« January 2006 | Main | March 2006 »

Feb 28, 2006

添付 winmail.dat ファイル

添付ファイルに"winmail.dat"ファイルが添付されて届きました。
バイナリファイルなのでメモ帳などで開けません。

Googleにて検索したところ
> OUTLOOK 2000 から Microsoft Outlook リッチテキスト形式で送信
> されてきたものには WINMAIL.DATがつきます。
とのこと
http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?uid=lsj1cf7eada8ad5c1979492570370008a355

何か翻訳できるソフトウェアがないか調べたところありました。

--Winmail Opener
http://www.eolsoft.com/freeware/winmail_opener/

このソフトをインストールし、使用してみたところ無事にファイルを見ることが
できました。
Outlookの標準送信形式が”テキスト形式”になっていれば問題ないと
思うのですが、、、


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 25, 2006

自作PC HDDモバイルラック

PCケースを開けずに内臓SATA HDDを交換できるよう
HDDモバイルラックを購入。OWL-BF90SA(B)
ラトックシステムと迷ったなのですが、見た目がシンプルな
owltech製のラックを購入。

--OWL-BF90SA(B) Owltech
http://www.owltech.co.jp/products/mobile/BF90SA/BF90SA.html

--主なスペック
インターフェイス:シリアルATA
対応ドライブ:3.5" SATA HDD
3.5" SATA II 1.5Gbps HDD
3.5" SATA II 3.0Gbps HDD
フレーム材質:アルミ
カートリッジ材質:アルミ
ファン:リアに4cm角 x 1
サイズ:149(W) x 208(D) x 41.6(H)mm
重量:730g (本体のみ)
接続形態:5インチベイ 内蔵
対応OS:Windows XP, 2000, Me, 98SE、Linux
特記:SATA II 3Gbps HDD ホットプラグ対応
サスペンションプレート搭載 (衝撃対策)
衝撃吸収&滑り止めラバー付
エレクトリックキーロック機構採用
フロントシャッター
----

秋葉原 Tsukumo税込み\5,280で購入。材質がプラスチックだと\1,000
以上安く購入できるのですが、熱効率、搭載するHDDの寿命を考え、
アルミ材質を選択しました。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Google Maps API

Googleの地図サービスを知っていますか?
--Google ローカル
http://local.google.co.jp/local
インターネット上で地図が無料で検索できます。さらに、今流行のAjaxの技術を
使用していますので画面の切り替わりが非常に早いです。
たしか、変更部分だけを再読み込みしているからだったと思います。

このサービスを自分のサイトで利用できるとあるので、
さらに驚き。今更なのですが。
サービス名は"Google Maps API"
利用するにはGoogle Maps API keyを取得する必要があります。
下記URLより、"Sign up for a Google Maps API key"をクリック
--Google Maps API
http://www.google.com/apis/maps/

"I have read and agree with the API terms and conditions "にチェックを入れ
"My Web Site URL:"に公開したいホームページのアドレスを入力
"Generate API Key"ボタンをクリックすると取得できます。

すると
"Thank you for signing up for a Google Maps API key. Your key is:"
ABQIAAAAz6OfpLOgc54s7zLnhrFxTxR82wTHeOS0FHO1aaSqexWJlCyZVxRWymV9Y3lB...
このkeyが重要ですのできちんと保管しましょう。

プログラミングの得意な方はJavascriptもしくはFlashを駆使してカッコ良いページを
作成できると思います。
ですが、不得意な方でも下記のソフトを使用することによって自分の
Google Mapsのページを簡単に作成することができます。
作者の方に感謝です。

--GoogleMapsEditor
http://hsj.jp/gme/

参考図書として
---Googleマップ+Ajaxで自分の地図を作る本 Google Maps API徹底活用
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797332875/qid=1140848454/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-5930109-1991567

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 21, 2006

デスクトップ 参照先変更

デスクトップの参照先はレジストリで変更することができます。

レジストリエディタを起動し

キー:HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\
User Shell Folders\
キー名:DeskTop
種類:文字列
値:%USERPROFILE%\デスクトップ (ディフォルト値)

この値を任意のフォルダに指定する。

上記"User Shell Folders"にはその他、FavoritesやMy Picturesの参照先も
指定できる。


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 20, 2006

お気に入り Favoritesのバックアップ

"マイドキュメント"のバックアップは行っても、意外と
忘れがちなのが"お気に入り"のバックアップ。
意識せずに別のドライブにコピーするよう、下記のバッチを
ログイン、ログオフ時に実行するとそこそこバックアップに
なるのではないでしょうか。
このバッチを書くにあたり不思議だったのは、エクスプローラーで
表示されるフォルダ名は”お気に入り”なのにパスに表示される
フォルダ名は”Facorites”。ふ・し・ぎ

favo_back.bat
----
if not exist Favorites mkdir Favorites

xcopy "%USERPROFILE%\Favorites" H:\Favorites /s /e /c /h /d /i /y
----

/s サブディレクトリをコピー
/e サブディレクトリが空であってもコピー
/c エラーが発生してもコピーを続ける
/h 隠し・システムファイルもコピー
/d 送信側の日付が新しいものだけコピー
/i 受信側をディレクトリとしてコピー
/y 上書き確認を無視する
*Hドライブにコピーしています


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 19, 2006

SATA => IDE 変換ボード

OSが起動しなくなったSATAハードディスクから
一部のデータを書き出す必要がでました。
しかし、自宅のPC環境ではSATA対応インターフェースが
ありません。(KNOPPIXを使用するのも一つの方法かも)
SATAの拡張カード(PCIもしくはPCI-Express)も
考えましたが、次期自作PCにて対応予定なのでもう少し
汎用性のあるデバイスを考え、見つけたのが

--SATAD-IDE 玄人志向
http://host.kuroutoshikou.com/products/henkan/satad-ide.html

秋葉原ソフマップにて税抜き\2,289でした。
このデバイスを使用するとSATAハードディスクをIDE
インターフェースに変換することができます。
ハードディスクの規格がIDEからSATAに移行が進んでいる現在、
過渡的な製品に思えます。


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2006

秋葉原 PC関連中古ショップ

中古ショップでは思わぬ掘り出し物を見つけたり、安くPCを
組み立てられたり、また、いらなくなったパーツを売却する
こともできます。
秋葉原の主なPC関連中古ショップの一覧です。

--ツクモDOS/Vパソコン館
http://shop.tsukumo.co.jp/

--ソフマップ
http://www.sofmap.com/

--じゃんぱら秋葉原
http://janpara.co.jp/

--あぷあぷ秋葉原店

http://www.applied-net.co.jp/

--じゃんじゃん亭
http://j.faith-go.co.jp/

--おっと
http://www.ottonet.co.jp/

PC資源を有効利用しましょう!!

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パスワード 表示

ツールを使って、メールなど設定されているパスワードを
表示させる。

--NirSoft
http://www.nirsoft.net/

"Protected Storage PassView"
http://www.nirsoft.net/utils/pspv.html
http://www.nirsoft.net/utils/pspv_japanese.zip 日本語ランゲージファイル
OutlookやMessengerなどマイクロソフト関連のツールのパスワードを
表示させます。
それとIEに記憶させているWebサイトの自動ログインパスワードも
出てきます

"Asterisk Logger"
http://www.nirsoft.net/utils/astlog.html
http://www.nirsoft.net/utils/astlog_japanese.zip 日本語ランゲージファイル
Asterisk Loggerを起動したまま、パスワードを設定する画面を開くと、
Asterisk Loggerにその画面で設定されているパスワードが自動的に
記録されていきます。

設定したパスワードを忘れてしまった際、PCの交換時に
このようなツールを使用しましょう。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/netool05/asterisklogger01.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 17, 2006

パスワード クラック John the Ripper

John the Ripperはパスワードを復元するツールです。
パスワードは基本的に暗号化され保存されますが、このツールは
パスワード文字列を解析して、元のパスワードを見つけることが
できます。
ユーザーの設定されたパスワード強度が弱くないかの
チェックができます。
* くれぐれも悪用するのは禁止です

--John the Ripper
http://www.openwall.com/john/
現状最新版は1.7となります。


## クラック元となるパスワードファイルの準備
Linuxのパスワードクラックを例にすると
/etc/passwd 及び /etc/shadowファイルを
・ftp、scp、samba経由でファイルコピー
・telnet、sshにてcatで表示させ文字列をコピー

## 2つのファイルを結合する
コマンドプロンプトより
c:\> cd john-17\run
c:\john-17\run> unshadow.exe passwd shadow > passfile

## パスワード解析
John the Ripperは多く分けて3つのパスワード解析モードがあります。

1.シングルモード
ノンパス、ユーザー名=パスワードなど、簡単なパスワード解析
C:\john-17\run>john-mmx --single passfile

2.辞書クラックモード
辞書ファイルを使って、よくある英単語やキャラクター名
などをパスワードにしている場合、見つけられる。
C:\john-17\run>john-mmx --wordlist=password.lst --rules passfile

3.インクリメンタルクラックモード
総当たり解析。a,aa,ab,ac,ad....
ブルートフォースアタック
C:\john-17\run>john-mmx --incremental=ALL passfile

*解析を途中で止めたい場合
(Ctrl) + C で中断可能
*再開は
C:\john-17\run>john-mmx --restore

2.辞書を使った解析にて解析できなければ、そこそこのパスワード
強度なのではないでしょうか。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/netool06/ripper01.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2006

リモート・デスクトップの接続時間を制限する

リモートデスクトップは非常に便利です。しかし、
リモートから手軽に接続できる分、セキュリティには注意が
必要です。

リモートデスクトップに関する制限をかける
グループポリシーを変更したいと思います。

グループポリシーエディタを起動し、(gpedit.msc)
*ドメイン全体で設定を変更する場合は、
Active Directoryのグループ・ポリシーを編集
[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-
[ターミナル サービス]-[セッション]

*[ユーザーの構成]下にもある

"セッションの最大接続可能時間" 等を設定する。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/709rdptimeout/rdptimeout.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 10, 2006

シンクライアント Xtenda X300

ELSAより、PCIバスを使ったシンクライアント端末を発売!!

--ELSA Xteda X300
http://www.elsa-jp.co.jp/product/08term/xtenda300/index.html

これを購入することによって3台のシンクライアントが接続できます。
ひとつ残念なのが最大解像度がXGA(1024x768)なことでしょうか。
仕方ないといえばそれまでですが、、、

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無料 VMware Server

VMware playerに続き、VMware Serverが無料でダウンロード
可能に!!

--VMware Download
http://www.vmware.com/download/

簡単なユーザー登録をすればダウンロード可能になります。

2006年今年は、ますます仮想化技術が進歩する年と
なるでしょう。
Linux系のXenしかり、インテルのVT技術 etc

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自作PC パソコンケース SF-46

ケースですが、
・見た目重視
・できれば静音設計
・拡張性 ”大”
を満たしてくれるものを探した結果、限りなく理想に近い
ケースを見つけました。
サイズ社の”SF-467(ブラック)”です。
http://www.scythe.co.jp/case/sf467.html

--スペック
★サイズ :奥行505x 幅200 x 高430 mm
☆5インチベイ:4本
★3.5インチベイ:2本/シャドウベイ5本

# 搭載電源
★静音14cmファン450W電源
ソケット775用24ピン接続&20ピン接続両対応
ATX12Vバージョン2.01準拠(+12V2系統)
S-ATA、PCI-EXPRESS 6ピンコネクタ

# 搭載ファン
☆フロント→14cm×1個搭載
★リア  →12cm×1個搭載
☆サイドパネル→14cm×1個搭載

# サイドパネル
★CAG1.1(38℃シャーシ)準拠サイドパネル
☆14cmファン+14cm径巨大パッシブダクト搭載
----

サイドパネルがアクリル、前、横のファンが14cm(静音)
拡張性十分。迷わず購入してしまいました。
やはりネット通販シグナルにて\12,500で購入!!
送料は無視しましょう。
http://www.signal-pc.com/


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 08, 2006

自作PC アナログメーター

今回、”見て楽しいPC”をコンセプトに
5インチベイ内蔵アナログメーターCoolerMaster”Musketeer3”の
ブラックゼベルを購入。
真空管内蔵+音圧メーターandスライダーという構成。
渋い!!オレンジ色のバックライトが心を癒してくれます。
たぶん、、、

--CoolerMaster Musketeer3
http://www.coolermaster.co.jp/item/musketeer3.htm

シグナルお正月特化にて\3,980で購入。
この際、送料は無視しましょう。
http://www.signal-pc.com/

--スペック(英語ですが)
Dimensions:149x43x75.5mm (L x W x H)
Right dial display:Sound pressure meter
Lift window:Vacuum tube compartment
Sound Pressure:-20 to +3dB (up to the input level of the sound card)
Line in level:Depend on line-out output level
Typical total harmonic distortion:0.3% (typical)
SNR :>80dB
Impedance:600 Ohms
Power source:Peripheral connecter of PC power supply
Weight:220g


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 05, 2006

DVD リッピング シュリンク

2005年、DVDバックアップ関連ソフトといえばDVD Decrypter
DVD Dhrinkこの2つのソフトがスタンダードでした。
しかし、DVD Decrypterは2005年6月に開発が終了しました。
最近のトレンドソフトとして下記2つです。

--DVDFab Decrypter Free edition
http://www.dvdidle.com/en/free.htm
DVDリッピング VIDEO_TSフォルダを作成

--ShrinkTo5
http://www.shrinkto5.com/
リッピングしたVIDEO_TSをシュリンク(圧縮)

それぞれ言語選択で”日本語”を選択可能です。

DVDをisoファイル(イメージファイル)で管理する場合は、
下記のソフトが使えます。

--DAEMON Tools
http://www.daemon-tools.cc
イメージファイルをサポートする仮想ドライブソフト

--ImgTool Classic

http://www.coujo.de/
フォルダのイメージ化ソフト


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2006

WSUSサーバーでクライアントが表示されない

Windows Server Update Services(WSUS)は
マイクロソフトが無償提供しているソフトウェアで、
これによりネットワーク内部のコンピュータに対する
修正プログラム(パッチ)管理を集中的に行えるようになります。

--Windows Server Update Services
http://www.microsoft.com/japan/windowsserversystem/updateservices/default.mspx

各クライアントPCをHDDのディスクコピーもしくはディスクイメージのコピーより
作成した場合、WSUSが管理用として使用するレジストリ値に
同じクライアントIDが使用され、各クライアントを正しく識別(区別)できなくなります。
すると、WSUS上でクライアントが表示されない現象が起きるそうです。

--解決法
1.下記のWSUSサーバがWSUSクライアント管理用として使用するレジストリ値を
削除する。(3つのキー)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
WindowsUpdate

   AccountDomainSid
   PingID
   SusClientId

2.再起動

*レジストリの編集はシステムに重大な障害を及ぼす可能性があるので
慎重に行いましょう。

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/707wsussid/wsussid.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2006

財務計算 PPMT(ピーペイメント)

エクセルにて
返済金額の元金分を計算するためにPPMT関数を使います。

=PPMT(利率,期,期間,現在価値,将来価値,支払い期日)

「利率」が固定で、「期間」で示された回数だけ定額を支払うケースで、
「現在価値」を借りて最終的に「将来価値」の金額になる、「期」
回数目の返済金額のうちの「元金分」の金額を計算する。

例えば
金利:3.6%
返済期間:35年
借入金:3,000万円
期:12回目

=PPMT(0.036/12,12,35*12,30000000)

PMTとPPMT関数を組み合わせると返済金額の
割合(元金返済分:金利分)をグラフ化することができます。

サンプルのワークシートをアップします。
「Zaimu.xls」をダウンロード
青枠のセルの値を入力すると計算されます。

--参考図書
日経PC21 2006年2月号

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »