« ユーザー・アカウントのロックアウト | Main | System Resscue CD »

Sep 04, 2006

scim-anthy

以前、uim-anthyの組み合わせで使用していましたが、GUIが
よりIMEに似ているscim-anthyを使用するようにしました。
VineLinux4.0では標準の日本語入力なるようです。

パッケージのインストール
# apt-get update
# apt-get install anthy scim-anthy scim anthy-el


--全ユーザーscimを利用する場合

# vi /etc/X11/xinit/xinitrc.d/scim
----
scim -d &
----

実行権限を与える。
# chmod 755 /etc/X11/xinit/xinitrc.d/scim

# vi /etc/bashrc ##最後に以下を書きます。
----
XMODIFIERS=@im=SCIM
GTK_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
export USE_XOPENIM=t
----


--ユーザー別に利用する場合
$ vi ~/.xinitrc
----
scim -d &
/etc/X11/xinit/xinitrc
----

$ vi ~/.bashrc
----
XMODIFIERS=@im=SCIM
GTK_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
export USE_XOPENIM=t
----

手っ取り早くシステムを再起動してしまいましょう。

scimの起動方法は
Ctrl+Space で漢字入力モードに変わります。


--参考ページ
http://tsuttayo.sytes.net/linuxtips/anthy/index.html
http://scim-imengine.sourceforge.jp/index.cgi?cmd=view;name=SCIMAnthy


←クリック一票

|

« ユーザー・アカウントのロックアウト | Main | System Resscue CD »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference scim-anthy:

« ユーザー・アカウントのロックアウト | Main | System Resscue CD »