« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

起動ディスク for Windows2000

からのフロッピーディスクを4枚用意し
CDドライブにWindows2000のCDを入れる。

[スタート] - [ファイル名を指定して実行]

d:\bootdisk\makeboot
* CD-ROMドライブがDドライブの場合


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/003mkboot/mkboot.html

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 30, 2005

"ファイル名を指定して実行" からプログラムの実行

WindowsXP "ファイル名を指定して実行"よりプログラムを実行できるようにするには
下記のキーを新規に作成する。

レジストリエディタの起動 "regedit"
[HKEY_LOOCAL_MACHINE] - [SOFTWARE] - [Microsoft] - [Windows] - [CurrentVersion]
- [App Paths]
を右クリック
新規 -> キー

キーの名前:実行名
値のデータ:起動ファイルのフルパス

ファイルを指定して実行より上記作成した実行名を入れると実行できるようになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2005

Free FireWall for Windows

Windowsでフリーのファイアーウォールソフトのインストールをしてみます。
100%国産でフィルタリング、TCPコネクションモニタ、パケットモニタ及び
外部コマンドの実行もできる"NEGiES"を選択。

--NEGiES
http://hp.vector.co.jp/authors/VA036210/

上記サイトより"negies157.zip"をダウンロードし、解凍したフォルダを
任意の場所にコピーし実行ファイルを起動するだけで使用できます。

使用感としてはフィルタ条件を自分で作成しなくてはいけません。
自由度の高さはよいのですが、初心者にはいかんせん難しいです。
簡単にパケットモニタリングできるのがとても良いです!!

簡単・無料でファイアーウォールを使用するには
--Zone Alarm (日本語版有り)
http://jp.zonelabs.com/
がお勧めです。

ホーム& スモール ビジネス [詳細] - [ZoneAlarm (無料)]
よりダウンロード可能です。
"zlsSetup_45_608_000.exe"を実行するだけでインストールは終了します。
ちょっと昔までは日本語化するためにはパッチが必要だったのですが、、
今は非常に簡単になりました。


その他のファイアーウォール・ソフト
--Outpost Firewall (日本語版有り)
http://www.agnitum.com/

--Sygate Parsonal Firewall
http://soho.sygate.com/default.htm

--Kerio Personal Firewall
http://www.kerio.com/kerio.html


--参考ページ
Firewall & Forest
http://eazyfox.homelinux.org/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2005

Free Anti Virus for Windows

Windows版、フリー・ウイルス・スキャンソフトをインストールしてみました。
日本語版もあるのでavast!4を選択。

--avast! antivirus
http://www.avast.com/

上記サイトより
上の方 [download] - [Program]
[avast! 4 Home Edition FREE Download]
[avast! 4 Home - Japanese version (length 8.70 MB)]

--インストール
ダウンロードした"setupjap.exe"を起動してウィザードに従い
インストール終了。

--参考ページ
http://www.okayama-u.ac.jp/user/cc/service/manual/avast/avast.htm


その他フリーのウイルス・スキャンソフト
--AVG Anti-Virus
http://free.grisoft.com/doc/1/lng/us/tpl/v5

--AntiVir
http://www.free-av.com/

--BitDefender
http://www.bitdefender.com/index.php


オンライン・ウィルス・スキャン
--ウイルスバスターOn-Line Scan
http://www.trendmicro.co.jp/hcall/scan.htm

--シマンテック・セキュリティチェック
http://www.symantec.co.jp/region/jp/securitycheck/index.html

--McAfee FreeScan
http://us.mcafee.com/root/mfs/scan.asp?affid=56

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2005

マルチキャスト ping

マルチキャスト ping

$ ping 192.168.0.255 -b
-----
警告: ブロードキャストアドレスに ping してます
PING 192.168.0.255 (192.168.0.255) 56(84) bytes of data.
64 バイト応答 送信元 192.168.0.1: icmp_seq=0 ttl=155 時間=0.558ミリ秒
64 バイト応答 送信元 192.168.0.250: icmp_seq=0 ttl=64 時間=0.749ミリ秒 (DUP!)
64 バイト応答 送信元 192.168.0.1: icmp_seq=1 ttl=155 時間=0.460ミリ秒
64 バイト応答 送信元 192.168.0.250: icmp_seq=1 ttl=64 時間=0.657ミリ秒 (DUP!)
----- 省略

くれぐれも、自分の管理下以外のネットワークに対して行うのは
やめましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

chkrootkit

rootkitを発見するソフトをインストールしてみました.

