« November 2007 | Main | January 2008 »

Dec 31, 2007

2008年祝祭日

Excelやプログラムにて使える2008年日本の祝祭日をまとめました。
(Holiday list)

--日本語
元日    2008/1/1
成人の日    2008/1/14
建国記念の日    2008/2/11
春分の日    2008/3/20
昭和の日    2008/4/29
憲法記念の日    2008/5/3
みどりの日    2008/5/4
こどもの日    2008/5/5
海の日        2008/7/21
敬老の日    2008/9/15
秋分の日    2008/9/23
体育の日    2008/10/13
文化の日    2008/11/3
勤労感謝の日    2008/11/23
勤労感謝の日振り替え休日 2008/11/24
天皇誕生日    2008/12/23

--English
New Year    1-Jan-08        Tuesday
Bank Holiday    2-Jan-08        Wednesday
Bank Holiday    3-Jan-08        Thursday
Coming of Age Day    14-Jan-08        Monday
National Foundation Day    11-Feb-08        Monday
Verval Equinox Day    20-Mar-08        Thursday
Greenery Day    29-Apr-08        Tuesday
Constitution Memorial Day    3-May-08        Saturday
Children's Day    5-May-08        Monday
Holiday        6-May-08        Tuesday
Marine Day    21-Jul-08        Monday
Respect for the Aged Day        15-Sep-08        Monday
Autumn Equinox Day    23-Sep-08        Tuesday
Healthe & Sports Day    13-Oct-08        Monday
Culture Day    3-Nov-08        Monday
Labour Thanksgiving Day    24-Nov-08        Monday
Emperor's Birthday    23-Dec-08        Tuesday
Bank Holiday    31-Dec-08        Wednesday


  ブログランキング

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 30, 2007

Gmail メールソフトで受信

GmailをローカルのPC上のメールソフトにて受信するための
設定は下記の通り。(PCサイド)

--Gmail POPアクセス設定
POPサーバ:pop.gmail.com
POPサーバのポート:21
SMTPサーバ:smtp.gmail.com
SMTPサーバポート:465
ユーザー名:Gmailのメールアドレス
パスワード:パスワード

--Gmail IMAPアクセス設定
IMAPサーバ:iMAP.gmail.com
IMAPサーバポート:993
SMTPサーバ:smtp.gmail.com
SMTPサーバポート:465
ユーザー名:Gmailのメールアドレス
パスワード:パスワード

--Gmailヘルプセンター
http://mail.google.com/support/bin/topic.py?topic=12805
http://mail.google.com/support/bin/topic.py?topic=12806


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 29, 2007

SMPlayer

コーデック不要のMPlayerがベースのマルチメディアプレイヤー”SMPlayer

--SMPlayer
http://smplayer.sourceforge.net/downloads.php?tr_lang=ja&PHPSESSID=4fc226e5d6861420d4e285207ed5d7ff
http://cowscorpion.com/MultimediaPlayer/SMPlayer.html

外部のコーデックの必要なく、avi, mkv, ogm, mpeg, vob, 3gp, asf, mov,
wmv, mp3, ogg... などのほとんどのオーディオ&ビデオ形式と
DVDおよびストリーミングを再生することができるます。

一番の驚きは、なんとイメージファイル形式であるisoファイルも
そのまま再生できてしまいます。DVDのイメージファイルを都度
仮想ドライブとしてマウントする必要がなくなるので便利です。

  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Foxmarks Bookmark Synchronizer

FireFox用アドインソフト”Foxmarks Bookmark Synchronizer ”を
インストールしました。

--Foxmarks Bookmark Synchronizer
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2410

このアドインは、サーバ上にブックマークを保存することで、
複数のコンピュータ上のFirefoxのブックマークを同期させます。
非常に便利です。


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 28, 2007

ssh VL4

sshの設定を行いました。

--sshd_configファイルの追加・変更
#vi /etc/ssh/sshd_config
----
ServerKeyBits 1024 #暗号強度を1024ビットに

SyslogFacility AUTHPRIV #ログ設定

PermitRootLogin no #Rootでのログインを拒否する

RhostsRSAAuthentication no  #Rhosts-RSA認証を許可

PermitEmptyPasswords no #パスワードが空白での認証を拒否する

PasswordAuthentication no  #Linuxでのパスワード認証を拒否する

X11Forwarding no #X11転送を拒否

AllowUsers User_Name #接続を許可するユーザーの指定

Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server #サブシステムの設定
----

--sshdサービスの再起動
# service sshd restart


--RSA認証鍵の作成(ssh接続するユーザーにて行う)
$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/hoge_user/.ssh/id_rsa): <-Enter
Created directory '/home/hoge_user/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase): <- passphraseの入力
Enter same passphrase again: <- passphraseの再入力
Your identification has been saved in /home/hoge_user/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/hoge_user/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
7b:th:c9:77:9e:5f:3c:fr:46:30:66:ef:39:54:be:44 hoge_user@vl.hoge.com

$ cd ~/.ssh
$ cat id_rsa.pub >> authorized_keys  #鍵をauthorized_keysに追加
$ chmod 600 authorized_keys
$ rm id_rsa.pub     #ファイルの削除
$ rm id_rsa  #sshクライアントへコピーした後、削除

クライアントPCでは、”UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2”等のsshクライアント
ソフトより、id_rsaファイルを指定してアクセスします。

--UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/servernt/netuty/utf8teraterm.html

--参考ページ
http://www.h3.dion.ne.jp/~x723/ssh.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 27, 2007

Vine Linux4.2

Vine Linux4.2がリリースされました。
http://vinelinux.org/whatsnew.html#20071225

--4.1からの変更点
    *  インストーラ
          o 各種デバイスの自動認識を向上 (kernel-2.6.16-0vl76.27、XOrg-6.9.0-0vl38 への対応)
          o インストーラカーネル(i586 kernel)でのLocal APICを有効にした
          o usb-storage のインストーラでの認識順位を最後になるように修正
          o usb-storage/sbp2 へのインストール対応
    * kernel(errata含む)
          o forcedeth-0.60 に更新
          o 3w-9xxx 更新
          o r8169 更新 (Corega LAPCIGT NIC対応)
          o libata/ata_piix 更新(ICH9対応, ICH8修正)
          o libata/ahci (generic ahci,ICH9,SB600,SB700,MCP7x,VIA対応)
          o libataその他(mcp61,mcp67,via,SB600対応)
          o agpgart/intel-agp (945GME/965G/965GM/965GME/G33対応)
          o drm/i915 (94gme対応)
          o hda_intel (ICH9,RS690,MCP6x 対応)
          o tg3 3.81c に更新
          o suspend2 2.2.8 に更新
          o e1000e 0.2.0 追加
          o atl1 2.0.7 追加
          o Broadcom NetXtremeII 有効
          o i586 カーネルで Local APIC 有効
    * XOrg
          o xfs initscript 修正
          o intel ドライバ追加(965G~G33向け、2Dのみ)
          o i810 ドライバ(945GME/965GME 対応)
          o DRI/i915 (945GME/E7221対応)
          o openchrome ドライバ追加(viaドライバをリプレース)
          o radeonhd 1.0.0 を追加(AMD ATI Radeon X1xxx/HD2xxx, AMD690G 対応)
    * パッケージの追加
          o scim-bridge を追加しデフォルトの IM エンジンに。
          o totem-mozilla プラグインを追加
          o usbutils を追加
          o ipw3945 ドライバおよびユーティリティを追加
    * その他パッケージの更新
          o 既存のセキュリティフィックス/バグフィックス(errata)の適用
          o 915resolution の G965 対応
          o VLゴシックフォント(TrueType-sazanami) の更新
          o firefox-2.0.0.11 に更新
          o lvm2-2.02.28, device-mapper-1.02.22 へ更新(バグフィックスを含む)
          o dvd+rw-tools-7.0 へ更新(Blu-rayドライブ対応)
          o ptetex-20061213 へ更新
          o scim/scim-anthy を更新


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 24, 2007

BIND named.root更新 VL4

named.rootファイルを実に3年ぶりに更新しました。

# cd /var/named
# mv named.root named.root.old
# wget ftp://ftp.rs.internic.net/domain/named.root
# chown named:named named.root
# chmod 440 named.root

# service named restart

どこかで3年周期か何かで、named.rootファイルを更新する必要が
あるとかないとかを読んだことがあります。
今年、更新する必要がある??


  ブログランキング

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 22, 2007

KAZWMASTER 3.5 サーバーPC

3.5インチベイ対応、2チャンネルファンコントローラー”KAZWMASTER 3.5

--KAZWMASTER 3.5
http://www.scythe.co.jp/accessories/km01-35.html

--主な仕様
・サイズ:幅103×奥行93×高25.5mm
・ファンコン:最大2個までのファンコントロールが可能
・VFD 表示
 温度(摂氏/華氏切替可能) × 2系統
 ファン回転数 × 2系統
・入力:パソコン電源より取得DC5VもしくはDC12V
・ファン可変範囲:DC3.7V~12V±10%
・対応ファン
 1チャンネルあたり最大電流値1Aまで
 3PinもしくはPWM4Pin接続
 (PWM4Pin接続の場合は、PWM機能は働きません。)
・測定温度範囲:0~100度(摂氏)/32~199(華氏)
・回転数測定範囲:0~7500rpm(30rpm刻み)
・測定頻度:2秒毎


  ブログランキング

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 19, 2007

P4FSB1333-650 サーバーPC

サーバー用に選びましたマザーボードは”P4FSB1333-650

--ASRock P4FSB1333-650
http://www.asrock.com/mb/overview.asp?Model=P4FSB1333-650

--主なスペック
・Intel 945GC A2 Chipset
・Dual Channel DDRII667/533 x 2 DIMM slots with max. capacity up to 4GB
・Intel Graphics Media Accelerator 950, DirectX 9.0
・1 x PCI Express x16 slot
・4 x Serial ATAII 3.0 Gb/s connectors
・7.1 CH Windows Vista Premium Level HD Audio (ALC888 Audio Codec)
・10/100 Ethernet LAN

なんといってもオンボードCPU付で価格が\14,000程度!!
CPUはCeleronを2.66[GHz]までオーバークロックしてあります。
CPUクーラーは付属していないのですが、LGA775用純正CPUファンがひとつ
あまっていましたので、特に購入せずにすみました。



  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 18, 2007

VT-123 サーバーPC

サーバーPC用に考えていましたPCをリビング用PCに変更してしまったため、
急遽サーバー用PCを組み立てました。
用意していたパーツとして、メモリ1GBとIDE HDD250GBは既存のものを
使う予定であったので、下記3点購入。

・PCケース
・CPUオンボード マザーボード
・3.5インチベイ対応 ファンコントローラー(温度計付き)

まずは、今回選びましたスリム型ケース”V-123

--V-TECH V-123 Black
http://www.vtech-japan.co.jp/vtech_vt123.htm
http://www.sun-trust.net/products/vtech/pccase/vt123.htm

--主なスペック
ケースサイズ:W 94mm×D 425mm×H 345mm
材質:スチール
5.25インチベイ:1
3.5インチベイ:1
3.5インチシャドウベイ:1
対応マザーボード:MicroATX
搭載電源:300W メイン24PIN・20PIN両用タイプ
フロントインターフェイス:USB2.0× 2  / AUDIO in out× 1
拡張スロット:4
冷却FAN  サイド:8cm×1 (横置きにした場合)
重さ:5.2kg

タワー型に比べ、いろいろとネジを外す必要があったり、スペースが
限られているため、作業は困難でした。


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 16, 2007

RX1300-LP128H リビングPC

リビングPC用に玄人志向”RX1300-LP128H”を購入。

--RX1300-LP128H
http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=552

--主なスペック
・ATI製 Radeon1300 GPU搭載
・コアクロック:450MHz
・メモリクロック:533MHz(32bit)
・128MB GDDR2のビデオメモリ搭載
・DirectX 9.0、およびOpenGLをサポート
・Support:RGB、DVI(DualLinkDVI)、TV-Out(HDTV対応)
・PCI(標準およびロープロファイル対応)

今回、選択しました条件として、今後PCが変更されることも
考え、PC側は汎用的なインターフェースPCI、
更にロープロファイルに対応してるものを探しました。
TV側のインターフェースとしては、将来性を考えるとHDMIなのですが、
既存で使用しているSony32型ワイドTVには対応していません。
できるだけ高画質を考えるとHDTV(コンポーネント接続->D端子)が
最適かなぁと。

TVへの画面移り具合ですが、XGA(1024 x 768)の解像度にてようやく
文字が読める程度です。動画を見るうえではまったく問題ありません。
あらためてPC用モニタ解像度の高さを知りました。

  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 14, 2007

Cordless Desktop EX110 リビングPC

無線キーボード・マウス”Cordless Desktop EX110”を購入。

--Logicool Cordless Desktop EX110
http://www.logicool.co.jp/index.cfm/keyboards/keyboard_mice_combos/devices/154&cl=jp,ja

--必須システム
・Windows98、2000、ME、XP、またはVista
・USBポート1個またはPS/2ポート2個
・CD-ROMドライブ

こちらもWindows2000に対応なので購入。
決め手は低価格だったことです。
GENOにて送料別\3,599にて購入
--GENO
http://www.geno-web.jp/


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2007

GW-US54GXS リビングPC

リビングPCを構築するために、下記3アイテムを購入しました。
・無線LAN機器(USBタイプ)
・無線キーボード・マウス
・HDTV出力対応グラフィックカード
TVが最新の液晶もしくはプラズマディスプレイでしたら、HDMI出力のある
グラフィックカードなのですが、残念ながら4年落ちのブラウン管ワイドTV
に接続予定なので、D4端子もしくはコンポーネント入力が精一杯です。
それでHDTV出力のグラフィックカードを探しました。

今回は無線LAN機器としてプラネックス製"GW-US54GXS"を購入。

--GW-US54GXS
http://www.planex.co.jp/product/wireless/gw-us54gxs.shtml

--主なスペック
対応規格:     IEEE802.11b、IEEE802.11g
アクセス方式:     インフラストラクチャモード、アドホックモード
セキュリティ:     WEP(64/128/256bit)
        WPA(暗号化方式:TKIP/AES、認証方式:PSK/IEEE802.1X)
        WPA2(暗号化方式:TKIP/AES、認証方式:PSK/IEEE802.1X)
インタフェース:USB1.1/2.0(タイプAコネクタ)
対応OS:     Windows Vista/XP/2000/Me/98SE(日本語版)Mac対応

今回、選択条件として、Windows2000に対応、USB接続、IEEE802.11g対応、
WPA AES対応全てを満たしていたので選定しました。

また、正式にXLink Kaiも対応しています。

--XLink Kai 日本語公式サイト
http://xlink.planex.co.jp/

将来的に別利用として、XLink Kai経由にて
PSP版 モンスターハンターポータブル2をオンライン接続したいです。


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 06, 2007

ランレベル3起動時 文字化け VL4

VineLinux4.1ランレベル3(コンソール起動)すると日本語が
化けてしまいました。

ネットで調べた結果、"kon"を起動するようにとあります。
しかし、kon とコマンドを入力しても、
-bash: kon: command not found
とコマンドがありませんといわれてしまいます。
konをインストールしようと、
# apt-get update
# apt-get install kon2 kon2-fonts

をしても
E: パッケージ kon2が見付かりません
とされてしまいます。

さらにネットで調べてみると、VineLinux3.xよりKONは廃止されたとのことで、
http://vinelinux.org/vine30.html
フレーム バッファコンソールを使うようにとのことです。
Linux起動時に"Esc"キーを押して、"e"でブートオプションを編集して起動します。

kernel /vmlinuz ro root=LABEL=/ resume2=swap:/dev/hda5 vga=0x301

--VGA オプション
解像度            オプション
-------------------------------------
640 x 480 (8bpp)    vga=0x301
800 x 600 (8bpp)    vga=0x303
1024 x 768 (8bpp)    vga=0x305
1280 x 1024 (8bpp)    vga=0x307
1600 x 1200 (8bpp)    vga=0x31C

無事、日本語が化けずに起動しました。
毎回起動時にオプションを設定するのは大変なので、
(サーバー用途であればそんなに再起動はしないと思いますが)
lilo.confもしくはgrub.confを編集します。

--ブートローダーがliloの場合
# vi /etc/lilo.conf
----
image=/boot/vmlinuz-2.6.16-0vl68
        label=linux
        initrd=/boot/initrd-2.6.16-0vl68.img
        read-only
        vga=0x303 <-- 追記 800 x 600 8bit color
        append="root=LABEL=/"
----

--liloの更新
# /sbin/lilo


--ブートローダーがgrubの場合
# vi /etc/grub.conf
----
title Vine Linux (Current kernel)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz ro root=LABEL=/ resume2=swap:/dev/hda5 vga=0x303
        initrd /initrd.img
----


もしくは他の対策として、Linuxの言語設定を英語にすれば解決します。

$ export LANG=en_US

デフォルトの言語は/etc/sysconfig/i18nというファイルで
設定しているので、”LANG=”の行を変更すれば、起動時の言語設定を
変更できます。

# vi /etc/sysconfig/i18n
----
# LANG="ja_JP.eucJP" ←デフォルトの言語設定

# 変更後
LANG="en_US" ←デフォルトの言語設定を英語に変更


--参考ページ
http://vinelinux.org/vine30.html
http://www.jitaku-server.net/frame_buffer.html
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~ysk-net/JSpe/Linux/vine/setup.html
http://park15.wakwak.com/~unixlife/linux/boot-grub.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/471syslangset.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 04, 2007

rootになれる制限 VL4

rootになれるユーザーを制限します。
下記の変更を行うことによって、wheelグループに所属するユーザー
のみが、rootになれます。

下記一行を追加します。
# vi /etc/login.defs
----
SU_WHEEL_ONLY yes

rootになれるユーザーをwheelグループに追加します。
# vi /etc/group
----
wheel:x:10:root,user_name

下記コメントアウト行を有効にします。行頭”#”を削除する。
# vi /etc/pam.d/su
----
auth required /lib/security/pam_wheel.so use_uid

--参考ページ
http://blog.goo.ne.jp/h-mori/e/4ab5e722fa319d6fcf98c9510999d61a
http://www.taperium.com/modules/wordpress/index.php?p=1668
http://www.lovebug.jp/index.php?root%A4%CB%A4%CA%A4%EC%A4%EB%A5%E6%A1%BC%A5%B6%A1%BC%A4%F2%C0%A9%B8%C2%A4%B9%A4%EB



  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 03, 2007

Squid アクセスログ 解析 VL4

webalizerをインストール及び設定を変更し、Squidのアクセスログを
解析します。

--webalizerのインストール
# apt-get update
# apt-get install webalizer

--Squid用 webalizer.confの変更(webalizer-squid.confを作成)
# cd /etc
# cp webalizer.conf webalizer-squid.conf

--webalizer-squid.confの主な追加・変更点
# vi /etc/webalizer-squid.conf
----
LogFile        /var/log/squid/access.log
LogType    squid
OutputDir      /home/httpd/html/webalizer-squid
HistoryName    webalizer-squid.hist
Incremental    yes
IncrementalName    webalizer-squid.current
ReportTitle    Squid Access log
HostName       vl.naonao.com
HTMLExtension  html

SearchEngine    google.co.jp    q=
SearchEngine    yahoo.co.jp     p=
SearchEngine    yahoo.co.jp     q=
SearchEngine    infoseek.co.jp  qt=
SearchEngine    excite.co.jp    search=
SearchEngine    goo.ne.jp       MT=
SearchEngine    msn.co.jp       q=
SearchEngine    search.nifty.com Text=
SearchEngine    biglobe.ne.jp   q=
----

--解析結果を出力するフォルダ作成
# mkdir -p /home/httpd/html/webalizer-squid

--解析の実行
# /usr/bin/webalizer -c /etc/webalizer-squid.conf

--1日に一度、自動で実行するようcronへ登録(毎日4時1分に実行)
# vi /etc/crontab
----
01 4 * * * root /usr/bin/webalizer -c /etc/webalizer-squid.conf

過去ログがある場合は、下記のように取り込みます。(古い方から)
# webalizer -c /etc/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log.4
# webalizer -c /etc/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log.3
# webalizer -c /etc/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log.2
# webalizer -c /etc/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log.1
# webalizer -c /etc/webalizer-squid.conf /var/log/squid/access.log


--参考ページ
http://www.jitaku-server.net/apache_webalizer.html
http://spinel.sytes.net/~bibou/staticpages/index.php?page=webalizer
http://www.nina.jp/server/redhat/webalizer/webalizer.conf-2.01.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2007

Squid 自動設定 VL4

Squidは、システムの起動時に自動的にサービスが起動しません。
起動時に自動起動するよう設定しました。

# chkconfig squid on

--chkconfig コマンド
# chkconfig --list
サービスの起動一覧を表示

# chkconfig --level 345 squid
起動レベル3,4,5にてsquidが起動するよう設定

--参考ページ
http://www.a-yu.com/pub/qa82.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2007

Squid Proxy Server VL4

ProxyServerである”Squid”をインストール及びセットアップしました。

--Squid インストール
# apt-get update
# apt-get install squi
d
*現行Version squid2.6 STABLE14

--Squid.confの編集
# vi /etc/squid/squid.conf
----
http_port 8080
icp_port 0

cache_effective_user squid
cache_effective_group squid

visible_hostname Proxy01
forwarded_for off

cache_dir ufs /var/spool/squid 100 16 256
maximum_object_size 5MB
cache_mem 8 MB

cache_access_log /var/log/squid/access.log
cache_log /var/log/squid/cache.log
cache_store_log /var/log/squid/store.log
logfile_rotate 4

acl SSL_ports port 443 563
acl Safe_ports port 80          # http
acl Safe_ports port 21          # ftp
acl Safe_ports port 443 563     # https, snews
acl Safe_ports port 70          # gopher
acl Safe_ports port 210         # wais
acl Safe_ports port 1025-65535  # unregistered ports
acl Safe_ports port 280         # http-mgmt
acl Safe_ports port 488         # gss-http
acl Safe_ports port 591         # filemaker
acl Safe_ports port 777         # multiling http
acl CONNECT method CONNECT   

acl localnet src 192.168.10.0/255.255.255.0
acl all src 0.0.0.0/0.0.0.0

http_access allow localnet
http_access deny all
http_access deny !Safe_ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports
----

--Squid キャッシュファイル作成
# squid -z

--Squid 起動
# service squid start

--参考ページ
http://arika.org/doc/sd.200112
http://forums.fedora-fr.org/viewtopic.php?pid=211996
http://rgv250.dyndns.org/squid.htm
http://www.leafgreen.jp/freebsd/squid.html


  ブログランキング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »