« October 2005 | Main | December 2005 »

Nov 30, 2005

Outlook Expressバックアップ

OutlookExpressのバックアップに関する情報です。

--メール・アカウント情報バックアップ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/249bmaccount/bmaccount.html

--メール本文及びルールのバックアップ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/240oemrbkup/oemrbkup.html

--アドレス帳のバックアップ
アドレス帳を開き [ファイル] - [エクスポート]
新PCにて [ファイル] - [インポート]で良いはずです。


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 29, 2005

20Q  ソレハ イキモノ?

今、日本でブームの兆し?の携帯端末 "20Q"。
すでにアメリカでは2003年の発売以来200万個の
販売実績があるようです。

--20Q
http://www.asovision.com/20q/

これは、20数個の質問に答えるとユーザーが思い浮かべている
ものを答えるというもの。
日本ではブログ、2ちゃんねると通して多数のテストデータ取得が
できたようなので、正解率は実に7割強とのこと。
"へぇ~ボタン"を2個所有している私としては欲しい限りです。
その他、"ファービー2"や"黒ひゲイ危機一髪"等も欲しいです。

--ITmediaニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/25/news038.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 27, 2005

FTP 自動化 for Linux

Linuxにおいて、自動でFTPをし、access_logファイルをGetする
スクリプトを作成しました。

# vi ftp_get.sh
----
#!/bin/sh

## log setting
LOGDIR=/var/log
LOG=$LOGDIR/ftp_get.log

## ftp script
ftp -i -v -n FTP_server_name << END
user User_name Password
cd /accesslog/
ascii
mget *.log
quit
END

## log writting
echo `date` get complete >>$LOG
----

# chmod 711 ftp_get.sh

--実行
# ./ftp_get.sh


--参考ページ
http://sonic64.com/2003-12-01.html
http://www.linux.or.jp/JM/html/netkit/man1/ftp.1.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 26, 2005

ブラウザよりFTP

ブラウザよりftp://xxx.co.jpでFTPサイトへアクセスできますが、
ディフォルト"anonymous"ユーザーにて接続されます。
ユーザー名及びパスワードを指定してアクセスするには
下記の書式のように指定する。

ftp://User name:Password@FTPserver/

例)
FTP server: ftp.hogeserver.com
User name: hogehoge
Password: dec2005

ftp://dec2005:hogehoge@ftp.hogeserver.com


--参考サイト
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/641ftpacc/ftpacc.html


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 24, 2005

uimのキーバインド変更(Anthy関連)

uimのキーバインドの変更はホームディレクトリに
".uim"ファイルに設定する

vi ~/.uim
----
(define-key generic-on-key? '("zenkaku-hankaku" "kanji" ))
(define-key generic-off-key? '("zenkaku-hankaku" "kanji" ))
(define-key anthy-next-segment-key? '("down"))
(define-key anthy-prev-segment-key? '("up"))
(define-key anthy-extend-segment-key? '("right"))
(define-key anthy-shrink-segment-key? '("left"))


←クリック一票

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 23, 2005

日本語入力システムAnthy

VineLinuxにおける標準の日本語入力システムはCannnaが設定されています。
しかし、変換精度はWindowsのIMEになれているせいか、いまいちの
ような感があります。
そこで変換精度に定評のある”Anthy”をインストールしました。
ウィンドウシステムに依存しない文字入力用のライブラリを提供する
”uim”もインストールします。

--インストール
# apt-get update
# apt-get install uim uim-xim anthy anthy-el

--日本語入力システムの変更
$ setime anthy
上記実行後、再ログオンする。

--単語登録
$ anthy-dic-tool --dump > ~/.anthy/praivate-dic.src

--GUIで単語登録ツール”sumika”
# apt-get install sumika

実行方法
$ sumika

辞書ファイルが作成されたら(sumikaよりエクスポートする)
Anthyに読み込む
$ cat ~/anthy/praivate-dic.src | anthy-dic-tool --load

--Anthyカスタマイズ
http://anthy.sourceforge.jp/cgi-bin/hiki/hiki.cgi


--Linux用 フリー日本語入力システム
Canna
http://canna.sourceforge.jp/

FreeWnn
http://freewnn.sourceforge.jp/

SKK
http://openlab.jp/skk/

Anthy
http://anthy.sourceforge.jp/

←クリック一票

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 20, 2005

マルチキャストPing for Windows

Windowsにおいて、ある範囲のIPに対して順次Pingをするための
バッチ。

条件:192.168.0.1〜192.168.0.254までPing
結果をarp.logへ書き出す

ipusecheck.bat
----
for /l %%i in (1,1,254) do ping -w 1 -n 1 192.168.0.%%i && arp -a 192.168.0.%%i >> arp.log
----

for /l %%i in (1,1,254)
変数iを1〜254までインクリメントする。

ping -w 1 -n 1 192.168.0.%%i
-w 待ち時間1秒 -n 一度だけ実行

arp -a 192.168.0.%%i >> arp.log
arpの結果をarp.logへリダイレクトする。

--出力結果を確認する
> findstr dynamic arp.log
192.168.0.104 00-13-21-5e-40-77 dynamic
192.168.0.105 00-11-85-65-39-78 dynamic
192.168.0.108 00-13-21-5d-ca-79 dynamic
192.168.0.110 00-13-21-0e-f4-80 dynamic
192.168.0.116 00-13-21-d0-95-81 dynamic


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/309ipuse/ipuse.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 19, 2005

KNOPPIX起動画面で指定できるオプション

CDもしくはDVDからブートのできるLinux ”KNOPPIX
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/
起動時に指定できるオプションとしては下記のようなものがあります。

knoppix lang=jp 言語の指定。その他cn,de,us等がある

knopix gmt 時間をGMTベースにする。

knoppix screen=1280x1024 X Windowのスクリーン解像度を指定する。

knoppix xvrefresh=60 X Windowの垂直走査周波数を指定する。

knoppix xhrefresh=60 X Windowの水平走査周波数を指定する。

knoppix xserver=XFree86/XF86_SVGA 指定したX Serverを使用する。

knoppix xmodule=ati/fbdev/i810/mga/nv/radeon/savage/s3/svga
指定したグラフィックドライバ用モジュールを利用する。

knoppix 3 Run Levelを指定する。

knoppix no{apic/agp/apm/audio/ddc/dhcp/fstab/firewire/pcmcia/scsi/sswap/usb}
指定したハードウェアの検出を行わない。

failsafe ほとんどのハードウェアの検出を行わない。

knoppix pci=irqmask=0x0e98 PS/2マウスが動作しないときに指定する。

knoppix mem=128M 指定したメモリ容量に制限する。

knoppix dma 全てのIDEドライブでDMAを有効にする。

knoppix vga=normal フレームバッファモードを利用しない。

knoppix wheelmouse ホイールマウスにIMPS/2プロトコルを利用する。

fb 1280x1024 指定した解像度でフレームバッファモードを利用する。

knoppix testcd CDをテストする

expert 対話的にセットアップを行える。

debug デバックモードで起動する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 16, 2005

テイルズウィーバー 無料オンラインRPG

知人より教えてもらいはじめた無料オンラインRPG”テイルズウィーバー”。

--テイルズウィーバー
http://www.talesweaver.jp/

古めのPC(下記参照)でも快適動作!!これははまるしか
ないのではないでしょうか。

---
CPU: Celeron1.5GHz (Over clock from 1.4GHz)
Chipset: Intel 815E
Memmory: PC100 512M
HDD: 80GB
Graphic card: Geforce2 MX 64M

ゲームを開始するには上記のサイトよりプログラムをダウンロードし(約900M)
NEXONのIDを取得し、ゲーム開始時にマスターIDを作成をすれば
スタートすることができます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2005

Notes ショートカット添付問題

Notes6.5.3において、添付ファイルを選択時、ショートカットを
ダブルクリックするとショートカットファイルが添付されてしまいます。
これを防ぐためにはnotes.iniに下記の1行を追加します。

Shell_Links=1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 12, 2005

カーネルアップデート 2.4.27 -> 2.4.31

VineLinux3.1 -> 3.2へパッケージのアップデートは終了しているので
カーネルのアップデートを行いました。

# apt-get update
# apt-get upgrade

--lilo.confの編集
# vi /etc/lilo.conf
----
prompt
timeout=50
default=Vine3.2
boot=/dev/hda
map=/boot/map
install=menu
message=/boot/message

image=/boot/vmlinuz-2.4.31-0vl1.8 <-ここからが追記分です
label=Vine3.2
initrd=/boot/initrd-2.4.31-0vl1.8.img
read-only
root=/dev/hda2
append=" resume2=swap:/dev/hda3"

image=/boot/vmlinuz-2.4.27-0vl7 <-念のため過去の物も残します
label=Vine3.1
initrd=/boot/initrd-2.4.27-0vl7.img
read-only
root=/dev/hda2
append=" resume2=swap:/dev/hda3"
----

--imgファイルの作成
# cd /boot
# mkinitrd initrd-2.4.31-0vl1.8.img 2.4.31-0vl1.8

--lilo test
# /sbin/lilo
Added Vine3.2 *
Added Vine3.1

# reboot

--確認
# cat /etc/vine-release
Vine Linux 3.2 (Ducru Beaucaillou)

--参考ページ
http://www.vinelinux.org/manuals/kernel-upgrade-2.html
http://kasano.homelinux.net/web_server/upgrade32.php
http://spinel.sytes.net/~bibou/staticpages/index.php?page=up3.2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 09, 2005

MRTG (10) M/B,CPU temperature

lm_senserが動作するようになったので、MRTGにてモニタをしたいと
思います。

# vi /usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg
----
####################
### M/B & CPU temp
Target[cputemp]: `/usr/local/bin/sensors | grep Temp | awk '{print $3}' | sed -e 's/+//' -e 's/[^0-9+\.].*//'`
MaxBytes[cputemp]: 100
Title[cputemp]: M/B & CPU Temperature
PageTop[cputemp]: M/B & CPU Temperature
Options[cputemp]: growright,absolute,gauge,nopercent,noinfo
WithPeak[cputemp]: ymw
#unscaled[cputemp]: dwmy
YLegend[cputemp]: Temperature
ShortLegend[cputemp]: C
LegendI[cputemp]: M/B
LegendO[cputemp]: CPU
Legend1[cputemp]: M/B
Legend2[cputemp]: CPU

--inde.htmlの作成
# /usr/local/mrtg-2/bin/indexmaker /usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg > /home/httpd/html/mrtg/local/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 08, 2005

lm_sensor インストール (2)

lm_sensor インストールの続きです。

# sensors-detect
----
中略
To make the sensors modules behave correctly, add these lines to
/etc/modules.conf:

#----cut here----
# I2C module options
alias char-major-89 i2c-dev
#----cut here----

To load everything that is needed, add this to some /etc/rc* file:

#----cut here----
# I2C adapter drivers
modprobe i2c-sis630
modprobe i2c-isa
# I2C chip drivers
modprobe eeprom
modprobe sis5595
modprobe it87
# sleep 2 # optional
/usr/local/bin/sensors -s # recommended
#----cut here----

WARNING! If you have some things built into your kernel, the list above
will contain too many modules. Skip the appropriate ones! You really should
try these commands right now to make sure everything is working properly.
Monitoring programs won't work until it's done.

上記のメッセージが表示されたのでその通り追記を

# vi /etc/modules.conf
---- 最終行に
# I2C module options
alias char-major-89 i2c-dev
----

# vi /etc/rc.local
---- 最終行に
# I2C adapter drivers
modprobe i2c-sis630
modprobe i2c-isa
# I2C chip drivers
modprobe eeprom
modprobe sis5595
modprobe it87
# sleep 2 # optional
/usr/local/bin/sensors -s # recommended
----

# reboot

# sensors
eeprom-i2c-0-50
Adapter: SMBus SIS630 adapter at 5080
Memory type: SDR SDRAM DIMM
Memory size (MB): 256

eeprom-i2c-0-51
Adapter: SMBus SIS630 adapter at 5080
Memory type: SDR SDRAM DIMM
Memory size (MB): 256

it87-isa-0290
Adapter: ISA adapter
VCore 1: +0.22 V (min = +1.42 V, max = +1.57 V) ALARM
VCore 2: +0.70 V (min = +2.40 V, max = +2.61 V) ALARM
+3.3V: +1.38 V (min = +3.14 V, max = +3.46 V) ALARM
+5V: +1.48 V (min = +4.74 V, max = +5.24 V) ALARM
+12V: +3.60 V (min = +11.40 V, max = +12.60 V) ALARM
-12V: -23.68 V (min = -12.63 V, max = -11.41 V) ALARM
-5V: -10.39 V (min = -5.24 V, max = -4.76 V) ALARM
Stdby: +1.75 V (min = +4.74 V, max = +5.24 V) ALARM
VBat: +3.06 V
fan1: 3901 RPM (min = 0 RPM, div = 2)
fan2: 3590 RPM (min = 3000 RPM, div = 2)
fan3: 21093 RPM (min = 3000 RPM, div = 2)
M/B Temp: +68°C (low = +15°C, high = +40°C) sensor = thermistor
CPU Temp: +87°C (low = +15°C, high = +45°C) sensor = thermistor
Temp3: +73°C (low = +15°C, high = +45°C) sensor = thermistor

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/797mrtg2cpu.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 06, 2005

lm_sensor インストール (1)

MBから各種温度などの情報を取得するためにlm_sensorの
インストールに挑戦しました。
Fedoracoreでしたら、
# yum install lm_sensors
で簡単に終わるようですが、VineLinuxを使用しているので
ソースファイルからのインストールを行いました。
aptに対応してくれると楽なのですが、、、

--lm_sensor
http://secure.netroedge.com/%7Elm78/index.html
上記サイトより現状最新版、下記2ファイルをダウンロード
i2c-2.9.2.tar.gz
lm_sensors-2.9.2.tar.gz

# tar zxvf ./i2c-2.9.2.tar.gz
# tar zxvf ./lm_sensors-2.9.2.tar.gz
# cd ./i2c-2.9.2
# make
# make install

----
中略
/sbin/depmod -a
*** Installation successful!
*** Important notes:
*** 1* Compatibility with the Linux 2.4 kernel has been restored.
*** 2* The i2c-elektor and i2c-pcf-epp modules were not built. If you
*** need them, you have to use compilation option 3 as described in
*** the INSTALL file.

# cd ../lm_sensors-2.9.2
# make

----
中略
bison -p sensors_yy -d lib/conf-parse.y -o lib/conf-parse.c
make: bison: コマンドが見つかりませんでした
make: *** [lib/conf-parse.c] エラー 127
----
このようなエラーメッセージがでてしまったのでaptより"bison"の
インストール
# apt-get bison

気をとりなおして再開
# make
# make install

----
中略
*** Important note:
*** * The libsensors configuration file (/etc/sensors.conf) is never
*** overwritten by our installation process, so that you won't lose
*** your personal settings in that file. You still can get our latest
*** default config file in etc/sensors.conf.eg and manually copy it to
*** /etc/sensors.conf if you want. You will then want to edit it
*** to fit your needs again.
/sbin/depmod -a

次は
# sensors-detect
を実行して設定です。次回に続く

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/743hwmonitor.html
http://www.tadachi-net.com/desktop_pc/asus_terminator/stat_monitor1.html
http://takasato.net/pc/lm_sensors/index-ja.html
http://whzat.minidns.net/shoko2/Lm_sensors/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 03, 2005

VineLinux3.2 ギガイーサ化

LinuxマシンのNICをギガイーサに変更しました。

最初に試したNICはコレガ"CG-LAPCIGT"です。
http://www.corega.co.jp/product/list/lanadp/lapcigt.htm
自動認識をしなかったので
http://www.corega.co.jp/product/os/vine31.txt
上記ページを参考に設定に挑戦したのですが、うまくいきません。

気持ちを改め、追加でプラネックス"GN-1200TW"を購入。
http://www.planex.co.jp/product/giga/gn1200tw.shtml
NICを追加して再起動時にkudzuが自動認識。
特に問題なく追加でき驚きです。
やはりLinux環境においてNICはプラネックス製品に限りますね。

ギガのネットワーク環境に変わり、ネットワーク越しのコピーですが、
(100M -> 1000M)体感できるほど早くなりました。

--環境
・スイッチングHub プラネックス FXG-08TXJ(ギガ、ジャンボフレーム対応)
http://www.planex.co.jp/product/giga/fxg08txj.shtml
・ケーブル カテゴリー6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 02, 2005

右クリックメニューで暗号化

WindowsXP Proにおいて、[フォルダのプロパティ] - [詳細設定]
"内容を暗号化してデータをセキュリティに保護する"
をチェックすることによって別IDもしくは別のマシンからのアクセスを
拒否することができます。(local Administratorでの挙動は確認していません)

この暗号化を右クリックメニューより選択可能にするには、
下記の通りレジストリを変更します。

レジストリエディタを起動
キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\
CurrentVersion\Explorer\Advanced
キーの名前:EncryptionContexMenu
種類:DWORD
値:1 (16進)

フォルダもしくはファイルを選択後、右クリックすると”暗号化”のメニューが
追加されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 01, 2005

デスクトップの表示

”デスクトップの表示アイコン”の作成方法
メモ帳などテキストエディタにて下記のファイルを作成する。

file name: デスクトップの表示.scf
----
[Shell]
Command=2
IconFile=explorer.exe,3
[Taskbar]
Command=ToggleDesktop
----

作成したファイルを
C:\Documents and Settings\user_name\Application Data\
Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch
に保存するとクイックランチに登録されます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2005 | Main | December 2005 »