--chkrootkit
http://www.chkrootkit.org/

上記よりソースファイルをダウンロードします.
現状最新版は 0.45でした.

--インストール
# tar zxvf chkrootkit.tar.gz
# cd chkrootkit-0.45/
# make sense

--起動
# ./chkrootkit
検索結果が流れてしまうのでmoreやlessもしくは
ファイルへリダイレクトして確認しましょう.

--定期的に実行
# vi /etc/crontab
3 2 * * 6 root /usr/local/chkrootkit-0.45/chkrootkit > /home/hoge/log/chkrootkit_`date +%Y-%m-%d`
##毎週土曜日02:03より実行し結果をその日の日付つきファイルへ書きだし


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/741chkrootkit.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

価格.COM

約10日ぶりに価格比較サイト"価格.COM"が復活しました.

--価格.COM
http://kakaku.com/

よかったです.

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Bluefish HTMLエディタ

BluefishとはWebサイト開発やWebコンテンツデザイナ向けのテキストエディタです。
HTML,PHP,C,Java,JavaScript,JSP,SQL,XML,Python,Perl,CSS等に
対応しています。

--インストール
# apt-get update
# apt-get install bluefish

ーー起動
$ bluefish &

しかし、aptコマンドは簡単便利です。

--bluefish
http://bluefish.openoffice.nl/

--参考サイト
http://yakisoba-panman.ameblo.jp/entry-8a9aaae8373c26fa8eed58aa17a320e6.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

MS JavaVM 削除

Microsoft Java VMを手動で削除する方法です。

1.コマンドの実行
[スタート] - [ファイル名を指定して実行] - "cmd"
> RunDll32 advpack.dll,LaunchINFSection java.inf,UnInstall

2.フォルダ/ファイルの削除
%SystemRoot%\java
%SystemRoot%\inf\java.pnf
%SystemRoot%\system32\jview.exe
%SystemRoot%\system32\wjview.exe

%SystemRoot%はWindowsのインストールPathです。

3.レジストリの編集
[スタート] - [ファイル名を指定して実行] - "regedit"
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Java VM
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\AdvancedOptions\JAVA_VM

上記2つを削除する。

なお、IE上でJavaアプレットが表示されなくなることがあるそうです。
その場合はSunJavaを再インストールしましょう。

--SunJava
http://www.java.com/ja/download/manual.jsp

--MSJVM サポート
http://www.microsoft.com/japan/java/default.mspx

--Microsoft VM 診断ツール
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4e38f4f9-ce7e-4271-8836-a7d7293a992f&displaylang=ja

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/568delmsjvm/delmsjvm.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

Firestarter

GUI環境にてファイヤーウォールの設定を行いたいと思い、
Firestarterのインストールをしてみます。

最新版、firestarter-1.0.3-1をインストールしようとしたのですが、
現状使用しているVineLinux3.1のGNOMEのVersionは
たしか2.4です。
依存関係でインストールできないため(GNOME2.6が必要?)
"firestarter-0.9.3-1.src.rpm"をインストール。
http://www.jmuk.org/samidare/tmp/af-www.asahi-net.or.jp-diary_n_05-16_07:27.html

--FIRESTARTER
http://www.fs-security.com/

上記サイトよりRPMのソール版"firestarter-0.9.3-1.src.rpm"をダウンロードし、

# rpm --rebuild firestarter-0.9.3-1.src.rpm
# cd /usr/src/vine/RPMS/i386/
# rpm -Uvh firestarter-0.9.3-1.src.rpm

--起動
# firestarter
## 初回起動時にウィザードが走ります。

また、ソースのコンパイル時に開発環境、ライブラリが無いと怒られたので
事前にインストールしておきましょう。

# apt-get update
# apt-get install gtk2-devel gnome-libs-devel libgnomeui-devel

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

MPlayre for Linux

Linuxで動画の再生を行うためにMPlayerをインストールしました。
aptコマンドを使って簡単にインストールするために
下記の2行を書き加えます。
# vi /etc/apt/sources.list
-----
rpm http://ftp.icm.edu.pl/pub/linux/mplayer-rpms/apt/ fc3 stable testing
rpm http://ftp.icm.edu.pl/pub/linux/mplayer-rpms/apt/ all stable testing

--インストール
# apt-get update
# apt-get install mplayer mplayer-codecs mplayer-gui mplayer-skin-default mplayer-codecs-extra

--起動
# gmplayer

Linuxで動画の再生ができ感動です。


--参考ページ
http://linux2ch.bbzone.net/index.php?%C4%B6%B4%CA%C3%B1MPlayer%C6%B3%C6%FE%BD%D1
http://f17.aaa.livedoor.jp/~every/doc/linux/memo-apli.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

World Time for Javascript

仕事柄、ブラウザでワールドタイムが分かれば便利だなと思い、
ネット上を探してみました。
http://ask.jp/
なかなか良い検索結果と出会えました。

-----
<html>

<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<title>World time</title>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
_x=5
tz = new Array(_x)
tz[0] = 9 ;
tz[1] = 0 ;

day=new Array("日","月","火","水","木","金","土");

function Clock(){

for(i=0;i<_x;i++){
_now=new Date();
_now1=new Date();
_now1.setTime(_now.getTime() + (_now.getTimezoneOffset() + tz[i]*60) * 60 * 1000);

_Month =_now1.getMonth();
_Date =_now1.getDate();
_Hours =_now1.getHours();
_Minutes =_now1.getMinutes();
_Seconds =_now1.getSeconds();
_Day = day[_now1.getDay()];
if(_Hours <10){_Hours =" "+_Hours}
if(_Minutes<10){_Minutes=" "+_Minutes}
if(_Seconds<10){_Seconds=" "+_Seconds}

document.forms[0].elements[i*3+1].value=_Month+"月"+_Date+"日("+_Day+")";
document.forms[0].elements[i*3+2].value=_Hours+"時"+_Minutes+"分"+_Seconds+"秒";
}
setTimeout(" Clock()",1000);
}

function ChangeCity(x){return document.forms[0].elements[x*3].options[document.forms[0].elements[x*3].selectedIndex].value;}

// -->
</SCRIPT>

<style>
<!--
td { height:40px}
input ,select { font: bold 100%}

-->
</style>
</HEAD>

<BODY onLoad="for(i=2;i<_x;i++){tz[i]=ChangeCity(i)};Clock()">
World Times
<table>
<form>
<tr>
<td><input value="日本標準時" size="14"></td>
<td><input size="15"> <input size="15"></td>
<tr>
<td><input value="グリニッジ" size="14"></td>

<td><input size="15"> <input size="15"></td>
</tr>
<td>
<select onChange="tz[2]=ChangeCity(2)">
<option value=-10 >Hawai
<option value= -8 >Los Angeles
<option value= -5 >New York
<option value= 0 >London
<option value= 1 >Pari
<option value= 1 selected>Berlin
<option value= 8 >Hong Kong
<option value= 8 >Singapore
</select></td>
<td><input size="15"> <input size="15"></td>

<tr>
<td>
<select onChange="tz[3]=ChangeCity(3)">
<option value=-10 >Hawai
<option value= -8 >Los Angeles
<option value= -5 >New York
<option value= 0 >London
<option value= 1 >Pari
<option value= 1 >Berlin
<option value= 8 >Hong Kong
<option value= 8 selected>Singapore
</select></td>
<td><input size="15"> <input size="15"></td>

</tr>
<tr>
<td>
<select onChange="tz[4]=ChangeCity(4)">
<option value=-10 >Hawai
<option value= -8 >Los Angeles
<option value= -5 selected>New York
<option value= 0 >London
<option value= 1 >Pari
<option value= 1 >Berlin
<option value= 8 >Hong Kong
<option value= 8 >Singapore
</select></td>

