« November 2005 | Main | January 2006 »

Dec 27, 2005

Visual Studio 2005 Express

雑誌を読んで知ったのですが、SQLServer2005 Expressだけでなく、
VisualStudio2005 ExpressまでMSは無料で配布
していることを知りました。

--Visual Studio 2005 Express
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

MSにもオープンソース化の風潮が見え始めてきました。

各言語ごとにリリースされているようです。

--Visual Web Developer 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/vwd/
学習、ホビーに最適な Web サイト作成ツール

--Visual Basic 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/vbasic/
世界で最も親しまれている Visual Basic 言語

--Visual C# 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/vcsharp/
最先端の言語機能を搭載する C# 2.0

--Visual C++ 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/visualc/
強力な C++ プログラミング ツール

--Visual J# 2005 Express Edition
http://msdn.microsoft.com/vstudio/express/visualj/default.aspx
Java 言語をベースとしたツール(英語版)

IIS(MS Web Server)、SQLServer2005 Express(データベース)、
VisualStudio2005 Express(開発環境)を駆使すれば、無料で
かなりのWebアプリケーション開発ができるのではないでしょうか。
時代はApache、MySQL、PHP、JSPの組み合わせからシフトしていく
のでしょうか、、、


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 25, 2005

VMware tool old...

下記サイトより、VMware toolがダウンロードできます。
古いVersionのせいか、ゲストOS、Windows98及び
Windows2000にインストールしてもグラフィックカードのドライバーは
更新できませんでした。
最新版のVMware toolの配布はされないでしょうか。

Old VMware tool
http://nerve.nov.net/pub/drivers/vmware/windows-floppy/

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VMware Player for Windows (5)

qemu-img.exeで作成されるハードディスクイメージを
VMware4対応からVMware5対応に変更する。

バイナリエディタを使用し、.vmdkファイルを開く。
ddb.virtualHWVersion = "3"」の"3"を"4"に変更する。
Hexadecimal表示だと"33" -> "34"

--Bz (バイナリエディタ)
http://www.zob.ne.jp/~c.mos/soft/bz.html

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 24, 2005

VMware Player for Windows (4)

VMwareにて設定ファイル?にあたる.vmxファイルにおいて
指定するGestu OSの一覧です。
"Darwin"というOSを聞いたことがなかったのですがぐぐってみると
どうやらMaxOSのオープンソース版のようです。
友達経由でDownLoadを頼んでいるのですが、、、

Guest OS list
==============
OS:設定値
-------------------------------------------
Darwin: darwin
FreeBSD: freeBSD
Solaris 9: solaris9
Solaris 10: solaris10
Red Hat Linux: redhat
Suse Linux: suse
Turbo Linux: turbolinux
Linux: linux
2.4カーネルベースLinux: other24xlinux
2.6カーネルベースLinux: other26xlinux
その他のLinux: otherlinux
DOS: dos
Windows 3.1: win31
Windows 95: win95
Windows 98: win98
Windows Me: winMe
Windows NT: winNT
Windows 2000: win2000Pro
Windows XP Home Edition: winXPHome
Windows XP Professional: winXPPro
Windows Vista: winVista
その他のOS: other

--参考図書
PC Japna 2005 12月号

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 23, 2005

VMware Player for Windows (3)

VMware PlayerよりWindows98を起動することができるように
なったのですが、グラフィック周りが640×480 16色(4biカラー?)です。
グラフィックドライバーをインストールするため

C:\Program Files\Common Files\VMware\
VMware Virtual Machine Importer\vmware_drivers.cab

cabファイル内の
vmx_svga.sys
vmx_fb.dll
vmx_mode.dll
vmx_svga.inf

上記4ファイルをフロッピーもしくはUSBメモリ等に保存し、ゲストOS上で
ドライバの更新を行えばO.Kとのこと。

しかし、Windows98では"VMware SVGAⅡ"と認識してくれません。
ゲストOSがWindowsXPならコレで解決するようです。
どうやらこの問題を解決するには"VMware Tools"が必要になりそうです。

