« September 2005 | Main | November 2005 »

Oct 30, 2005

VineLinux3.1 -> 3.2 Update

VineLinux3.1 -> 3.2 Updateにしたいと思います。

aptのソースファイルを3.2版用に書き換える。
# cd /etc/apt
# mv sources.list sources.list.old
# wget http://vinelinux.org/~daisuke/sources.list.vine32
# cp sources.list.vine32 sources.list

3.2へアップデート
# apt-get update
# apt-get dist-upgrade
# reboot

次回はカーネルのアップデートも行いたいと思います。
2.4.27 -> 2.4.31

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 28, 2005

USBメモリ 書き込み規制

レジストリの設定を変更することで、USBメモリを読み出し専用デバイスに
制限することができます。

レジストリエディタを起動し、下記の通り変更する。

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet
\Control\StorageDevicePolicies\
値の名前:WriteProtect
データ型:REG_DWORD
値:1

値を変更した後、再起動するとUSBメモリを差し込んでも、
読み出し専用デバイスとして認識されるので、USBメモリの内容を
コンピュータにコピーすることはできるが、コンピュータから
USBメモリに書き込むことはできなくなります。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/620controlusb/controlusb.html

--情報漏えい対策ガイド Windows編
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/activedirectory/kinko/default.mspx

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OpenOffice2.0.0 日本語版リリース

いよいよ日本語版OpenOffice2.0.0がリリースされました。
--日本 OpenOffice.org
http://ja.openoffice.org/

MS Officeは購入価格が高いので、カジュアルユーザーであれば
こちらでも問題はないのでは?
まだ使用はしていませんが、MS Officeとの互換性が高くなったとのこと。
また、Max X版も開発されているようなので驚きです。
その他、Linux、Solaris対応です。

商用版スタースイート8はソースネクストより発売されています。
--スタースイート8
http://www.sourcenext.com/products/starsuite8/
\ 3,980でテンプレート、フォント等が追加されているとのこと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 26, 2005

ログローテーション logrotate

logrotateを使ったログのローテーション
コンフィグは下記のファイルに書かれている。
# vi /etc/logrotate.conf
----
weekly
rotate 4
create
include /etc/logrotate.d
/var/log/wtmp {
monthly
create 0664 root utmp
rotate 1
}
デフォルト、1週間おきに過去ログ4つ作る

namedのファイルを元にsquidのログをローテーションさせてみます。
# cd /etc/logrotate.d
# cp named squid
# vi squid

----
/usr/local/squid/var/logs/access.log {
missingok
postrotate
/usr/bin/kill -HUP `cat /usr/local/squid/var/logs/squid.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
endscript
}

/usr/local/squid/var/logs/cache.log {
missingok
postrotate
/usr/bin/kill -HUP `cat /usr/local/squid/var/logs/squid.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
endscript
}

/usr/local/squid/var/logs/store.log {
missingok
postrotate
/usr/bin/kill -HUP `cat /usr/local/squid/var/logs/squid.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
endscript
}

--参考ページ
http://park15.wakwak.com/~unixlife/linux/sys-logrotate.html
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0291.html
http://luac.net/~ssk/pwiki/index.php?logrotate#content_1_12

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 24, 2005

webalizer squid access log

既に導入していますwebalizerを使ってsquidのアクセスログの
レポートを作成したいと思います。

既存のwebalizer.confをコピーして編集
# cp /etc/webalizer.conf /etc/webalizer.squid.conf
# vi /etc/webalizer.squid.conf

----
LogFile /usr/local/squid/var/logs/access.log
LogType squid
OutputDir /home/httpd/html/webalizer2
HistoryName /home/httpd/html/webalizer2/balizer.hist
Incremental yes
IncrementalName /home/httpd/html/webalizer2/webalizer.current

cronに登録 (毎日04:03にレポート作成)
# vi /etc/crontab
----
3 4 * * * root /usr/webalizer -c /etc/webalizer.squid.conf
↑ オプション -cを使って.confファイルを指定するのがミソです。

ブラウザより
http://localhost/webalizer2/
で作成されたレポートの確認をする。


--参考ページ
http://m9841.info/server/webalizer.html

http://homepage1.nifty.com/Que/plamo/apache/webalizer.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 19, 2005

DLLファイルをメモリに常駐させない

Dllファイルがメモリに常駐しないようにするレジストリ
[スタート] - [ファイル名を指定して実行] - "regedit"

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsCurrentVersion\Explorer
種類:DWORD
キー:AlwaysUnloadDLL
値:1

搭載メモリが少ない場合、特に有効とのこと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2005

Group Session for Linux (2)

--mod_jk.soをコピーする
# cd /usr/lib/apache
# mkdir libexec
# cp mod_jp-eapi.so /usr/lib/apache/libexec
# mv mod_jk-eapi.so mod_jk.so
# chmod 755 mod_jk.so

--httpd.confフィルを編集する
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
最終行に下記の1行を追加する
----
include /opt/jakarta-tomcat/conf/mod_jk.conf
----

--mod_jk.confファイルを編集する
# vi /usr/loacl/jakarta-tomcat/conf/mod_jk.conf
----
LoadModule jk_module /usr/lib/apache/libexec/mod_jk.so
AddModule mod_jk.c
JkWorkersFile /usr/local/jakarta-tomcat/conf/workers.properties
JkLogFile /usr/local/jakarta-tomcat/logs/mod_jk.log
----

--mod_jk.conf及びworkers.propertiesファイルを下記よりダウンロードし、
/usr/local/jakarta-tomcat/confにコピーする。
--mod_jk.conf
http://www.gs.sjts.co.jp/support/guide/install/mod_jk.conf
--workers.properties
http://www.gs.sjts.co.jp/support/guide/install/workers.properties

--Group Sessionをインストールする
# cp gsession-class-1.1.6.tar /usr/local/jakarta-tomcat/webapps
# tar zxvf gsession-class-1.1.6.tar.gz
# cd gsession
# /usr/jdk/bin/java -jar Install.jar

--Tomcatの起動
# /usr/local/jakarta-tomcat/bin/startup.sh

--apacheの再起動
# service restart httpd

Webブラウザより下記へアクセスする。
http://[Server_name]/gsession/servlet/gsession/
UserID:admin
Password:admin


しかし、現状
----
Internal Server Error
The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.
エラーがでてしまっています、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2005

Group Session for Linux (1)

VineLinux3.1にグループウェアソフト"Group Session"の
インストールを試してみました。

--Group Session
http://www.gs.sjts.co.jp/
http://www.gs.sjts.co.jp/support/guide/install/lin_apache_tom4_bin.html

まずはインストールに必要なモジュールは
--TOMCAT 4.1.31
http://jakarta.apache.org/site/downloads/downloads_tomcat-4.cgi

--J2 SDK 1.3.1
https://jsecom15d.sun.com/ECom/EComActionServlet/DownloadPage:~:com.sun.sunit.sdlc.content.DownloadPageInfo;jsessionid=98B4BFC7FACE4A63DFDB03F8BA339DFB;jsessionid=98B4BFC7FACE4A63DFDB03F8BA339DFB

--mod_jk-01.so
http://archive.apache.org/dist/jakarta/tomcat-4/archive/v4.0.3/bin/linux/i386/?C=M;O=A
非拡張版Apache用

--mod_jk-eapi.so
http://archive.apache.org/dist/jakarta/tomcat-3/archive/v3.2.3/bin/linux/i386/
拡張版Apache用(mod_sslがインストールされている場合はこちら)


--JAVA JDKのインストール
# cp j2sdk-1_3_1_16-linux-i586.bin /usr/local
# cd /usr/local
# chmod 755 j2sdk-1_3_1_16-linux-i586.bin
# ./j2sdk-1_3_1_16-linux-i586.bin
# mv jdk1.3.1_16/ jdk

--Tomcatのインストール
# cp jakarta-tomcat-4.1.31 /usr/local
# cd /usr/local
# tar zxvf jakarta-tomcat-4.1.31
# mv jakarta-tomcat-4.1.31 jakarta-tomcat

--環境変数を追加する
# JAVA_HOME=/usr/local/jdk
# export TOMCAT_HOME=/usr/local/jakarta-tomcat

--Tomcatの起動と停止
[起動]
# /usr/local/jakarta-tomcat/bin/startup.sh
[停止]
# /usr/local/jakarta-tomcat/bin/shutdown.sh

Group Session for Linux (2)に続く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 05, 2005

グループウェア GroupSession

無料で使えるグループウェアとしてGroupSessionというソフトが
あります。
Webベースですので、サーバーサイドで設定が終われば
クライアントはWebブラウザ経由でアクセスするのみとなります。
多機能・軽量とのうわさです。

--GroupSession
http://www.gs.sjts.co.jp/

--機能
社員情報、掲示板、回覧板、施設予約、名刺管理、スケジュール、稟議、
リンク、タイムカード

--動作環境
OS http Servlet
=====================
Solaris Apache Tomcat
Linux Apache Tomcat
Windows Apache Tomcat
Windows IIS Tomcat
=====================
Webサーバー+JSPです。

ちかじか、VineLinuxに導入を考えているのですが、下記のソフトが
必要となります。

--Java2以上 JDK
jdk1.3
http://jdc.sun.co.jp

--Apache
Apache1.3x
http://www.apache.org/httpd.html

--Java Servletエンジン(Java Servlet2.2以上)
jakarta-tomcat-4.0.*.tar.gz(バイナリ版)
http://jakarta.apache.org

--Apacheモジュール
mod_jk-01.so
http://jakarta.apache.org

--Group Session ver*.*.***
gsession-class-*.*.***.tar.gz
http://www.gs.sjts.co.jp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 02, 2005

DNS Server BIND (4) rndc

BINDにてrndcの設定を行っていなかったので、MRTGより
DNSのQueryカウントがとれませんでした。
rndcを使用できるように設定の変更を行いました。

--/etc/named.confの編集
# vi /etc/named.conf
----
** rndcで制御可能なホストを指定(localhostのみ可)
controls {
inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; };
};

** rndc秘密鍵の読込みパスを指定
include "/etc/rndc.key";
----
上記を追記する。

--パーミッションの変更をする
# chown named:named rndc.conf rndc.key
# chmod 640 rndc.conf rndc.key
# chmod named:named /var/named/named.stats

注) デフォルトの/etc/rndc.conf及び/etc/rndc.keyを使用しない場合は、
# rndc-confgen -a -b bit-length -k key-name
[例]
# rndc-confgen -a -b 512 -k rndckey
/etc配下にrndc.keyファイルが作成されます。

--BINDサービスの再起動
# service named restart


--参考ページ
http://www.aconus.com/~oyaji/dns/bind_linux.htm

--参考図書
図解でわかる Linuxサーバ構築・設定のすべて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2005

MRTG(9) DNSクエリー

MRTG(9) DNSクエリー数

rndcコマンドを使った統計情報の出力をMRTGでグラフ化する。

rndcとは
# /usr/sbin/rndc status
number of zones: 4
debug level: 0
xfers running: 0
xfers deferred: 0
soa queries in progress: 0
query logging is OFF
server is up and running

***上記のような統計情報が出力される***

この情報を一見しただけではいまいち理解しがたいのでMRTGで
グラフ化します。
dnsstats.pl このスクリプトを使用します。

--dnsstatsのダウンロード
http://prdownloads.sourceforge.net/statusreport/dnsstats.pl?download

--dnsstatsの設定
# cp dnsstas.pl /usr/local/mrtg-2/bin/dnsstats.pl
# chmod 755 dnsstats.pl
# vi dnsstats.pl

----
# Set location of "rndc". Change to "ndc" for versions < 9
my $rndc = "/usr/sbin/rndc";

my $newstatfile = "/var/named/named.stats";
-----
上記2行を環境に合わせ変更する。

--MRTG configfiele作成
# vi /usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg
----
####################
### DNS query count
Title[dns-server]: DNS Server monitor
PageTop[dns-server]: DNS Server monitor
Target[dns-server]: `/usr/local/mrtg-2/bin/dnsstats.pl`
Options[dns-server]: growright,noinfo,nopercent,unknaszero,perminute
RouterUptime[dns-server]: hoge@localhost
MaxBytes[dns-server]: 32000
AbsMax[dns-server]: 64000
RRDRowCount[dns-server]: 3200
Colours[dns-server]: YELLOW #F9C000,RED #F90000,LIGHT YELLOW #FFFFBB, \
LIGHT RED #FF8080
ShortLegend[dns-server]:queries/m
YLegend[dns-server]: Qs per Minute
Legend1[dns-server]: Queries received over 1 minute
Legend2[dns-server]: Failed Queries received over 1 minute
Legend3[dns-server]: Maximal Queries over 5 minutes
Legend4[dns-server]: Maximal Failed Queries over 5 minutes
LegendI[dns-server]:  Queries: 
LegendO[dns-server]:  Failures: 


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind910/bind910b.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »