« Windows Vista / Windows Server 2008 ネットワークの診断ツール | Main | Linuxにおけるデバイス名 »

Nov 25, 2008

USBメモリ起動 Ubuntu Linux 8.10

USBメモリより起動するUbuntu Linux 8.10の作成方法です。

1.1[GB]以上のUSBメモリをWindows上でFAT32でフォーマットする。

2.Ubuntu 8.10のイメージファイルを下記サイトよりDLし、CDに焼く。
可能であれば、isoイメージファイルを仮想ドライブとしてマウントすると
CDを焼く必要はありません。
Alcohol 52%, Daemon Tools, Virtual CloneDriveなど

--ubuntu Japanese Team
http://www.ubuntulinux.jp/

3.VMWarePlayerにてUbuntu 8.10をCDブートする。

4.USBメモリをPCに挿し、VMWarePlayerのメニュー
[デバイス] - [USB Flash Drive] - [接続(ホストから切断)]
すると、Ubuntu上にてUSBメモリがマウントされます。
例) /media/4G-USB  (*4G-USBはWindows上で付けた名前です)

5.Ubuntuメニュー
[システム] - [システム管理] - [Create a USB startup disk]
を起動する。

6.ディフォルト設定は下記の通り
Ubuntu810usb














Source disc image: /cdrom
USB disk: /dev/sdb1

空き容量を確保したい場合は、"Stored in reserved extra space"にて
バーを調整するようです。

7.”Make Startup Disk”ボタンを押すとUSBメモリにUbuntuが
コピーされます。およそ30分弱で完了しました。

意外と簡単に作成でき驚きです。

--VMWarePlayer
http://www.vmware.com/jp/products/player/


  ブログランキング

|

« Windows Vista / Windows Server 2008 ネットワークの診断ツール | Main | Linuxにおけるデバイス名 »

Linux」カテゴリの記事

Ubuntu」カテゴリの記事

USBメモリ活用」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/43226057

Listed below are links to weblogs that reference USBメモリ起動 Ubuntu Linux 8.10:

« Windows Vista / Windows Server 2008 ネットワークの診断ツール | Main | Linuxにおけるデバイス名 »