« Firefox Portable 日本語化 | Main | USBフラッシュメモリ 活用 »

Sep 30, 2008

USBメモリをNTFSフォーマット

WindowsXPにておいて、USBメモリをNTFSフォーマットする方法です。
*ディフォルトではFATもしくはFAT32のみ選択可能です。

1.”マイコンピュータ”を開き、該当ドライブを選択し、
右クリック - [プロパティ] - [ハードウェア] をクリック

2.「全ディスクドライブ」より該当USBメモリを選択し、
[プロパティ]を選択

3.[ポリシー]タブを選択し
パフォーマンスのために最適化する
に変更する。

4.USBドライブのフォーマット時にNTFSを選択可能になります。
これで、1ファイルサイズが2[GB]を超えるファイルもコピー可能になります。

*この対応はMicrosoftは推奨していません。
以下、Microsoft サポートオンラインよりの引用です。
> Windows XP ではリムーバブルデバイスの取り扱い方法に関するポリシーが
> 変更され、基本的にはストレージデバイスも含め、ユーザがソフトウェア的な
> 手順を踏むことなくデバイスを物理的に突然取り外しても、デバイスへの
> ダメージやデータのロスを防止することを優先するようになりました。
> したがってリムーバブルメディアを、パフォーマンスを重視して
> 遅延書き込みを行う NTFS ファイルシステムでフォーマットすることは
> なるべく避けるというポリシーのもと、「ディスクの管理」コンソールでは
> オプションの状態に関わらず選択できないように仕様変更いたしております。

Microsoft サポートオンライン
--リムーバブルメディアのNTFSフォーマットについて

http://support.microsoft.com/kb/418751/ja


--参考ページ
http://zan.naganoblog.jp/e43812.html


  ブログランキング

|

« Firefox Portable 日本語化 | Main | USBフラッシュメモリ 活用 »

Tips」カテゴリの記事

USBメモリ活用」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/42637177

Listed below are links to weblogs that reference USBメモリをNTFSフォーマット:

« Firefox Portable 日本語化 | Main | USBフラッシュメモリ 活用 »