
Apacheぐらい)しか動作させていないので、パフォーマンスに不満はないのですが、
より良い環境として、Venus OS上でVineLinux等をサーバー目的で動作させ
たいです。(既にWindows2000のサポートは終了していますし)

--参考ページ
http://sourceforge.jp/magazine/08/11/12/0853236


  ブログランキング

|

« Gmal ビデオチャット機能 | Main | Puppy Linux PCC-TDを認識 »

Linux」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

仮想化」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/43109181

Listed below are links to weblogs that reference 新 Venus OS:

« Gmal ビデオチャット機能 | Main | Puppy Linux PCC-TDを認識 »