--VMware Workstation
http://www.vmware.com/download/ws/
評価版をダウンロードして試してみる予定です。
ゲストOSを起動後、メニュー"VM" - "VMware Toolsインストール"を選択。

--参考図書
PC Japan 2005 12月号

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 21, 2005

VMware Player for Windows (2)

VMware Playerで動作する"Windows98"のイメージを作ってみました。
まず、無料でVMware用空イメージファイルを作成することができる、
"QEMU"をダウンロードします。
--QEMU for Windows Japanese
http://www.h7.dion.ne.jp/~qemu-win/index-ja.html
現状最新版はqemu-0.7.2-windows.zipでした。

--空イメージファイルvmdkを作成
D:\VMware\Win98 というディレクトリを作成し、
解凍したQEMUよりqemu-img.exeをコピーします。
コマンドプロンプトを起動し、
> d:
> cd VMware\Win98
> qemu-img.exe create -f vmdk Win98.vmdk 5G
(Win98.vmdkファイルを5Gバイトで作成します)
プロンプトが2つ開きますが気にせずOKを選択

--VMware用 設定ファイルを作成
d:\VMware\Win98\Win98.vmx
をメモ帳などで下記の内容で作成する。

Win98.vmx
----
config.version = "8"
virtualHW.version = "3"

# メモリーサイズ
memsize = "512"

# IDE設定
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "win98.vmdk"

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"

floppy0.fileName = "A:"

# 各デバイス設定
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "nat"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"

# Window表示名及びOS
displayName = "Windows98"
guestOS = "win98"
----

d:\VMware\Win98\Win98.vmxを起動すると
VMwareが起動するので”F2”を押してBIOSの設定をします。
CDブート可能にしてCD-ROMドライブにWin98のCDを入れて
OSのインストールを行います。

--参考ページ
http://blog.yasaka.com/archives/2005/10/vmware_playervi.html
http://yamashita.dyndns.org/blog/343

--参考図書
PC Japan 2006 JNUARY号

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 20, 2005

VMware Player for Windows (1)

仮想化技術であるVMwareから、イメージの再生のみに
対応した”VMware Player”がリリースされました。
仮想化技術にはその他、Microsoft Virtual PCがあります。
http://www.microsoft.com/japan/windows/virtualpc/default.mspx

--VMware Player Download
http://www.vmware.com/download/player/
現最新版:Version: 1.0.0 | 12/12/2005 | Build 18587

使用方法は上記サイトよりダウンロードしたファイル
"VMware-player-1.0.0-18587.exe"を起動して
VMware Playerのインストール。
注意点としては、
"Do you want to disabele autorun now?"
のチェックを外すこと。

手軽に仮想化を試すには"Browser Appliance"を試してみます。
--Browser Appliance Virtual Machine
http://www.vmware.com/vmtn/vm/browserapp.html
上記よりダウンロードしたファイルを解凍し、中にある
"Browser-Appliance.vmx"をダブルクリックすると起動します。
LinuxベースのOSでFireFoxが使用できます。

Browser-Appliance.vmx
----
config.version = "8"
virtualHW.version = "4"

displayName = "Browser-Appliance-1.0.0"
annotation = "Browser Appliance, v1.0.0 -- http://www.vmtn.net/vm/browserapp.html"

guestinfo.vmware.product.long = "Browser Appliance"
guestinfo.vmware.product.url = "http://www.vmtn.net/vm/browserapp.html"
guestinfo.vmware.product.short = "BAVM"
guestinfo.vmware.product.version.major = "1"
guestinfo.vmware.product.version.minor = "0"
guestinfo.vmware.product.version.revision = "0"
guestinfo.vmware.product.version.type = "release"
guestinfo.vmware.product.class = "virtual machine"
guestinfo.vmware.product.build = "1.0.0rc8-20051212"

uuid.action = "create"

guestOS = "ubuntu"
# guestOS = "other26xlinux"
#
# Switch these two for VMware Workstation 5.0.x only.

nvram = "Browser-Appliance.nvram"

#####
# Memory
#####

memsize = "256"
# memsize = "512"
# memsize = "768"
#
# Alternative larger memory allocations

#####
# USB
#####

usb.present = "TRUE"

#####
# Floppy
#####

floppy0.present = "FALSE"

#####
# IDE Storage
#####

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "ubuntu-5.10-install-i386.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
ide1:0.startConnected = "FALSE"
ide1:0.autodetect = "TRUE"

#####
# SCSI Storage
#####

scsi0.present = "TRUE"
scsi0.virtualDev = "lsilogic"
scsi0:0.present = "TRUE"
scsi0:0.fileName = "Browser-Appliance.vmdk"
scsi0:0.redo = ""

#####
# Network
#####

ethernet0.present = "TRUE"

ethernet0.connectionType = "nat"
# ethernet0.connectionType = "bridged"
#
# Switch these two to enable "Bridged" vs. "NAT"

#
# (vlance) vmxnet
ethernet0.virtualDev = "vmxnet"

ethernet0.addressType = "generated"
ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:8a:ac:33"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"

#####
# Sound
#####

sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"
sound.autoDetect = "TRUE"
sound.fileName = "-1"

#####
# Misc.
#####

checkpoint.vmState = ""

#
# (normal)  high
priority.grabbed = "high"

tools.syncTime = "TRUE"

workingDir = "."

#
# (16)  32  64
sched.mem.pShare.checkRate = "32"

#
# (32)  64  128
sched.mem.pshare.scanRate = "64"

#
# Higher resolution lockout, adjust values to exceed 1024x768
svga.maxWidth = "1024"
svga.maxHeight = "768"

#
# (F) T
isolation.tools.dnd.disable = "FALSE"

#
# (F) T
isolation.tools.hgfs.disable = "FALSE"

#
# (F) T
isolation.tools.copy.disable = "FALSE"

#
# (F) T
isolation.tools.paste.disable = "FALSE"

#
# (T) F
logging = "TRUE"

#
# (NULL)
log.fileName = "Browser-Appliance.log"

#
# (F) T
log.append = "FALSE"

#
# (3) number of older files kept
log.keepOld = "1"

#
# (0) microseconds
keyboard.typematicMinDelay = 1000000

uuid.location = "56 4d e4 94 7c a9 11 7a-0a cd e7 55 8a 8a ac 33"
uuid.bios = "56 4d e4 94 7c a9 11 7a-0a cd e7 55 8a 8a ac 33"

usb.autoConnect.device0 = ""

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 17, 2005

SQL Server 2005

いよいよMicrosoftの最新データベースサーバー”SQL Server 2005”日本語版が
12月15日より公開開始されました。
今回、4つのエディション用意されています。
-------
Express:個人レベルの使用を想定した無償版
Workgroup:小規模システム向け
Standard:中~大規模システム向け
Enterprise:大規模ミッション・クリティカル・システム向け
-------

詳細は
--SQL Server 2005 エディション別機能比較表
http://www.microsoft.com/japan/sql/prodinfo/features/compare-features.mspx
を参照のほど


今回注目すべきエディションは”Express版”です。今まで無償で提供されていた
MSDE”に比べ機能が向上しています。
・データベース最大容量2GB -> 4GB
・管理ツール(Management Studio Express Manager)の提供
データはSQM2005Expressに保存し、Accessでユーザーインターフェースを
作るのが面白いのではないでしょうか。

下記、インストール時に”.NetFramework2.0”及び”Windows Installer 3.0”が
必要となります。

--SQL Server 2005 Express Edition Home
http://www.microsoft.com/japan/sql/editions/express/default.mspx

--Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Download
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=220549b5-0b07-4448-8848-dcc397514b41&DisplayLang=ja

--.NetFramework2.0
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=0856eacb-4362-4b0d-8edd-aab15c5e04f5&displaylang=en

--Windows Installer 3.0
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=5fbc5470-b259-4733-a914-a956122e08e8


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sql2005ov01/sql2005ov01_01.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 16, 2005

無料動画配信サイト

ブロードバンド化がすすむ今日、無料で動画を見れてしまう
サイトが数多く存在します。

--Gyao
http://www.gyao.jp/

--フレッツ・スクウェア
http://flets-square-guide.com/

--BIGLOBEストリーム
http://broadband.biglobe.ne.jp/

--So-net Streaming
http://www.so-net.ne.jp/streaming/

--OCN Broadband Media
http://broadband.ocn.ne.jp/

--gooブロードバンドナビ
http://bb.goo.ne.jp/

低価格で豪華コンテンツ
--ShowTime
http://www.showtime.jp/

ナローバンド(ダイヤルアップ)時代であった4、5年前では想像が
つかない正解となりました。

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 14, 2005

Google ツール

今、非常に勢いを感じるポータルサイトGoogleより、
便利なツール及びサービスを紹介します。

--Googleツールバー for FireFox
http://toolbar.google.com/firefox/T3/intl/ja/index.html
FireFox検索機能その他が追加され便利になります。

--Googleデスクトップ検索
http://desktop.google.co.jp/ja/
PC内のファイルの全文検索ができます。

--Picasa
http://picasa.google.co.jp/
画像一覧表示、スライドショー等、多機能なソフト

--マップ
http://maps.google.co.jp/
無料です。いろいろな地図を見ているだけで楽しいです。

近い将来、Googleのような強力な検索機能とCitrix等の
エミュレーション機能があれば、打倒MSも可能なのではないでしょうか。
(Windowsクライアントに関しては)
個人的な大予想ですが、GoogleとCitrixは今後さらに伸びてくると思います。

--Google
http://www.google.co.jp/

--CITRIX
http://www.citrix.co.jp/

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 12, 2005

Auto FTP put for Linux

LinuxにおいてFTPを自動で走らせるスクリプトです。
これを応用すればファイルのバックアップにも使えそうです。

# vi /usr/bin/ftp_put.sh
----
## ftp script put
ftp -i -v -n ftp.hogeserver.com << END
user hoge hogehoge
cd mrtg/local
lcd local
ascii
mput *.html
cd images
lcd images
binary
mput *.png

cd ../../kuro
lcd ../../kuro
ascii
mput *.html
cd images
lcd images
binary
mput *.png

quit
END
----
ID:hoge
Passwd:hogehoge

--自動実行させるためにcronに登録します。
下記は3時間おきにアップデートするスケジュールです。
# vi /etc/crontab
----
0 9 * * * root /usr/bin/ftp_put.sh
0 12 * * * root /usr/bin/ftp_put.sh
0 15 * * * root /usr/bin/ftp_put.sh
0 18 * * * root /usr/bin/ftp_put.sh
0 21 * * * root /usr/bin/ftp_put.sh
----


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 11, 2005

光学ドライブの再認識

WindowsXPでCD/DVD書き込みソフトのようなCD/DVD関連ソフトを
削除すると光ドライブが認識されなくなることがあります。

--対処法、レジストリエディタを起動し
[スタート] - [ファイル名を指定して実行] - "regedit"

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentContloSet\Control\Class
{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}

キー名:LowerFilters, UpperFilters

上記2つのキーを削除し再起動する。


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 10, 2005

外付けHDDのチェックディスク

外付けHDDのチェックディスクはコマンドプロンプトより
> chkdsk e: /x /r

e: 任意のドライブ名
/x 必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウント解除
/r 不良セクタを見つけ、読み取り可能な情報を回復する


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自動ログオン Windows2000・XP

[ファイル名を指定して実行]より
"control userpasswords2"

ユーザータブにおいて
"ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要"
のチェックを外す。

次回のパソコンの起動時には自動でログオンされるようになる。

本当の意味でのパーソナルコンピュータでない場合はお勧めしません。


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2005

パスワード リセット ディスク for WindowsXP

WindowsXPにおいて、非常時用パスワード リセット ディスクの
作成方法です。

--パスワード リセット ディスクの作成方法

1."Ctrl" キーと"Alt"キーを押しながら、"Del"キーを押す
2.[パスワードの変更] をクリック
3.[バックアップ] をクリック
ウィザードにしたがってフロッピーディスクに書き込む


--パスワード リセット ディスクの使用方法

1.ログイン画面において
"Ctrl" キーと"Alt"キーを押しながら、"Del"キーを押す
2.[パスワード] ボックスに、間違ったパスワードを入力し、[OK] をクリック
3.[ログオン失敗] ダイアログ ボックスの [リセット] をクリック
パスワードのリセット ウィザードが起動します。
パスワード リセット ディスクをドライブ A に挿入してリセットします。


--注意
・パスワード リセット ディスクを使用して、他のコンピュータのパスワードを
リセットすることはできません。
・パスワード リセット ディスクを使用して、ドメイン アカウントのパスワードを
リセットすることはできません。
・パスワード リセット ディスクには機密情報が含まれています。


--参考ページ
http://support.microsoft.com/kb/306214/


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 04, 2005

FireFox1.5 for Linux

VineLinux3.2にFireFox1.5をインストールしました。

DL site: http://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/1.5/linux-i686/ja/
上記サイトより”firefox-1.5.tar.gz”をダウンロード

# cp .firefox-1.5.tar.gz /usr/lib
# cd /usr/lib
# tar -zxvf firefox-1.5.tar.gz

すると/usr/lib/Firefoxというフォルダに展開され、
/usr/lib/Firefox/firefox が実行ファイルとなります。
インストーラーがなくなったのでちょっと寂しいような、、、


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 03, 2005

「プログラムの追加と削除」非表示

「プログラムの追加と削除」を非表示にするレジストです。

キー:HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\dont't load
種類:文字列値
値の名前:appwiz.cpl
キーの値:no

ただし、条件として”フォルダオプション”の表示形式を
従来のWindowsフォルダを使う”に変更しないと
動作はしない。

この設定は、ユーザーにプログラムの追加や削除をさせなくする設定です。
マンガ喫茶など不特定多数の人が使うPCに設定すると効果的かと
思われます。


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2005

FireFox1.5

約1年ぶりにFireFoxのメジャーアップデートが行われました。
--FireFox1.5
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

新機能としては、
・アップデートの自動化
・ブラウザナビゲーションの高速化
・ドラッグ&ドロップでのタブの順序入れ換え
等など追加されています。


--参考ページ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0511/30/news017.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Windows2000 HDD 137GBの壁

Windows2000において137GB 以上のHDDを使用するには、

1.BIOSがLBA48ビットに対応している
あまりにも古いマザーボードですとアウトです。

2.Windows2000 SP2以降であること

上記の条件をクリアしていれば、レジストリの追記で認識するはずです。
[スタート]-[ファイル名を指定して実行] "regedit"
---
キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\atapi\Parameters
種類:DWORD値
キー名:EnableBigLba
値:1

再起動後、[マイコンピュータ]右クリック - [管理]
[デスクの管理]
で確認する。

--参考:HDDメーカ提供ツール
IBM: http://www.storage.ibm.com/hdd/support/download.htm
Western Digital: http://support.wdc.com/download/
Maxtor:http://www.maxtor.com/en/support/downloads/index.htm
Quantum: http://quantum.treehousei.com/dlt/dltlogindl.asp
Seagate: http://www.seagate.com/support/disc/drivers/

--参考ページ
http://we.magma.jp/~reitan/bigdrive.htm

←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »