« Puppy Linux PCC-TDを認識 | Main | Microsoft Store 開設 »

Nov 18, 2008

音を鳴らすバッチ

何かを監視していて、例えば敷居位置を超えた場合に用意した”バッチを
起動させる”。この時、携帯電話などにメールを送信する場合が
多いと思いますが、セキュリティ対策でSMTPが使えないと設定できません。
単純にアラートとして音が鳴るようなバッチを作成しました。

Alert.bat
----
set LOG-FILE=error-log.txt

date /t >> %LOG-FILE%
time /t >> %LOG-FILE%
echo. >> %LOG-FILE%

"C:\WINDOWS\Media\Windows XP Error.wav"
----

もしくは、

Alert2.bat
----
set LOG-FILE=error-log.txt

date /t >> %LOG-FILE%
time /t >> %LOG-FILE%
echo. >> %LOG-FILE%

:LOOP
"C:\WINDOWS\Media\Windows XP Error.wav"
goto LOOP
----

--動作環境
OS: WindowsXP SP3 Japanese
wavファイル関連付け: WindowsMediaPlayer 10

最初、gotoを使用し、強引にループを作ると音が鳴り続けるのかと
思ったのですが、WMP(WindowsMediaPlayer)は音声再生後、アプリが
終了せずそのまま止まります。アプリを終了するとループに戻るのですが、
自動では1度再生されたら止まります。
そこで、WMPの設定を変更しました。

--WMP 連続再生設定
WMPメニュー[再生] - "連続再生"をオンにします。

すると、音声が連続で再生され続けます。
バッチAlert.batで動作させることができました。

*iTune等を導入している場合、wavファイルの関連付けが変更されている
場合があります。上記のバッチを動作させるにはwavファイルをWMPに関連付け
することを推奨します。


  ブログランキング

|

« Puppy Linux PCC-TDを認識 | Main | Microsoft Store 開設 »

Script」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 音を鳴らすバッチ:

« Puppy Linux PCC-TDを認識 | Main | Microsoft Store 開設 »