« ユーザー・アカウントのロックアウト | Main | System Resscue CD »

Sep 04, 2006

scim-anthy

以前、uim-anthyの組み合わせで使用していましたが、GUIが
よりIMEに似ているscim-anthyを使用するようにしました。
VineLinux4.0では標準の日本語入力なるようです。

パッケージのインストール
# apt-get update
# apt-get install anthy scim-anthy scim anthy-el


--全ユーザーscimを利用する場合

# vi /etc/X11/xinit/xinitrc.d/scim
----
scim -d &
----

実行権限を与える。
# chmod 755 /etc/X11/xinit/xinitrc.d/scim

# vi /etc/bashrc ##最後に以下を書きます。
----
XMODIFIERS=@im=SCIM
GTK_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
export USE_XOPENIM=t
----


--ユーザー別に利用する場合
$ vi ~/.xinitrc
----
scim -d &
/etc/X11/xinit/xinitrc
----

$ vi ~/.bashrc
----
XMODIFIERS=@im=SCIM
GTK_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
export USE_XOPENIM=t
----

手っ取り早くシステムを再起動してしまいましょう。

scimの起動方法は
Ctrl+Space で漢字入力モードに変わります。


--参考ページ
http://tsuttayo.sytes.net/linuxtips/anthy/index.html
http://scim-imengine.sourceforge.jp/index.cgi?cmd=view;name=SCIMAnthy


←クリック一票

|

« ユーザー・アカウントのロックアウト | Main | System Resscue CD »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/11754389

Listed below are links to weblogs that reference scim-anthy:

« ユーザー・アカウントのロックアウト | Main | System Resscue CD »