<td><input size="15"> <input size="15"></td>
</tr>
</table>

</BODY>
</HTML>
-----

ブラウザで”Javascript”を”可”にして開いてみてください。
なお、不具合など起きた場合、一切責任は追いかねますのであしからず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2005

RealPlayer for Linux

FirefoxでRealplayerを使えるようインストールしました。

--RealPlayer
https://player.helixcommunity.org/2004/downloads/
[RealPlayer 10.0.4 Gold] - [Installer]

--インストール
# chmod 711 realplay-10.0.4.750-linux-2.2-libc6-gcc32-i586.bin
# ./realplay-10.0.4.750-linux-2.2-libc6-gcc32-i586.bin

-----
Extracting files for RealPlayer installation........................

Welcome to the RealPlayer (10.0.4.750) Setup for UNIX
Setup will help you get RealPlayer running on your computer.
Press [Enter] to continue...
[Enter]

Enter the complete path to the directory where you want
RealPlayer to be installed. You must specify the full
pathname of the directory and have write privileges to
the chosen directory.
Directory: [/home/hoge/DL/RealPlayer]: /usr/local/RealPlayer

You have selected the following RealPlayer configuration:

Destination: /usr/local/RealPlayer

Enter [F]inish to begin copying files, or [P]revious to go
back to the previous prompts: [F]:F

Copying RealPlayer files...configure system-wide symbolic links? [Y/n]: ....y

configuring document icons...
configuring pixmaps...
configuring locale...
configuring desktop...
.configuring applications...
configuring GNOME mime types...
Configuring realplay script...

RealPlayer installation is complete.
Cleaning up installation files...
Done.


--参考ページ
http://www2h.biglobe.ne.jp/~hnakamur/technolab/linux/video/rplayer10/rplayer10.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

Flash player for Linux

Firefox上でFlashの再生をできるようプラグインの追加を行いました。

--Macromedia Flash Player
http://www.macromedia.com/shockwave/download/download.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&P5_Language=Japanese&Lang=Japanese
上記サイトよりinstall_flash_player_7_linux-1.tar.gzをダウンロード


# tar zxvf install_flash_player_7_linux-1.tar.gz
# cd install_flash_player_7_linux
# ./flashplayer-installer

-----
Copyright(C) 2002-2003 Macromedia, Inc. All rights reserved.

Macromedia Flash Player 7 for Linux

Macromedia Flash Player 7 will be installed on this machine.

You are running the Macromedia Flash Player installer as the "root" user.
Macromedia Flash Player 7 will be installed system-wide.

Support is available at http://www.macromedia.com/support/flashplayer/

To install Macromedia Flash Player 7 now, press ENTER.

To cancel the installation at any time, press Control-C.
[Enter]

NOTE: Macromedia Flash Player requires two font packages
to be installed, ttfonts and urw-fonts.

Press ENTER to continue...
[Enter]


NOTE: Please exit any browsers you may have running.

Press ENTER to continue...
[Enter]

Please enter the installation path of the Mozilla, Netscape,
or Opera browser (i.e., /usr/lib/mozilla): /usr/lib/firefox-installer


----------- Install Action Summary -----------

Macromedia Flash Player 7 will be installed in the following directory:

Browser installation directory = /usr/lib/firefox

Proceed with the installation? (y/n/q): y

Installation complete.


Perform another installation? (y/n): n


Please log out of this session and log in for the changes to take effect.


The Macromedia Flash Player installation is complete.

[2]+ Done ./firefox (wd: /usr/lib/firefox)
(wd now: /home/hoge/DL/install_flash_player_7_linux)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2005

Azureus for Linux

Azureus - BitTorrent
http://www.azureus.jp/

--インストール
# tar jxvf Azureus_2.2.0.2_linux.GTK.tar.bz2
# cd azureus/
# vi azureus

-----
######## CONFIGURE ########
JAVA_PROGRAM_DIR="/usr/local/java/jre1.5.0_02/bin/"
#PROGRAM_DIR="/usr/local/apps/azureus"
##########i#################
##上記2行を環境に合わせて変更する
##JAVAのPath及びAzureusプログラムのPath

--プログラムの起動
# ./azureus

JAVAのインストールがされていない場合は、
--Jaca.com
http://java.com/ja/download/help/5000010500.xml#rpm
よりダウンロードしてインストールしておくこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

Firefox 1.0.4

Firefoxの最新版1.0.4日本語版がリリースされました。
いくつかの重大なセキュリティ脆弱性を修正されていますので
早急にアップデートを行いましょう。

--Mozilla Japan
http://www.mozilla-japan.org/

--Linux版 インストール
上記サイトより"firefox-1.0.4.installer.tar.gz"をダウンロードし
# tar zxvf firefox-1.0.4.installer.tar.gz
# cd firefox-installer/
# ./firefox-installer

あとはウィザードにしたがってすすめましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Samba3.0 ごみ箱の中身を定期的に削除

Samba3.0 ごみ箱の中身を定期的に削除するために下記の作業を行いました。

/usr/sbin/tmpwatch このコマンドを利用する。
既にtmpwatchは/etc/cron.dailyディレクトリにあり、定期的に実行されています。
このファイルをコピー、編集して使用する。

# cp /etc/cron.daily/tmpwatch /etc/cron.weekly/recyclewatch
# vi /etc/cron.weekly/recyclewatch

-----
/usr/sbin/tmpwatch 240 /home/*/.recycle
## user directory内".recycle" 10日間(240時間)経過したものを削除

ディフォルトcron.weeklyは毎週日曜日の午前4時22分に実行されるようになっています。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/735recyclecron.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

Samba3.0 ごみ箱の利用

Samba3.0でごみ箱を使うには下記の設定を行ないます。

# vi /etc/samba/smb.conf
-----
[global]
(省略)
vfs objects = recycle

--Option
オプション 内容
===============================================================
recycle:repository 削除されたファイルの移動先ディレクトリ
recycle:keeptree ディレクトリ構造を維持してごみ箱に移動するか否か
recycle:versions 同名のファイルがごみ箱にある場合、別名(「Copy #x of ファイ ル名」)で保存するか否か
recycle:touch ファイルがごみ箱に移されたときに、ファイルのアクセス日を変 更するか否か
recycle:maxsize ごみ箱に移動するファイルの上限をbyte数で指定
recycle:exclude ごみ箱に移動せず即座に削除するファイルを指定
recycle:exclude_dir 指定したディレクトリからファイルが削除された場合、ごみ箱に 移動せず即座に削除
recycle:noversions recycle:versionsの反対。両方のオプションを設定すると、こち らが優先される

--Exsample
[homes]
(省略)
recycle:repository = .recycle
recycle:keeptree = yes
recycle:touch = yes
recycle:versions = yes
recycle:maxsize = 0 ←ごみ箱に移動するファイルサイズに上限を設けない
recycle:exclude = *.tmp *.temp *.o *.obj ~$* *.~?? ←*.tmpなどのファイルはごみ箱に移動しない

--Restart Service
# service smb restart

注)recycle:repositoryで指定したディレクトリのパーミッションに気をつける。


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/734recycle3.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

Ask Jeeves日本語版

Ask Jeeves日本語版の正式スタートしたようです。
Askは海外で有名な検索サイトとのこと。
日本ではこれからのようです。

--Ask Jeeves
http://ask.jp

検索結果がGoogleと違った結果が出ておもしろいです。
今後に期待。

--News
http://www.atmarkit.co.jp/news/200505/11/askjp.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

FetchYaQ 株情報GET!

FetchYaQ/LinuxはYahoo!Finaceより株データを取得し、CSVファイルを作成します。
このソフトではwgetが必要となります。インストールされていない場合は、
# apt-get updata
# apt-get install wget

--ソースファイルの取得
FetchYaQ/Linux
http://homepage.mac.com/chartscape/LANDISK/fyql.html
上記より"fyql-1.0.0.tar.gz"をDL。

--インストール
# tar zxvf fyql-1.0.0.tar.gz
# cd fyql-1.0.0
# vi config.h

-----
#define WGETPATH "/usr/bin/wget"
#define PREFIX "/home/group/kabu"
#define CGI_PREFIX "/mnt/hda3/share/www/cgi-bin/ifyq"
-----
config.hを任意で変更します。

# make
# cp dsconv /home/group/kabu
# cp fyql /home/group/kabu
# cp fetchlist.csv /home/group/kabu

--設定
# cd /home/group/kabu
# vi fetchlist.csv

-----
998407,1010,X,日経平均株価
4753,4753,X,ライブドア
4689,4689,T1,ヤフー
4755,4755,Q,楽天
-----
このファイルに取得したい株の情報を書き込みます。

--実行
# /home/group/kabu/dsconv
# /home/group/kabu/fyql

DSYYMMDD.DATとyyyymmdd/が作成されます。

--cronヘの追加
# vi /etc/crontab
-----
## FetchYaQ 株情報GET ##
0 18 * * root /home/group/kabu/dsconv
10 18 * * root /home/group/kabu/fyql
##毎日18:00及び18:10にそれぞれ株情報をGETする

作者の方、ありがたく使わせていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

CGIスクリプト

無料でCGIスクリプトを配布されていますサイト様です。
お世話になっております。

--KENT WEB
http://www.kent-web.com/

--ネットサーフレスキューWeb裏技
http://www.rescue.ne.jp/

--Perl CGI's By Mrs. Shiromuku
http://www.t-okada.com/cgi/

--Missing Link
http://www.area-s.com/main/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

iTunes Server for Linux 動作せず

昨日導入を行ったmt-daapdですが、動作せず。
# service mt-daapd start
Starting DAAP server:
起動している用に見えますが、プロセスが見付かりません。
# ps aux | grep daapd
root 2863 0.0 0.2 4636 688 pts/2 S 18:09 0:00 grep daapd

/var/log/messagesを確認してみると
-----
May 8 15:59:04 hoge mt-daapd[1018]: Loading playlists
May 8 15:59:04 hoge mt-daapd[1018]: Initializing database
May 8 15:59:04 hoge mt-daapd[1018]: Starting mp3 scan
May 8 15:59:04 hoge mt-daapd[1018]: Error scanning MP3 files: Permission denied
May 8 15:59:04 hoge mt-daapd[1018]: Aborting
May 8 15:59:04 hoge mt-daapd[1017]: Rendezvous socket closed (daap server crashed?) Aborting.
May 8 15:59:04 hoge mt-daapd[1017]: Aborting
-----

どうやらMP3の指定先ディレクトリへのアクセス権が無いようです。
/etc/mt-daapd.confの
mp3_dirにて指定したディレクトリのパーミッションを777に変更してもだめです。
Sambaにてグループ共有しているため無理にDAAPを動作させなくとも
MP3ファイルの共有はできているのですが、、、残念!!

後程、玄箱にて再挑戦してみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2005

iTunes Server for Linux

LinuxでiTunes Serverを構築したいと思います。

--使用するパッケージ
・Howl
http://www.porchdogsoft.com/products/howl/
パッケージ : howl-0.9.10.tar.gz

・libid3tag
http://www.underbit.com/products/mad/
パッケージ名 : libid3tag-0.15.1b.tar.gz

・mt-daapd
http://mt-daapd.sourceforge.net/
パッケージ : mt-daapd-0.2.1.1.tar.gz

--インストール
# apt-get install gdbm gdbm-devel

# tar zxvf howl-0.9.10.tar.gz
# cd howl-0.9.10.tar.gz
# ./configure
# make
# make install

# tar zxvf libid3tag-0.15.1b.tar.gz
# cd libid3tag-0.15.1b
# ./configure
# make
# make install

# tar zxvf mt-daapd-0.2.1.1.tar.gz
# cd mt-daapd-0.2.1.1
# ./configure
# make
# make install

--初期設定
# cp contrib/mt-daapd.conf /etc
# vi /etc/mt-daapd.conf

-----
web_root /usr/local/share/mt-daapd/admin-root
admin_pw passwd
mp3_dir /home/My_music/MP3
servername hoge_hoge

# cp contrib/mt-daapd /etc/init.d
# vi /etc/init.d/mt-daapd

-----
[ -e /etc/mt-daapd.conf ]
## start()内のdaemonの部分のパスを/usr/local/sbin/mt-daapdに変更
daemon /usr/local/sbin/mt-daapd

# cp contrib/mt-daapd.playlist /etc

# mkdir -p /var/cache/mt-daapd

# vi /etc/ld.so.conf
-----
## 下記一行を追加
/usr/local/lib

# ldconfig -v

--Serviceの起動
# service mt-daapd start


--参考ページ
http://pcweb.mycom.co.jp/column/osx/100/
http://debikuro.ddo.jp/KuroBox/B015.html
http://warsaw.no-ip.com/blog/
参考にさせていただきました。ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2005

Java Runtime Environment fo Linux

Firefox for Linux上にてJavaを使用できるようにしました。

下記よりソースファイルをダウンロードします。
RPMパッケージもありました。
--Java Runtime Environment fo Linux
http://java.com/ja/download/linux_manual.jsp

現状最新版
jre-1_5_0_02-linux-i586.bin

--インストール
javaを/usr/loca/javaにインストールする。
ダウンロードしたjre-1_5_0_02-linux-i586.binを
/usr/loca/javaにコピーしておき

# cd /usr/local/java
# chmod 711 jre-1_5_0_02-linux-i586.bin
# ./jre-1_5_0_02-linux-i586.bin

-----
Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
--- 省略 ---
Done.

# rm jre-1_5_0_02-linux-i586.bin

--Firefoxのプラグインへの登録
# cd /Firefox install path/plugins
# ln -s /usr/local/java/jre1.5.0_02/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so .

## libjavaplugin_oji.soのシンボリックリンクをFirefox pluginsに作成する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

Canna 辞書強化

変換効率の悪いと言われるCannaの変換効率をアップさせるべく、
辞書の追加を行いたいと思います。

--かんな辞書
http://cannadic.oucrc.org/
上記より最新版
cannadic-0.95c.tar.gz をダウンロードします。

--Canna dics.dirの追記
# vi /var/lib/canna/dic/canna/dics.dir
-----
gcanna.cbd(gcanna.mwd) -gcanna---
gcanna.cld(gcanna.mwd) -gcanna---
gcannaf.ctd(.swd) -gcannaf---
## Vine3.1では上記の3行は既にありました。

--インストール
# tar zxvf cannadic-0.95c.tar.gz
# cd cannadic-0.95c
# make maindic
# service canna stop
# install -o bin -g bin -m 0664 gcanna.c[bl]d /var/lib/canna/dic/canna/
# install -o bin -g bin -m 0664 gcannaf.ctd /var/lib/canna/dic/canna/
# service canna start

--User設定
下記2つを各ユーザーにて行います。
$ vi ~/.cannca
-----
(use-dictionary
"gcanna"
"gcannaf"
"chimei"
; "iroha"
## "gcanna"と"gcannaf"の追加、"iroha"コメントアウト

--学習辞書の作成
$ mkdic -fq gcanna

導入後、実際にこの文章はCannaを使って行っていますが、おどろくほどの
変換効率アップを体感できています。
作者のMasao SUGIMOTO-sama 及びその他作成に係わられた方々、誠にありがとうございます。
感激です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

Canna辞書ツール かんにゃ

Cannaの辞書ツール"かんにゃ"のインストールに挑戦。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/4514/monooki.html
上記より cannya-1.03.tar.gz をダウンロード
gtkの環境が必要なので
# apt-get update
# apt-get install gtk+-devel

その他、もろもろgtk関連のライブラリをインストール

# tar zxvf cannya-1.03.tar.gz
# cd cannya-1.03
# ./configure
# make
# make install

--かんにゃ起動
$ cannya dic_name

ですが、なぜかうまくインストールできません。
KannaDicが動いているので問題はないのですが、、、

開発者の方、ありがとうございます。
残念ながらインストールはできませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2005

Canna辞書ツール KannaDic

Canna用辞書管理ツール"KannaDic"をインストールしてみます。

機能は下記の通りです。
・Canna用の個人辞書の作成や単語の登録/編集/削除
・MSーIME形式辞書のインポート
・KannaDic独自形式での辞書のインポート/エクスポート

--ソースファイル
Linux Life
http://linux-life.net/program/cc/kde/app/kannadic/
より安定版kannadic-1.7.0.tar.gzをダウンロードしました。

--インストール
KannaDicはKDE用Canna辞書エディタであるため、
事前にライブラリのインストールが必要となります。
synapticを使用し、kde及びQt関連のライブラリを片っ端から
インストールしました。主なものとしては、
kdebase-devel、kdelibs-devel、kdevelop、kdesdk、XOrg-devel、
Qt、Qt-devel、fam-devel、libidn-devel etc...

およそ300Mのディスク増加でしょうか。

開発環境がそろったところで
# tar zxvf kannadic-1.7.0.tar.gz
# cd kannadic-1.7.0
# ./configure --with-qt-includes=/usr/include/qt3/
# make
# make install

--起動
# /usr/local/kde/bin/kannadic &
パスが通っていないのでシンボリックリンクを張りました。
# ln -s /usr/local/kde/bin/kannadic /usr/bin/kannadic
これでどこからでもkannadic &で起動するようになりました。

その他、Canna関連ツールとして
--かんにゃ 1.03
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/4514/monooki.html

--Sumika
http://sumika.sourceforge.jp/cgi-bin/hiki/hiki.cgi
等があります。


--参考ページ
http://kodou.net/unixuser/200405/part5.html
SOFT BANK出版 オープンソースマガジン Vol1
"最適な日本語入力環境を発掘せよ"を参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

Xでのシャットダウンやリブートの制限

X Window Systemの[ログアウト]よりシャットダウン及びリブートの実行時、
パスワード入力を強制する。
/etc/pam.d 配下のhaltpoweroffrebootを編集する。

# vi /etc/pam.d/halt
# vi /etc/pam.d/poweroff
# vi /etc/pam.d/reboot

-----
#auth required pam_stack.so service=system-auth
## ↑ 先頭のコメントアウトを外す
auth required pam_stack.so service=system-auth


--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/723passendx.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

Squid ソースよりインストール

Proxy ソフトとしてSquidを以前aptをよりインストールしたのですが、
なぜかうまく動作しません。
今回はソースからのインストールに挑戦です。

--Squid Web Proxy Cache
http://www.squid-cache.org/
上記よりソールファイルを手に入れます。
現状最新版は"squid-2.5.STABLE9"のようです。

--aptを使ってインストールしたSquidの削除
# apt-get remove squid

--ソースファイルからのインストール
# wget http://www1.jp.squid-cache.org/Versions/v2/2.5/squid-2.5.STABLE9.tar.gz
# tar zxvf squid-2.5.STABLE9.tar.gz
# cd squid-2.5.STABLE9
# ./configure
# make install

--squid.confの編集
# cd /usr/local/squid/etc
# vi squid.conf

-----
http_port 8080
cache_mem 16 MB
cache_dir ufs /usr/local/squid/var/cache 200 16 256
cache_access_log /usr/local/squid/var/logs/access.log
cache_log /usr/local/squid/var/logs/cache.log
cache_store_log /usr/local/squid/var/logs/store.logacl
inside src 192.168.0.0/255.255.255.0
http_access allow inside
cache_effective_user nobody
visible_hostname local_host_name
forwarded_for off

--cacheフォルダの作成
# /usr/local/squid/sbin/squid -z

--諸設定
# cd /usr/local/squid
# chown nobody *
# cd /var
# chown nobody *

--squid 実行
# /usr/local/squid/bin/RunCache &

--自動起動設定
/etc/rc.d/rc.localに一行追加する
# vi /etc/rc.d/rc.local
-----
## 最終行に
/usr/local/squid/bin/RunCache &

クライアントPCにてProxy設定を行う。
Proxy server:Server_name
port:8080
に設定するとPxory経由のインターネットアクセスとなります。

--参考ページ
http://www.fmmc.or.jp/~fm/nwmg/docs/intro/server_pgs4_aw.html
http://squid.robata.org/squid2.0-conf.html
大変参考にさせていただきました。ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »