« November 2006 | Main | January 2007 »

Dec 27, 2006

Windows PowerShell

Windows Powershellというコマンドツールの
ローカライズ版(日本語版)が公開されました。

--Windows PowerShell 1.0 ローカライズ版
http://support.microsoft.com/kb/926140/ja

多くの機能が追加されたようです。

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/special/powershell01/powershell01_01.html
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/special/powershell02/powershell02_01.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 25, 2006

Windows XP 自動インストール(2) nLite

"nLite"というツールを使うと、不要な機能を取り除いた
Win 2k/XP/2003インストールディスクを作成することができます。

--nLite
http://www.nliteos.com/index.html
*現状最新版:nLite v1.3 beta

また、動作には".NET Framework 2.0"が必要となります。
事前にインストールしておきましょう。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/netframework/downloads/

--参考ページ
http://www4.zero.ad.jp/Angel.Omega/nLite.htm


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 24, 2006

Windows XP 自動インストール(1)

Windows XPを自動インストールする方法です。
何度もクリーンインストールしたい場合に便利だと思います。
実際問題、必要なアプリケーションをインストール後に
ディスクもしくはパーティションのイメージを作成する方が
実用的かもしれませんが、、、

仮想環境にてクリーンなWindows環境を簡単に構築する際に
便利ですね。

--XPの自動インストール設定
1.XPのインストールCDをドライブに入れる。
2.\\SUPPORT\TOOLS\DEPLOY.CABを解凍ツールにて解凍する。
3.解凍ファイル内の"setupmgr.exe"を実行
4."新しい応答ファイルを作成する"、"無人セットアップ"、"全自動"、
"CDからセットアップする"を選択する。
5.ディフォルトで作成される"unattend.txt"を"winnt.sif"にリネームする。
"unattend.bat"はいらないので削除。
6.必要に応じて、winnt.sifを変更・追加する。

--Sample file "winnt.sif"
-----
;SetupMgrTag
[Data]
    AutoPartition=0
    MsDosInitiated="0"
    UnattendedInstall="Yes"

[Unattended]
    UnattendMode=FullUnattended
    OemSkipEula=Yes
    OemPreinstall=No
    Repartition=No  
    TargetPath=\WINDOWS
 FileSystem=*
   
UnattendSwitch="yes"

[GuiUnattended]
    AdminPassword=0d9969ae924eff68fe3
    EncryptedAdminPassword=Yes
    OEMSkipRegional=1
    TimeZone=235
    OemSkipWelcome=1

[UserData]
    ProductKey=XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
    FullName="T.hogehoge"
    OrgName="hoge_Home"
    ComputerName=hoge

[Display]
    BitsPerPel=16
    Xresolution=1024
    YResolution=768

[TapiLocation]
    CountryCode=81
    Dialing=Pulse
    AreaCode=0296

[RegionalSettings]
    LanguageGroup=7

[FavoritesEx]
    Title1="IT備忘録.url"
    URL1="http://nofx2.txt-nifty.com"
    Title2="Google.url"
    URL2="http://www.google.co.jp/"

[Branding]
    BrandIEUsingUnattended=Yes

[URL]
    Home_Page=www.yahoo.co.jp

[Proxy]
    Proxy_Enable=0
    Use_Same_Proxy=1

[Identification]
    JoinWorkgroup=WORKGROUP

[Networking]
    InstallDefaultComponents=Yes

[Components]
    msmsgs=off
    msnexplr=off

-----

--winnt.sif 変更点・追加点
[Data]
    AutoPartition=0
[Unattended]
    FileSystem=*
* インストールするハードディスクやパーティションを選択可能にし
  ファイルシステム(NTFSやFAT32)を選択可能にします

[Unattended]
    UnattendSwitch="yes"
* インストール後の『ようこそ』の画面をスキップし
  Administratorで自動ログオンします。(アカウント作成がスキップされます)

[Components]
    msmsgs=off
    msnexplr=off

* Windows Messenger 4.6のセットアップを行いません
* MSN Explorer 7のセットアップを行いません

--使用方法
パターンA
フロッピーにwinnt.sifをコピーして、インストール時にwinnt.sifフロッピーを、
挿入しておくことによって応答ファイルが読み込まれ自動インストールが
開始されます。

