« June 2006 | Main | August 2006 »

Jul 30, 2006

リモート アシスタンス へのショートカット

WindowsXPにはリモートアシスタンスという、便利な機能があります。
リモートデスクトップとは違い、自分のPCに他のPCからのリモート操作を依頼します。

--既存のリモートアシスタンスの起動方法
1.[スタート] - [ヘルプとサポート]
2.[リモート アシスタンスで友人のコンピュータをこのコンピュータに接続します。] をクリック
3.[友人を招待する]をクリック
となります。

PCに慣れた方ならまったく問題はないですが、そうでない方には難しいかもしれません。
そこでショートカットの作成です。

--リモートアシスタンス ショートカット作成
デスクトップ上で右クリック - [新規作成] - [ショートカット]

hcp://CN=Microsoft%20Corporation,L=Redmond,S=Washington,C=US/Remote%20Assistance/Escalation/Unsolicited/unsolicitedrcui.htm

名前をつけて保存

すると、作成したショートカットをダブルクリックするとリモートアシスタンスが起動
します。


--参考図書
WINDOWSサーバー HACKS


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 29, 2006

ドライブ名を変更する

Windowsにおいて、特にWindowsXPではネットワークドライブに接続した場合、
ドライブ名が非常に長くなることがあります。
例) File Server01\Users\hogehoge (H:) など

簡単にドライブ名を変更するスクリプトです。

drivename_change.vbs
----
mDrive = "drive_letter"
Set oShell = CreateObject("Shell.Application")
oShell.NameSpace(mDrive).Self.Name = "Drive_Name"
----
変更するドライブを "drive_letter"に exsample "e:\"
ドライブ名を "Drive_Name"に exsample "Net drive"
に変更してください。


--例) g及びhドライブはファイルサーバーに接続しているとする
mapping_drivename_change.vbs
----
mDrive = "g:\"
Set oShell = CreateObject("Shell.Application")
oShell.NameSpace(mDrive).Self.Name = "Group drive"

mDrive = "h:\"
Set oShell = CreateObject("Shell.Application")
oShell.NameSpace(mDrive).Self.Name = "User drive"
----


--参考図書
WINDOWSサーバー HACKS


←クリック一票

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jul 28, 2006

自動ログイン

Windows2000及びWindowsXPにおいて、下記のレジストリを変更すると
指定したユーザーにて起動時、自動ログインをします。

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\

AutoAdminLogon 値:1
DefaultDomainName 値:ドメイン名
DefaultUserName 値:ユーザー名
DefaultPassword 値:パスワード

これらをWSHを使ってスクリプト化すると下記の通りです。

auto-logon.vbs 
----
Dim Prompt, WshShell, UserName, UserPasswd, UserDomain
set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

' get user name
Prompt = "ユーザー名を入力してください"
UserName = InputBox(Prompt, Title, "")

' get password
Prompt = "パスワードを入力してください " & UserName
UserPasswd = InputBox(Prompt, Title, "")

' get domain
Prompt = "ドメイン名を入力してください " & UserName
Userdomain = InputBox(Prompt, Title, "")

' set these in the registry
WshShell.RegWrite "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\AutoAdminLogon","1","REG_SZ"
WshShell.RegWrite "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\DefaultDomainName", UserDomain, "REG_SZ"
WshShell.RegWrite "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\DefaultUserName", UserName, "REG_SZ"
WshShell.RegWrite "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\DefaultPassword", UserPasswd, "REG_SZ"

' ensure the change is persistent!
WshShell.RegWrite "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\Winlogon\ForceAutoLogon", "1", "REG_SZ"
----

no-auto-logon.vbs (自動ログオン キー削除)
----
Option Explicit
On Error Resume Next

Dim Prompt, WshShell
set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

' delete the relevant keys
WshShell.RegDelete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\AutoAdminLogon"
WshShell.RegDelete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\DefaultDomainName"
WshShell.RegDelete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\DefaultUserName"
WshShell.RegDelete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\DefaultPassword"
----

なお、WSHは下記のページより最新版をインストールしておきましょう。

--Windows Script
http://www.microsoft.com/japan/msdn/scripting/default.asp


--参考図書
WINDOWSサーバー HACKS


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 27, 2006

Run As へのショートカット

たしかWindows2000から、Windowsには"runas"というコマンドがあります。
UNIX系でいう"sudo"コマンドです。
実行者権限を変更してプログラムの実行を行います。

コマンドプロンプトより"runas /user:administrator mmc"等で
実行できますが、これらのショートカットも作成できます。

--[コンピュータの管理]の場合
デスクトップ上で右クリック - [新規作成] - [ショートカット]
%windir%\system32\runas.exe /user:domain_name\Administrator
"mmc %windir%\system32\compmgmt.msc"

* 全て1行です。
* Domainを使用していない場合、domain_nameは省略可能です。

--管理者パスワードを記憶させる場合
%windir%\system32\runas.exe /user:domain_name\Administrator
/savecred "mmc %windir%\system32\compmgmt.msc"

/savecred スイッチを使用します。

しかし、管理者アカウントの資格情報がマシン上に保存されると、すべての
コマンドラインプログラムを管理者の資格情報を使用して動作させることが
可能となります。セキュリティーホールとなりえるので気をつけましょう。

コマンドを使用しなくとも、実行プログラムにて右クリック - [別のユーザーとして実行]
でも同様なことは可能です。


--参考図書
WINDOWSサーバー HACKS


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 25, 2006

動画投稿サイト

いろいろ話題となっているYouTube
「極楽とんぼ」加藤さんの謝罪動画削除など、話題騒然。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/21/news057.html
削除までに300万回以上再生されたなんて、すごい!

最近、YouTubeに続けとばかりに国内サイトでも同じような
サービスが開始されています。

--ワッチミー TV!
http://www.watchme.tv/

--Ameba Vision
http://vision.ameba.jp/

--Ask.jp ビデオ
http://video.ask.jp/

サイトデザインがYouTubeにそっくりなのは気のせいでしょうか、、、

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 19, 2006

grml 1CD Linux

grml Linuxは1CDブートLinuxです。
このライブCDディストリビューションはハードウェアの診断に
便利です。textベースで起動します。

--grml Linux Live-CD for sysadmins / texttool-users
http://www.grml.org/


どのようなツールが含まれているかというと、
・memtest86+
# memtest 自動的にメモリのテストを行います。

・cpuburn
CPUに高い負荷をかけるツール。

・smartmontools
SMARTのタスクを実行するためのコマンドライン・ユーティリティ
smartctlと、SMARTシステムを監視し、ハードディスク故障の予防対策を
実施するためのデーモンsmartd、2つのプログラムが含まれます。
HDDのチェックに使います。


--参考ページ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0607/11/news036.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 18, 2006

熱暴走!?

週末、突然インターネットへの接続ができなくなりました。
あわててGW及びYahooへPingをするが問題なし。うーむ、、、
ProxyServerを使用しているのでVineLinux3.2が動作するサーバーを
見てみると落ちているではないか!!
電源のON/OFFをするが反応なし、、、PCのケースを触ると驚くほどの
暑さが!!もしや熱暴走!?

扇風機を風をあてつつその日はでかけ、帰宅後PCの電源を
再度ONにしてみる。起動プロセス中で止まってしまう。
どうやらファイルシステムが壊れてしまったようです。
流石今年の暑さはハンパじゃなかったようだ。

プロセスが中断したところでrootのパスワードを入れると
コマンドプロンプトが。なんとかなりそう??
さっそくコマンドを叩いてみると、
# fsck
何やら聞かれましたが適当に"yes""yes"と答えていく。そして、
Please reboot と。
再起動後、なんとかログインプロンプトまですすみました。
よかった、ちょっと一安心。急いで/etc配下のバックアップを
行いました。

MRTGにてモニタしていたM/Bの温度を見てみると52℃をキープして
いました。どうやらこの熱が問題だった模様。

スリムタイプの旧型PCのため、熱対策があまりとられていません。
CPUファン及び電源のファンのみ、、、
さらに動作が静かになるようケース内側に防音用ウレタン樹脂を
貼ってしまったしまつ。ケース内はそうとう熱いのでしょう。

今後、扇風機を問題のサーバーにあて続けるか、ケースを思い切って
取り外してしまうか検討の余地あり。
しばらく、温度センサのグラフをモニタしよう。現状平均48℃。


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 15, 2006

ケータイ用 地図サイト

ケータイ用(モバイル)の地図サイトです。
各サイト、それぞれ特徴があります。

--Yahoo!モバイル
http://mobile.yahoo.co.jp/

--モバイル版iタウンページ
http://itp.ne.jp/

--ライブドア地図
http://map.m.livedoor.com/

--モバイル版Googleローカル
http://google.jp/


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 13, 2006

追加地図サイト

--ウォッちず 地図閲覧サービス(試験公開)
http://watchizu.gsi.go.jp/
全国の白地図が見れます。

--彩色版
http://net.jmc.or.jp/saishiki/

--国土画像情報
http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/
過去の地図も閲覧可能です。

--洪水ハザードマップ
http://www.river.or.jp/hazard/link/
地域別の浸水予測を見られます。

--帰宅支援マップ
https://www.kitakumap.com/


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 10, 2006

インターネット 地図サイト

--ライブドア地図情報
http://map.livedoor.com/

最近知ったのですが、ライブドアの地図サービスEっす!!
・目的地までのルート検索
・タクシー料金検索
・グルメサイトと連携した情報表示
・地図トラックバック機能(コミュニティ機能)
かなり便利です。


--Google Maps
http://maps.google.co.jp/

Web2.0を象徴するかのごとく登場したサービス。最強と思っていました。
APIの提供をするなど、とても斬新です。
下記、Google Maps APIを使用した面白いサイトです。

--ジョギングシミュレーター
http://masa.moto84.com/running/jogsim.htm

--ラーメンデータベース
http://www.ramendb.com/map.php

--ホテル情報館
http://www.bit-style.com/travel/

--東京自転車グリーンマップ
http://green.k.tamabi.ac.jp/top/

--map@naturum (キャンプ場、釣り場)
http://blog.naturum.ne.jp/index_map.php

その他、Googleでは"Googleアース"という無料ソフトも
提供しています。

--Googleアース
http://earth.google.com/index.html


--Windows Liveローカル
http://local.live.com/
Microsoftも遅れながらも地図サービスを始めた模様。

←クリック一票


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 09, 2006

FLVファイル変換

流行っていますYouTubeの動画ですが、FLV(flashファイル)での
取得となります。
現段階では編集及び汎用性はいまいちかと思います。
そこで、FLVファイルをmpegファイルなどにコンバートする
アプリケーション"SUPER"。

--SUPER
http://www.erightsoft.com/SUPER.html

変換したいファイルをドラッグし、出力ファイル形式を選択するだけで
変換することができます。

もしくは、ダウンロード時にコンバートしながら落とアプリケーション
"VDOWNLOADER"

--VDOWNLOADER
http://comunidad.uem.es/epuertas/post/2006/06/01/como-descargar-videos-youtube-google-video-y-grinvi

ダウンロード時間は遅くなりますが、無圧縮aviもしくはmpegにてファイルを
ダウンロードすることができます。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 08, 2006

iPod Linux "podzilla"

iPod Linuxを実現するにはインストーラ、iPod Linuを操作するための
ユーザーインターフェースモジュール「podzilla」、iPod Linuxの
カーネル、以上3つの準備が必要です。

--インストーラ DL
第三世代まで
http://sourceforge.net/projects/ipodlinuxinst

第四世代及びiPod mini (Windowsでは"4gipl"をDLする)
http://ipodlinux.org/4G_Installer

第五世代
http://ipodlinux.org/Installer_2

--podzillaとカーネル DL
http://ipodlinux.org/builds/
ダウンロードしたファイルを解凍し、それぞれ「podzilla」「linux.bin」と
リネームする

--iPod Linuインストール
ココからは"iPod mini"を例に進めていきます。
1.インストーラーを解凍し、"iPod Linux Installer Modded"配下に
"linux.bin"を上書きします。

2.iPod miniをPCに接続し(デスクモードで接続)
"ipodlinux-installer.exe"を起動する。

3.インストーラーにしたがってインストール

4."podzilla"ファイルをiPod mini ルート直下にコピー

5.iPod miniルート直下に"start"ファイルを作成
start
----
mv /hp/podzilla /sbin
rm /hp/start
----
単純なテキストファイルで、iPod miniを起動時にpodzillaを
移動します。

6.iPod miniをPCから取り外し、再起動するとpodzillaが起動します。

現状、iPod Linuxの終了の仕方がわかりません、、、

Extras - Game とたどっていくと、テトリスやインベーダーが遊べます。

--iPod Linux
http://ipodlinux.org/Main_Page

--iPod Updater
http://www.apple.com/ipod/download/

←クリック一票

| | Comments (15) | TrackBack (0)

Jul 07, 2006

Google Pack 日本語版

Googoleから、便利なソフトを無料で一括インストールできる
Google Pack 日本語版”を公開した模様。

--Google Pach 日本語版 DL
http://pack.google.com/intl/ja/pack_installer.html?hl=ja&gl=jp

下記のソフトウェアを選択して一度にインストールできます。
なお、Googleアップデータによって更新及び新規ソフトウェアを
入手することも可能です。

・Google デスクトップ
・Picasa
・Internet Explorer 用 Google ツールバー
・Google ツールバー付き Mozilla Firefox
・Norton AntiVirus 2005 Special Edition(6ヶ月期限)
・Adobe Reader 7
・RealPlayer
・GalleryPlayer HD Images

--参考ページ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/06/news089.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 04, 2006

エクセル Index サンプル

関数のひとつである"INDEX"の使用例です。
「Index_test_seet.xls」をダウンロード
Accessの入力フォームに似たものが作れそうです。

=INDEX(配列, 行番号, 列番号)
引数の指定は上記の通り

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 03, 2006

USBメモリ Autorun.inf

UnplugDrive Prtable及びPStart、iconの設定時の
Autorun.infファイルです。

Autorun.inf
----
[AutoRun]
icon=USB FlashMemory ClipDrive Blue.ico
OPEN=PStart.exe
ACTION=PStartを開始
shell=open
shell\UnplugDrive\command=UnplugDrive.exe
shell\UnplugDrive=記憶デバイスの安全な停止
----

USBメモリ、ルート直下に保存します。
USBメモリをPCに挿すと自動的にランチャーソフト、
"PStart"が起動されます。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 01, 2006

USBメモリ ポータブルアプリ

レジストリへの書き込みなど必要なく、持ち運びのできる
アプリケーションをまとめてみました。

--Black Burn (USBメモリを「キー」に設定)
http://idsoft.skr.jp/software/blackburn.html

--TeraPad (テキストエディタ)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/

--XnView (400種類以上の画像に対応)
http://perso.orange.fr/pierre.g/xnview/endownloadwin32.html

--Media Player Classic (動画再生プレイヤー)
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=82303&package_id=84486&release_id=310721

--Foxit Reader (PDF Reader)
http://www.foxitsoftware.com/pdf/rd_intro.php
--Foxit Reader 日本語化パッチ
http://xworks.org/works/japanese/06document.shtml

その他、基本的には英語環境とはなりますが、下記サイトは
ポータブル用のソフトをまとめています。
Firefox及びThundarbird、OpenOfficeは日本語化パッチが
開発されています。

--PortableApps.com
http://portableapps.com/

Portable(以下"P"と略します)があります。
・PFirefox (ブラウザ)
・PThhnderbird (メーラー)
・PGIMP (画像処理)
・PXAMPP (サーバーApache、MySQL、PHP etc...)
・PVLC (動画プレイヤー)
・POpenOffice (オフィスソフト)

--OpenOffice 日本語パック
http://oootranslation.services.openoffice.org/pub/OpenOffice.org/2.0.2rc4/

OOo_2.0.2rc4_060227_Win32Intel_langpack_ja.exe   をDLする。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »