« 添付 winmail.dat ファイル | Main | 回復コンソールのインストール »

Mar 01, 2006

robocopy ミラーリング

Windows環境においてファイルのバックアップをコマンドラインベースで
考えた場合、xcopyを使用すると思います。現在のバージョンでは
「/D」オプションをつけることによりコピー元で追加・更新されたファイル
のみコピーできるようになりました。

例)
> xcopy "%UserProfile%\My Documents" e:\bk /s /e /c /v /i /h /d /y

しかし、コピー元でファイルを削除してもコピー先のファイルはそのまま
です。ミラーリングを用いたファイルコピーにはむいていません。

Windows2003Server Resoure Kit(英語版)には"robocopy.exe"という
ミラーリングを実現するコマンドが含まれています。

--Windows Server 2003 Resource Kit Tools (English)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?Family
ID=9d467a69-57ff-4ae7-96ee-b18c4790cffd&DisplayLang=en

上記ページよりResourceKitをダウンロードしインストール。
ディフォルトC:\ProgramFiles\Windows Resorce Kits\Tools内の
"robocopy.exe"はパスの通ったフォルダにコピーする。
例) C:\Windws\system32など

使用方法は
> robocopy <コピー元> <コピー先> <オプション>

--My Documentoをミラーリング・コピーする例
> robocopy "%User Profile%\My Document" \\Server\My Document
/s /v /mir >> log.txt

--月付ごとのフォルダにコピーする例
> mkdir \\Server\%Username%\%Date:~0,4%-%Date:~5,2%
> robocopy "C:\files" \\Server\%Username%\%Date:~0,4%-%Date:~5,2%
/s /v /mir

* %Date:~0,4% date結果の0番目から4文字の文字列を抜き出している

--USBメモリ等を使用したバッチ
usb_back.bat (接続した際Fドライブだった場合)
----
if not exist "F:\Backup" goto END
robocopy "C:\test1" "F:\Backup\test1" /s /v /mir
robocopy "D:\test2" "F:\Backup\test2" /s /v /mir

:END
----


--参考ページ
http://rimesene.co.jp/mesene/tips/contents/zd063.htm


←クリック一票

|

« 添付 winmail.dat ファイル | Main | 回復コンソールのインストール »

コマンド」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68055/8900536

Listed below are links to weblogs that reference robocopy ミラーリング:

» robocopy コマンドについて [PukiWiki/TrackBack 0.1]
created on 2006-4-21 / updated on 2006-4-24 originally written by Mr 宮野 powered by AWN 編集部 ※ Robocopy は Robust File and Folder Copy ユーティリティのことで、ロボットとは関係ありませんが、連想しやすいので。 「robocopy」コマンドとは 「rob... [Read More]

Tracked on Dec 27, 2006 at 14:29

« 添付 winmail.dat ファイル | Main | 回復コンソールのインストール »