パターンB
CD-ROMの内容を、HDDの適当な場所にコピーしてi386フォルダに
winnt.sifをコピーして、ブート可能なCDを作成すると
フロッピーなしでの自動インストールを可能にすることが出来ます。

--参考ページ
http://www.geocities.com/wxp_2004/html/xp_auto.htm
http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/windows2k/
http://www.sopia.or.jp/libre/i_am_senmu/news/news20050418.htm
http://homepage2.nifty.com/maryu/winntsif.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 19, 2006

Yahoo!無線LANスポット

Yahooがプレミアム会員向けに無線LANスポットのサービスを開始
しました。

--Yahoo!無線LANスポット
http://wireless.yahoo.co.jp/

料金体系は
Yahoo!プレミアム会員価格       月額210円(税込)→今なら0円!
通常価格                             月額525円(税込)
なんと、Yahooプレミアム会員はお試しということで2007年5月31日まで
無料です。

アクセスポイントは、現在、全国のマクドナルドや駅・空港など
約3500エリアに設置されているとのこと。

PSP及びDSでも無線LANを使用することができます。旅のお供に
どうでしょうか。

--参考ページ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20061219/257329/

←クリック一票

| | Comments (2) | TrackBack (1)

WSUS 管理コンソールページアクセス不可

あるタイミングにてWSUSの管理ページであるhttp://WSUS-Server/WSUSAdmin/
へアクセスができなくなりました。
慌ててWSUS SP1インストール時にコピーされたReadme.htmlを見つけ
読んでみると下記の対処方法を見つけました。

------------------
問題 12 : WSUS のインストール後に .NET Framework 1.0 または 2.0 を
インストールした場合に、WSUS 管理コンソールが表示されない
これは、IIS には .NET Framework 1.0 が登録されていて、
WSUS サーバーは .NET Framework 1.1 を必要とすることが原因です。
この問題を解決するには、aspnet_regiis.exe を開いて次の
コマンドを実行します。<Web サイトの ID> は、次のレジストリキーに
含まれる値です。

HKLM\Software\Microsoft\UpdateServices\Server\Setup\IISTargetWebsiteIndex

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\ReportingWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\ClientWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\SimpleAuthWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\WSUSAdmin

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\AdministrationWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\ServrSyncWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\DssAuthWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\<Web サイトの ID>\ROOT\Content

1行ずつ実行するのは手間なのでバッチファイルにしました。
(IISTargetWebsiteIndexが”1”とした場合)

change_net-framework.bat
----
REM Change to .NET Framework 1.1 batch

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\ReportingWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\ClientWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\SimpleAuthWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\WSUSAdmin

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\Administration\WebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\ServrSyncWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\DssAuthWebService

%windir%\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\\aspnet_regiis.exe -s
W3SVC\1\ROOT\Content
----

どうやら、Sever自身のMSアップグレードにて.Net Framework2.0がインストールされ
IISが使用する.Netのバージョンが変わってしまったために障害が起きて
しまったようです。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 17, 2006

スピーカー ONKYO GX-70HD

本日、ヨドバシカメラ秋葉原店にて\12,800でONKYOのPC用スピーカー
GX-70HD(BK)を購入しました。ポイントは10%でした。

--ONKYO GX70HD(BK)
http://www2.jp.onkyo.com/product/products.nsf/wavio/D47046E1AA50E8544925723700272CC5?OpenDocument

今まではELECOMのMS-76MA
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/speaker/ms-76/index.asp
を使用していました。非常に高音の伸びがよく、好きな音色でした。
今回、新しいGX-70HDに変更して感じたことは豊かな低音でした。
バランスの悪いドンシャリな音ではなく、歯切れのよい低音です。
ですが、全帯域においてほのかに音がこもって聞こえます。
エージングによって改善されることを祈ります。

このサイズになるとデスクトップ・スピーカーといえど、インシュレーター
によって音質が変わりそうです。ゴム系で振動を抑えるか、メタル系で高音を
伸ばすか模索中です。

その他、競合スピーカーとしてはBOSEやローランドの"EDIROL"もありましたが、
サウンドカードSE-90PCIを購入しているのでONKYOで固めようかなぁと。

しかし、新規の自作PCは未だ構築されていないので現行のPCは
CREATIVEの"Audigy 2 Value"を使用しています。ほとんどゲームも
していないのですが、、、

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2006

アタッシュケース

ファイルのドロップだけで簡単に暗号化/複合化できるソフト。

--アタッシュケース
http://homepage2.nifty.com/hibara/

ファイルサイズも2M弱とコンパクトなのでUSBメモリなどに
コピーしておくと便利です。
これで盗難やファイル流出でも安心です。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Dec 12, 2006

APT系コマンドの主な機能とコマンドライン

VineLinuxで標準でサポートされていますAPT(Advanced Packaging Tool)。
aptコマンドの主なオプションは下記のとおりです。

apt-get install Package_name        パッケージのインストール
apt-get upgrade                         全パッケージのアップデート
apt-get remove Package_name      パッケージの削除
apt-get clean                              パッケージのバックアップを削除
apt-cache show Package_name      パッケージ情報の表示
apt-get update                            パッケージ情報の更新
apt-cache showpkg Package_name    パッケージの依存関係の表示
apt-cache search Serch_character    パッケージの検索

よく使用されると思われる、”パッケージを最新版に更新する”のは
下記のとおりです。

# apt-get update
# apt-get upgrade

この2行のコマンドで最新版に更新できます。
非常に簡単便利です。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 10, 2006

Wiiリモコンで操作

WiiリモコンでPCの操作をすることができるそうです。

--参考ページ ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0612/08/news120.html

--必要機器
Bluetoothデバイス
WiinRemote http://onakasuita.org/wii/

PowerPoint等の操作に使うと便利かもしれません。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2006

FON

FONとは、ユーザーが自分で公衆無線LANスポットを開設して、
世界中にFONのネットワークを張り巡らせよう!!といったサービス。
日本では12月4日より正式サービスが開始しました。

--FON Japan
http://jp.fon.com/

--FON blog
http://blog.fon.com/jp/

利用形態によって3種類の会員に分けられています。
・リーナス アクセスポイントを無料で提供する代わりにアクセスポイントも
無料で利用可能
・ビル アクセスポイントをエイリアンに対し有料にて提供可能
・エイリアン ワンデーパスを購入してアクセス可能

名前が某Li○xとM●から文字っているあたりが好きです。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/news/200612/04/fon.html

Join the FON movement!

←クリック一票

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Dec 03, 2006

Windows XPのVPCイメージを無料提供

IEBlogにて、VPC(Virtual PC)イメージファイルを無料でダウンロード可能と
しています。

--IEBlog
http://blogs.msdn.com/ie/archive/2006/11/30/ie6-and-ie7-running-on-a-single-machine.aspx

Download the Internet Explorer 6 Testing VPC Image
よりダウンロードページへジャンプします。
ダウンロードサイズはおよそ500Mと大きいので、高速な通信回線にて
ダウンロードを行うとよいでしょう。

このイメージファイルはIE7へのアップグレードテスト用に提供しています。
VPCイメージはWindows XP SP2 English版です。
2007年4月1日以降は動作しなくなるよう設定されているとこのとです。

--参考ページ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0612/01/news077.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2006

メモ帳(notepad) ヘッダー&フッター

Windowsに標準されているテキストエディタ"メモ帳(notepad)"の
ヘッダー&フッターに指定可能な特殊記号一覧

&f     現在開いているファイルのファイル名。
&d     印刷を実行した日付に置き換わる。印字形式は([西暦]年[月]月[日]日)
&t     印刷を実行した時刻に置き換わる。印字形式は([時]:[分]:[秒])
&p     印刷ページ数
&&     &(アンパサント)自体を印字したいときには2つ続けて指定する
&l     印字位置を左ぞろえにする
&c     印字位置を中央ぞろえにする(デフォルト)
&r     印字位置を右ぞろえにする

例えば右揃えで
1ページ 印刷日時:2006年12月02日 10:10:10
とするには

&r &pページ 印刷日時: &d &t

とする。

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/820notepadheader/notepadheader.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »