« August 2006 | Main | October 2006 »

Sep 28, 2006

Webブラウザ Graini(グラニ)

Webブラウザ Graini(グラニ)の最新バージョン2.0がリリースされました。

--Grani
http://grani.tabbrowser.jp/

Graniは初心者向けタブブラウザです。多機能なSleipnirから必要最小限の
機能に絞り込みしているとのこと。しかしながら、強力な検索機能、
高速 RSS リーダー、マウスジェスチャなどについては標準搭載。
ダウンロードプログラムサイズが3.5Mと非常にスマート。
あくまでFirefoxをメインのブラウザとしていますが、お試しで使用して
みようかと思います。

--参考ページ
http://japan.internet.com/busnews/20060927/4.html?rss


←クリック一票


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 27, 2006

価格.com WEBサービス

カカクコムが「価格.com Web サービス」で API 公開しました。
価格.com と食べログ.comです。

--価格.com WEBサービス
http://apiblog.kakaku.com/

今回のリリースでは、ユーザやアプリケーション登録が必要ありません。

--参考ページ
http://japan.internet.com/busnews/20060927/3.html?rss

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 24, 2006

cmd msinfo32

Windows XPやWindows Server 2003で標準提供されています、"msinfo32.exe"。
このツールはハードウェア環境からソフトウェア環境、インターネット設定まで、
コンピュータに関するさまざまな情報を簡単に収集できます。

ファイル名を指定して実行より
msinfo32

また、[表示] - [リモートコンピューター]より、リモートコンピュータの
情報を収集することもできます。

--コマンドよりリモートコンピュータ情報を入手するには
> start msinfo32 /computer hoge01 /nfo hoge01.nfo /categories +systemsummary
* msinfo32は、%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\MSInfo\msinfo32.exe
であって、標準でPathは通っていません。
*オプションの詳細は msinfo32 /?

--ネットワーク上のPC情報をまとめて取得するには
info_get.bat
----
for /l %%i in (1,1,254) do start msinfo32 /computer 192.168.0.%%i
/nfo 192.168.0.%%i.nfo /categories +systemsummary

----
*1行です
192.168.0.1~192.168.0.254までのPCの情報を書き出してくれます。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/787msinfo32/msinfo32.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 21, 2006

Googleカレンダー

とうとうGoogleカレンダーの日本語版が19日よりサービス開始されました。

--Googleカレンダー
http://saito-kazuo.pupu.jp/gcal/

パッと見、シンプルで非常に使いやすそうです。
複数のカレンダーを重ねたり、リマインダー昨日が付いていたり便利そうです。
数ヶ月前よりYahooカレンダーを使い始めていたのですが、細かな詳細を指定
できるのはYahooの方がすぐれているように感じます。
それぞれ良さがあるので使い分けしようかと思います。

Google IDをお持ちでない方は、下記より作成しましょう。
https://www.google.com/accounts/NewAccount?service=ig&passive=true&continue=http://www.google.co.jp/ig%3Fhl%3Dja&followup=http://www.google.co.jp/ig%3Fhl%3Dja&cd=JP&hl=ja&nui=1&ltmpl=default

--参考ページ
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0609/19/news116.html
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0609/20/news077.html
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0609/20/news117.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 19, 2006

自作PC サウンドカード SE-90PCI

今回、サウンドカード"SE-90PCI"を購入。
SE-150PCIと迷ったのですが、将来的なことを考えロープロファイルに
対応していること、単純に価格が安いことでSE-90PCIを選択しました。
価格はヨドバシカメラ秋葉原店にて\9,980。\2,000の商品券を使用しました。
よって、\7,980プラス10%のポイント発生です。

--ONKYO SE-90PCI
http://onkyo.jp/wavio/90pci/

-主なスペック
SN比 110dB (LINE OUT)
デジタルOut 周波数特性 0.3Hz~44kHz(LINE OUT,+0/-0.5dB)
サンプリング周波数 32、44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz※1
入出力端子 LINE OUT×1(RCA/STEREO)、DIGITAL OUT×1(光角型)
※1:Windows2000ではOSの制限により96kHzまでしか対応していません。

このカードはLINE OUT及びDIGITAL OUTを装備しています。ぜひ、DIGITAL OUT
にて接続したいと思います。アンプ内臓スピーカーの
ONKYO GX-D90(B)を購入したいと思います。

--ONKYO GX-D90(B)
http://www2.jp.onkyo.com/product/products.nsf/view/3BCD4002D81C66D949256BEC002C8D8B?OpenDocument

もしくは、KENWOODのKA-S10LS-S10の組み合わせも面白いのではないかと
思います。しかし、店頭にて音を確認したところ、音楽ソースが悪かったのか
周りの環境だったのかラジカセ並みの音質に聞こえてしまいました、、、
ちょっと残念。

--KENWOOD デスクトップHi-Fiオーディオ
http://www.kenwood.co.jp/j/products/home_audio/personal/ka_s10_ls_s10/index.html

--レビュー
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050328/dal184.htm

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 13, 2006

ULTIMATE BOOT CD

CD boot可能な、ユーティリティソフトをまとめたフリーソフトがあります。

--ULTIMATE BOOT CD
http://ubcd.sourceforge.net/
上記サイト "Download UBCD" より
現状最新版
Ultimate Boot CD Ver 3.4 (Basic)
のisoファイルをダウンロードし、CDに焼きます。
BIOSを変更してCD bootさせると起動することができます。

FDDのないPCでも、ULTIMATE BOOT CDならばメモリチェックソフト、
Memtest86+を使用することができます。
その他、主なソフトは下記の通りです。

-Hard Disk Sector Editor
Disk Editor 3.0

-Partition Tools
Partition Resizer 1.3.4
Partition Saving 3.01
Free FDISK 1.3.0

-NTFS Tools
Offline NT Password & Registry Editor
Active NTFS Reader for DOS 1.0.1

-CPU Test
CPU Burn-in 1.00

-Memory Test
Memtest86+ 1.65
Windows Memory Diagnostic n/a

-DOS Boot Disks
FreeDOS Boot Disk 3.35
OpenDOS Boot Disk 3.35

-Antivirus Tools
F-Prot Antivirus for DOS (Personal use only)
McAfee Antivirus Scanner
Avast! V7.7 for DOS
AVG Free Edition

-Network Tools
Freesco
NetCopy 0.2

etc...


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 11, 2006

雨が降る時だけメール通知

今まで、天気予報といえばTVであったりポータルサイトのお天気ページを
能動的にチェックしていたかもしれません。
もしくは、メールの配信サービスを定期的に受信できるサービスも
多々あります。
しかし、大抵の方は”雨が降る”という情報が重要だったり
しないしょうか。

そこで、雨が降る数時間前もしくは一日の天気予報を配信してくれるサービス

--月形半平太メールサービス
http://www.gnavi.co.jp/campaign/hanpeita/

無料登録してみましょう!!


--参考ページ
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0609/11/news014.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 09, 2006

メモリチェック

FD bootのメモリをチェックするソフト"Memtest86"。

--Memtest86
http://www.memtest.org/

Download (Pre-built & ISOs) - Download - Pre-Compiled package for Floppy (DOS - Win)
とたどってください。
現時点での最新版は"memtest86+-1.65.floppy.zip"

==FDへのインストール方法
解凍したファイルよりinstall.batを実行
Enter target diskette drive: ## Aを入力してエンター
Please insert a formatted diskette into drive A: and press -ENTER- :
## FDをAドライブに挿入してエンター

==起動方法
BIOSの設定を変更しFDの起動を有効にする。
FDを入れてシステムを起動する。
自動でメモリのチェックが始まります。


FDドライブを持たないPCの場合、CD boot可能な"ULTIMATE BOOT CD"を
使用すると良いです。

--ULTIMATE BOOT CD
http://ubcd.sourceforge.net/


--参考ページ
http://www.geocities.jp/ja3ocxbrd/memtst86.html
http://www.geocities.jp/ja3ocxbrd/ultimate-yakikata.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2006

System Resscue CD

CDから起動してHDDをイメージ化するフリーソフト「System Resscue CD」。
市販ソフトで言うとNortonGhostやAcronisTrueImage等と同様です。

--System Resscue CD
http://www.sysresccd.org/Main_Page

上記のページ左の方"Download"をたどって行きisoファイルを
ダウンロードします。
現時点最新場は"systemrescuecd-x86-0.2.19.iso"です。
ツールを使用し、isoファイルをCDRに焼き付けます。

--バックアップ
1.作成したCDよりシステムをブートする
2.キーボードの種類を選択 (日本語キーボード:22
3.コマンド入力
> mkdir /mnt/mydir
> mount /dev/hdb1 /mnt/mydir
> partimage

*イメージファイルの作成先を"hdb1"にしています。
1,2文字目 hd:IDE接続の内臓HDD sd:USBもしくはSCSIディスク
3文字目の"b":スレーブを意味します "a":マスター
4文字目の"1":パーティション番号

4.画面の指示に従う
* Save partition into a new image file

--イメージファイルの復元
1.CDブートする
2.キーボードの種類を選択 (日本語キーボード:22)
3.コマンド入力
> mkdir /mnt/mydir
> mount /dev/hdb1 /mnt/mydir
> partimage

4.画面の指示に従う
* Restor patition from an image file


--参考図書
PCfan 9/15 2006号


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 04, 2006

scim-anthy

以前、uim-anthyの組み合わせで使用していましたが、GUIが
よりIMEに似ているscim-anthyを使用するようにしました。
VineLinux4.0では標準の日本語入力なるようです。

パッケージのインストール
# apt-get update
# apt-get install anthy scim-anthy scim anthy-el


--全ユーザーscimを利用する場合

# vi /etc/X11/xinit/xinitrc.d/scim
----
scim -d &
----

実行権限を与える。
# chmod 755 /etc/X11/xinit/xinitrc.d/scim

# vi /etc/bashrc ##最後に以下を書きます。
----
XMODIFIERS=@im=SCIM
GTK_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
export USE_XOPENIM=t
----


--ユーザー別に利用する場合
$ vi ~/.xinitrc
----
scim -d &
/etc/X11/xinit/xinitrc
----

$ vi ~/.bashrc
----
XMODIFIERS=@im=SCIM
GTK_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
export USE_XOPENIM=t
----

手っ取り早くシステムを再起動してしまいましょう。

scimの起動方法は
Ctrl+Space で漢字入力モードに変わります。


--参考ページ
http://tsuttayo.sytes.net/linuxtips/anthy/index.html
http://scim-imengine.sourceforge.jp/index.cgi?cmd=view;name=SCIMAnthy


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2006

ユーザー・アカウントのロックアウト

"net user"コマンドを使用して、ユーザーのロックアウトを操作できます。

> net user User_name /active
もしくは
> net user User_name /active:yes


ロックする

> net user User_name /active:no


変更されたかステータスを確認

> net user User_name


企業などドメインを使用している場合、/domainオプションを追加すると、
ローカル・マシン上のアカウントではなく、ドメインに登録されている
アカウントに対してコマンドが実行されます。

> net user User_name /active /domain

ただし、ドメインに参加しているコンピュータに対して、
ドメインの管理者権限のあるユーザーでログオンしていることが条件です。
ドメイン・コントローラのコンソール以外のコンピュータからでも
簡単にロックアウトを解除できます。

ステータスの確認

> net user User_name /domain


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/363clockout/clockout.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 02, 2006

tasklist

Windows2000、WindowsXP及びWindows2003においてプロセスを一覧する
コマンドが"tasklist"があります。
> tasklist

オプション /svc をつけると子プロセスまで表示されます。
> tasklist /svc

また、"netstat -oan"の結果とPIDをぶつけることによって使用しているポートを
割り出すことができます。
> netstat -oan

Windows XP SP2の場合、netstatの-b、-vオプションで実行ファイルを調査できます。
> netstat -nb
> netstat -anbv

出力結果


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/236portcheck/portcheck.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »