« New プリンター HP Photosmart C5180 | Main | アカウントコントロール バッチ »

Oct 14, 2006

Tiny VPN

今更ながらVPNに挑戦しました。VPNとはVirtual Private Networkの略で、
その名の通り仮想LANです。

--5分で絶対に分かるVPN
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/22fivemin/fivemin00.html

VPNのメリットは
 * 月々の通信コストを削減
 * 距離の影響を受けないネットワーク構築が可能
 * 接続相手が海外であっても安価に構築可能
 * 各拠点でイントラネットとインターネットの共有が可能
 * SOHO環境,モバイル環境からのアクセスも容易
などがあげられます。

今回はWindows標準装備のPPTPまたはL2TPではなく、ソフトウェアで
動作するTiny VPNにて構築してみました。

--Tiny VPN
http://www.shimousa.com/tv/
*現状最新版 "TinyVPN 2.9.4"

ソフトウェアVPNでは、PacketiXも有名どころです。(当時 SoftEther)
--SoftEther PacketiX VPN
http://www.softether.com/

設定
Tiny VPNは、ホストPC上で仮想のHUBを作成し、仮想のネットワーク
アダプタを接続しておきます。クライアントPC上では、仮想のネットワーク
アダプタを作成し、ホストPCの仮想HUBを指定すると構築終了です。

ここで問題となるのはホストPC側のグローバルIPアドレス(WAN側)です。
固定IPアドレスであれば全く問題はないのですが、大抵の家庭は
定期的に変更されるDHCPだと思います。クライアントPCよりホストPCを指定
できるようにDDNSサーバーに登録しましょう。
--Dynamic DO!.jp http://ddo.jp/

また、自動でIPアドレスを更新するように
--Dice http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/
もしくはCGIを書きましょう。 
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2006/01/ddns_for_fynami_d060.html

あとはブロードバンドルータのPortForward
(機種によってはNAPTやNAT、IPマスカレード)の設定です。

VPNのセッションを張るとまさしくLAN環境での接続に見かけ上見えます。
VNCをインストールしておくとリモートデスクトップ環境も整えられます。

--Real VNC 日本語インストール版
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se324464.html


Tiny VPNはディフォルトでEnglishランゲージ対応なので英語版Windowsでも
問題なく動作すると思います。


←クリック一票

|

« New プリンター HP Photosmart C5180 | Main | アカウントコントロール バッチ »

アプリケーション」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/12285587

Listed below are links to weblogs that reference Tiny VPN:

« New プリンター HP Photosmart C5180 | Main | アカウントコントロール バッチ »