« USBメモリ起動 Ubuntu Linux 8.04 | Main | Gavotte Ramdisk »

Nov 01, 2008

USBメモリ起動 Puppy Linux

USBメモリより起動するPuppy Linux 4.00.4 JPの作成方法です。

1.Puppy LinuxのISOイメージファイルを仮想ドライブにマウントし、
USBメモリのルートに"Puppy"フォルダを作成し、全てのファイルを
コピーする。
(現時点最新日本語版 4.00.4 JP)

2.Puppy Linuxの仮想CDから”ISOLINUX.CFG”をUSBメモリの
ルートにコピーに、”SYSLINUX.CFG”とリネームする。

3.ルートにコピーしたSYSLINUX.CFGを下記の通り変更・追記する。
-----
default puppy
display /Puppy/boot.msg
prompt 1
label puppy
kernel /Puppy/vmlinuz
append initrd=/Puppy/initrd.gz pmedia=usbflash
timeout 50
-----
*メモ帳で開くと改行が認識されないため、TeraPadなどのフリーエディタで
編集しましょう。

4.Syslinuxのアーカイブファイルを展開し、”win32”フォルダごと
任意のフォルダにコピーします。 例)D:\

5.コマンドプロンプトを起動して、
> d:
> cd win32
> syslinux -ma <USBメモリのドライブレター>:

例) syslinux -ma e:

6.PCのBIOSをUSBブート可能にして、USBメモリをさしてPCの
電源を入れると、Puppy Linuxが起動します。

流石にUbuntuに比べ非常に軽量なLinuxのため、起動時間は
びっくりするほど早いです!!NICさえ問題なく認識できるのであれば、
古くなった旧PCにて動作させたいです。

今回の作業に必要なファイルは下記DLしました。

--パピーリナクス日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/
puppy-4.00.4-JP.iso

--Syslinux
http://www.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/
syslinux-3.72.zip

--Virtual CloneDrive  仮想ドライブツール
http://www.slysoft.com/ja/virtual-clonedrive.html

--TeraPad  エディタソフト
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html


  ブログランキング

|

« USBメモリ起動 Ubuntu Linux 8.04 | Main | Gavotte Ramdisk »

Linux」カテゴリの記事

USBメモリ活用」カテゴリの記事

Comments

TraPadはTeraPadと思います
修正願います。

Posted by: upeo 2 | Feb 02, 2011 at 22:07

upeo 2-san,

的確なご指摘ありがとうございます。
修正させていただきました。

Posted by: NOFX2 | Feb 03, 2011 at 01:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/42970256

Listed below are links to weblogs that reference USBメモリ起動 Puppy Linux:

« USBメモリ起動 Ubuntu Linux 8.04 | Main | Gavotte Ramdisk »