« バックアップ 日付フォルダ | Main | VBA 定期的にデータ取得 »

May 22, 2006

バックアップ USBメモリ

価格も手ごろになってきた”USBメモリ”を使用したバックアップ
システムを作成しました。
USBメモリをUSBポートに挿すだけでMy Documents以下のファイルを
コピーするバッチです。

Backup_USB.bat
----
@echo off

if not exist Backup mkdir Backup

xcopy "%USERPROFILE%\My Documents" Backup /s /e /c /v /h /d /y

exit
----

自動で起動するようにautorun.infも作成します。
autorun.inf
----
[autorun]
open=Backup_USB.bat
----

上記2つのファイルをUSBメモリ直下に作成します。

しかし、挿すだけで自動でBackup_USB.batが起動しません、、、
とりあえずBackup_USB.batをマニュアルで実行させました。

Backup配下に日付フォルダを作成する場合
Backup_USB_d.bat
----
@echo off

if not exist Backup mkdir Backup
cd Backup

if not exist %Date:~0,4%-%Date:~5,2%-%Date:~8,2% mkdir %Date:~0,4%-%Date:~5,2%-%Date:~8,2%
cd %Date:~0,4%-%Date:~5,2%-%Date:~8,2%

xcopy "%USERPROFILE%\My Documents" Backup /s /e /c /v /h /d /y
----

現状、1GのUSBメモリが大体8,000円台で購入可能です。
1つあってもよい外部デバイスなのではないでしょうか。
ただし、会社での使用を考える場合は個人情報保護法に抵触しないか、
また情報漏えいのリスクを考えましょう。

←クリック一票

|

« バックアップ 日付フォルダ | Main | VBA 定期的にデータ取得 »

Script」カテゴリの記事

USBメモリ活用」カテゴリの記事

Comments

たまたまバッチを実行するのが0:00をまたぐとややこしいことになるのとWindows2000でも動作するように、

%Date:~0,4%-%Date:~5,2%-%Date:~8,2%

のところは
set dstr=%date:~-10%
set dstr=%dstr:/=-%
if not exist %dstr% mkdir %dstr%
cd %dstr%
としたほうがいいと思います。

Posted by: じゃく | May 25, 2006 at 22:16

コメントありがとうございます。

ソースも短くなり、あとで確認するのも簡単になりますね。
こちらを使わせていただきたいと思います。
set dstr=%date:~-10%
set dstr=%dstr:/=-%
このような表現方法もあるとは、まったくもって勉強不足でした。

Windows2000の環境は今はありませんので、VMWareで仮想環境を構築し、動作確認をしてみたいと思います。

Posted by: NOFX2 | May 26, 2006 at 07:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/10183393

Listed below are links to weblogs that reference バックアップ USBメモリ:

« バックアップ 日付フォルダ | Main | VBA 定期的にデータ取得 »