« February 2005 | Main | April 2005 »

Mar 30, 2005

apt option

aptコマンド

# apt-get update
パッケージリストの更新

# apt-get upgrade
パッケージの更新

# apt-get install pakege_name
パッケージのインストール

# apt-get remove pakege_name
パッケージの削除

-----

# apt-cache depends pakege_name
パッケージの依存関係

# apt-cache search pakege_name
パッケージの検索

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 29, 2005

玄箱 SNMP

VineLinuxよりMRTGにてモニタするため玄箱にSNMPの設定をしました。

--SNMPのインストール
# apt-get updata
# apt-get snmp
# apt-get snmpd

--snmpd.conf fileの変更
# vi /etc/snmp/snmpd.conf

com2sec readonly default hoge ## hogeがコミュニティー名

group MyROGroup v1 readonly
group MyROGroup v2c readonly
group MyROGroup usm readonly

view all included .1 80

access MyROGroup "" any noauth exact all none none

disk / 10000
disk /mnt 10000

## その他の部分は基本的に"#"でコメントアウトしておきました。

--SNMPD serviceの再起動
# /etc/init.d/snmpd restart

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 28, 2005

玄箱 SSH

telnetではなくセキュアなSSHでRSA認証にて操作をしたいとSSHのインストール。
(telnetではID及びパスワードなど平文で通信するため)

--SSHのインストール
# apt-get update
# apt-get install ssh
## インストール時にSSH1をインストールするようにする。
* SSHクライアントであるTTSSHではSSH2には対応していないみたいです。

--秘密鍵・公開鍵の作成
$ ssh-keygen -t rsa1
## ディフォルトのままでは/home/%u/.ssh配下に
identity
identity.pub
上記の2つのファイルが作成される

$ cd ~/.ssh
$ cp identity.pub authorized_keys

--sshd_configの変更
# vi /etc/ssh/sshd_config
-----
PermitRootLogin no //rootでのアクセスを制限する
AuthorizedKeysFile %h/.ssh/authorized_keys //#を外す

--SSH Serviceの再起動
/etc/init.d/ssh restart

クライアント端末よりidentityを使用して22番ポートへアクセスする

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 27, 2005

玄箱 Samba

無事というかようやく玄箱にDebian3.0がインストールできました。
次はSambaをインストールしてみました。

--Sambaのインストール
# apt-get update
# apt-get install samba
何か聞かれてきますがディフォルトで良いでしょう。

--Webからの設定を行いたかったのでSWATのインストール
# apt-get swat
# vi /etc/inetd.conf

-----
swat stream tcp nowait.400 root /usr/sbin/tcpd /usr/sbin/swat
## 上記の1行を追加しサービスの再起動

# /etc/init.d/inetd restart

--端末ブラウザより
http://Kuro-box IP:901/
SWATよりSambaの設定を行う

しかしapt-getコマンドは非常に便利ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 25, 2005

玄箱 Debian化 (2)

すでにHDDにシステムをインストールしているため
# echo -n NGNG > /dev/fl3
でEMモードに変更される予定でしたがうまく動作してくれませんでした

仕方が無いのでケースを開け、HDDを取り出しWindows2000のPCにセカンダリHDDとして接続し、[マイコンピューター]右クリック[管理]-[ディスクの管理]よりパーティションをすべて削除し、2GB FAT32フォーマットのパーティションをひとつ作成。

コンフィグを変更したDebianImageではインストール後に起動ができなくなったため(Powerランプ点滅 3度試みたがだめでした)簡単Debian化kitを使用。
http://www.amonita.com/kuro-box/index.html
より"debian41226_org_image.zip"をダウンロード
ファイルネームをimage.zipに変更し玄箱付属のインストールプログラムよりインストールを行う。

インストール後、PCのネットワークを192.168.0.0/24のセグメントに合わせて変更
IP 192.168.0.3
Subnet 255.255.255.0
GW 192.168.0.1

--初期設定
コマンドプロンプトより
> telnet 192.168.0.100
ID: tmp-kun
Passwd: tmp-kun
でログイン

セキュリティーを考え、rootのパスワードの変更とIDの作成及びtmp-kunIDの削除を行う
--root passwordの変更
$ su -
password: root
# passwd
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:

--userを追加する
# adduser hoge
Adding user hoge...
Adding new group hoge (1001).
Adding new user hoge (1001) with group naoki.
Creating home directory /home/hoge.
Copying files from /etc/skel
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
Changing the user information for hoge
Enter the new value, or press return for the default
Full Name []: N Y
Room Number []:
Work Phone []:
Home Phone []:
Other []:
Is the information correct? [y/n] y

--tmp-kunを削除する
/etc/passwd のtmp-kunの行を削除する

--ネット関連の設定
/etc/resolv.conf ## DNSの設定
/etc/hosts ## host nameの設定
/etc/hosts.allow ## アクセス制限
/etc/network/interfaces ## NICの設定
それぞれのファイルをviを使って変更する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 22, 2005

玄箱 Debian化 (1)

今更ながら玄箱をDebian化したいと思い立ちました。

玄箱うぉううぉう♪ さんサイトより
http://kuro.kaguya.biz/
”debian_2004_12_26_dist.tgz”をダウンロード

初期共有フォルダShareに上記のファイルをコピー

telnetで玄箱にログイン
$ cd /mnt/share
$ tar zxvf debian_2004_12_26_dist.tgz
$ rm debian_2004_12_26_dist.tgz

--ネットワーク関連の設定変更 各種、環境に合わせて変更する
☆★ DNS
$ vi /etc/resolv.conf
nameserver 192.168.0.1
## DNSサーバーを記述する

★☆ Host Name
$ vi /etc/hosts
192.168.0.100 Kuro-Box
## HostNameを記述する

☆★ 接続許可設定
$ vi /etc/hosts.allow
ALL : 127.0.0.1
ALL : 192.168.0.0/255.255.255.0
## 接続許可ネットワークを設定

★☆ NICの設定
$ vi /etc/network/interfaces
iface eth0 inet static

address 192.168.0.100
network 192.168.0.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.0.255
gateway 192.168.0.1

iface lo inet loopback
auto eth0 lo
##環境に合わせて設定


TGZ形式の書庫の作成
$ cd /mnt/share
$ tar cvzf /tmp/tmpimage.tgz .  ## この書庫作成には5分程度かかりました。
$ mv /tmp/tmpimage.tgz .

Windowsよりtmpimage.tgzをZIPし名前を
"image.zip"に変更する。

ここまではよかったのですが、、、
つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 21, 2005

玄箱で遊ぼう 発売

2004年夏(たしか8月だったと思います)に初代玄箱&MAXSTAR250GB HDDを購入しました。
今日まで普通に添付されているソフトを入れ、ファイルサーバーとプリンタサーバー
として使用していました。(ほとんど電源入れず、プリンタサーバーは現在VineLinux CUPSを使用)

そしてこの本との出会いがありました。
先駆者の方々のHPをじっくり研究すればできたかもしれませんが、
この本には実に丁寧に玄箱のDebian化が記されています。
その他、標準のMontaVista Linuxの隠し設定ページの説明など
記されています。”買い”だと思います

--玄箱で遊ぼう  from amazon.com
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4899770987/250-6415338-8822630

今まではずっとRedHat系しか触ったことがありませんでした。
(RedHat、Turbo、Fedora、Vine)
はじめてのDebianに少々ワクワクです。
apt-getがあればなんでもよかったりしますが、、、
玄箱Debian化に挑戦してみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 17, 2005

whileを使った簡易監視

--whileを使ったprocessの簡易監視

$ while :
> do
> clear
> ps -elf > grep key_word
> sleep 5
> done

上記は5秒おきに特定のprocessを表示させます。
停止させるためには”Ctrl + C” ボタンを押す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2005

[スタート]メニューの項目を名前順にソートする

[スタート]-[プログラム]
右クリックをし”名前順で並べ替へ”

--参考ページ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/500arrangemenu/arrangemenu.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2005

Web経由 リモートデスクトップ

WindowsXPにて(たぶんWindows2003 Serverも)、インターネットブラウザ経由で
リモートデスクトップに接続方法。
[Windowsコンポーネントの追加と削除]-[インターネットインフォメーションサービス(IIS)]-
[WWWサービス]-[リモートデスクトップWeb接続]をインストールする。

ファイアウォールの設定をしている場合、Web用に80番ポートを追加する。

クライアントPCのブラウザより
http://host_name/tsweb/

初回のみActiveXコントロールのインストールがされる。

サーバーとサイズを選んで接続

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 14, 2005

aドライブを非表示にする

レジストリエディタを起動し
---
キー:KEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\
CurrentVersion\Policies\Explorer

値の名前:NoDrives

値:

エクスプローラーよりaドライブが表示されなくなる

--参考
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/538nodrives/nodrives.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 13, 2005

CUPSを使ったプリンターサーバー

--ココはいらないかもしれません
# lppasswd -g sys -a root
Enter password:
Enter password again:

--CUPSへのアクセス権を追加する
# vi /etc/cups/cupsd.conf
---
# The default value is "IfRequested".
#

Order Deny,Allow
Deny From All
Allow From 127.0.0.1
Allow From 192.168.1.0/24

-- 省略 --

## Restrict access to local domain
Order Deny,Allow
Deny From All
Allow From 127.0.0.1
Allow Fron 192.168.1.0/24

--RAWモード対応にする
# vi /etc/cups/mime.types
---
:Line 158
# /etc/cups/mime.types
//# を外す

# vi /etc/cups/mime.convs
---
:Line 114
# application/octet-stream application/vnd.cups-raw 0 -
//# を外す

# service cups restart

--Printer設定
ブラウザより http://localhost:631/
[管理]-[プリンタ追加]を選択
名前:PM-G820
場所:localhost/USB1
説明:EPSON PM-G820 :Windows上での表示名になります
[次へ]
USB Printer #1
[次へ]
Raw
[次へ]
Raw Queue (en)
[次へ] 終了

--クライアントPrinter設定
[ネットワークプリンタ]-[インターネット上または、、、]
http://server_IP:631/printers/PM-G820
所定の場所よりドライバを選択する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2005

MySQL (2)

本日は無事にアクセスが可能でした。
http://www.phpmyadmin.net/home_page/index.php
上記よりphpMyAdmin 2.6.1-pl3 をダウンロード

# tar zxvf phpMyAdmin2.6.1-pl3
# cd phpMyAdmin2.6.1-pl3

phpMyAdmin-2.6.1-pl3/config.inc.php 下記の行を変更
-------
// Line 39
$cfg['PmaAbsoluteUri'] = $_SERVER["HTTP_HOST"] . '/phpMyAdmin/';

// Line 85
$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'password'; //MySQL root password

// Line 399
$cfg['DefaultCharset'] = 'ja-euc'; //日本語表示
-------

# cp -R phpMyAdmin-2.6.1-pl3 /home/httpd/html/
# mv phpMyAdmin-2.6.1-pl3 phpMyAdmin

PHPが実行されるよう変更
# vi /etc/httpd/conf.d/php.conf
-------
<Directory /home/httpd/html>
php_flag register_globals off
php_flag magic_quotes_gpc on
php_flag output_buffering on
php_value output_handler "mb_output_handler"
php_value default_charset "Shift_JIS"
php_value mbstring.internal_encoding EUC-JP
php_value mbstring.http_input auto
php_value mbstring.http_output SJIS
php_value mbstring.substitute_character none
php_value mbstring.detect_order auto
php_flag mbstring.encoding_translation On

Order deny,allow
Deny from all
Allow from 192.168.10. 127.0.0.1 //アクセス制御
</Directory>
-------

インターネットブラウザより
http://localhost/phpMyAdmin/index.php
より起動が可能となる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 10, 2005

MySQL (1)

phpMyAdminを使ってMySQLを構築したいので
Synapticから下記をインストール
---
MySQL-client ←必要ないかも
MySQL-server 4.0.23-0vl0
MySQL-shared
php 4.3.10-0vl2
php-mysql
php-apache

mysql rootのパスワードを変更。XXXXがパスワード
---
# mysql -u root
mysql> set password=password('XXXX')
mysql> exit

次にphpMyAdminのインストールといきたいところだが、
なぜか本家のページが表示されません、、、

--phpMyAdmin project
http://www.phpmyadmin.net/home_page/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 09, 2005

webalizer

apatchのログを解析するにはanalogが有名だったりしますが、今回
webalizerのインストールに挑戦してみました。VineLinux3.1にて

synapticもしくはapt-getを使いwebalizerをインストール
とりあえず動かすのであれば

# /usr/bin/webalizer

Webブラウザーより

http://localhost/webalizer/index.html

でログ解析は確認できます。

自動化するには/etc/crontab に下記の1行を追加
0 4 * * * root /usr/bin/webalizer
毎朝4:00に更新

詳細を設定する場合は
/etc/webalizer.conf の編集が必要です。

--参考ページ
http://www.aconus.com/~oyaji/www/webalizer.htm
ぱそこんおやじさま、いつも御世話になっております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 08, 2005

MRTG (7)

MRTGにてHDDの監視 /の監視は

/etc/snmpd/snmpd.confの編集が必要

disk /
disk /home

と追記すると
/ が.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1
/home が、.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.2

# vi /usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg

--------------------------
#################
### Disk Used
Target[disk1]: .1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1&.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1:hoge@localhost
MaxBytes[disk1]: 100
Unscaled[disk1]: dwmy
Options[disk1]: gauge, absolute, growright, nopercent, noinfo
YLegend[disk1]: Disk Used(%)
ShortLegend[disk1]: (%)
LegendI[disk1]: / Disk used
LegendO[disk1]: / Disk Used
Legend1[disk1]: / Disk used
Legend2[disk1]: / Disk used
Title[disk1]: Disk Used /
PageTop[disk1]: Disk Used /
--------------------------

MRTG用のindex fileを作成するために下記のコマンドを実行

# /usr/local/mrtg-2/bin/indexmaker /usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg > /home/httpd/html/mrtg/local/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 07, 2005

MRTG (6)

--メモリ監視
グラフ1に空き実メモリ、グラフ2には空きSWAPメモリをとっています。

# vi /usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg

---------------------------
####################
### Memory Free

Target[mem]: .1.3.6.1.4.1.2021.4.6.0&.1.3.6.1.4.1.2021.4.4.0:hoge@localhost
MaxBytes1[mem]: 234000
MaxBytes2[mem]: 255560
Unscaled[mem]: dwmy
Options[mem]: gauge, absolute, growright, noinfo
YLegend[mem]: Mem Free(Bytes)
ShortLegend[mem]: Bytes
kilo[mem]: 1024
kMG[mem]: k,M,G,T,P
LegendI[mem]: Real
LegendO[mem]: Swap
Legend1[mem]: free Real Memorys[MBytes]
Legend2[mem]: free SWAP Memorys[MBytes]
Title[mem]: Memory Free
PageTop[mem]: Memory Free
---------------------------

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 06, 2005

MRTG (5)

MRTGにてCPUの使用率監視を追加

--MRTG config file
/usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg

--------------------------------
####################
### Rate of CPU

Target[cpu]: .1.3.6.1.4.1.2021.11.9.0&.1.3.6.1.4.1.2021.11.10.0:hoge@localhost
MaxBytes[cpu]: 100
Unscaled[cpu]: dwmy
Options[cpu]: gauge, absolute, growright, noinfo, nopercent
YLegend[cpu]: CPU usage(%)
ShortLegend[cpu]: (%)
LegendI[cpu]: ユーザ  
LegendO[cpu]: システム
Legend1[cpu]: CPU使用率(ユーザ)(%)
Legend2[cpu]: CPU使用率(システム)(%)
Title[cpu]: Rate of CPU use
PageTop[cpu]: Rate of CPU use
--------------------------------

毎回参考にさせていただいております。
パソコンおやじさんのページ
http://www.aconus.com/~oyaji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2005

MRTG (4)

ようやく起動までこぎつけました。前回のエラーはsnmpd.confのスペルミスでした。

--MRTG config file

/usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg

-------------------------
# htmlファイルを置くディレクトリ指定
Htmldir: /home/httpd/html/mrtg/local

# グラフ(pngファイル)を置くディレクトリをImagedirで指定
Imagedir: /home/httpd/html/mrtg/local/images

# mrtgのロゴを置くディレクトリをIconDir指定
IconDir: icons

# mrtgのログを置くディレクトリをLogdirで指定
Logdir: /usr/local/mrtg-2/logs

# ブラウザのリフレッシュ間隔(5分:ブラウザで表示したままにしておくと指定間隔でリフレッシュされる)
Refresh: 300

# デフォルトではヨーロッパ言語になり文字化けするので日本語表示を指定
Language: eucjp

#####################
### Traffic_Analysis

Target[Traffic_Analysis]: 2:hoge@localhost:
SetEnv[Traffic_Analysis]: MRTG_INT_IP="192.168.0.10" MRTG_INT_DESCR="eth0"
MaxBytes[Traffic_Analysis]: 1250000
YLegend[Traffic_Analysis]: Traffic
Options[Traffic_Analysis]: growright, noinfo
Title[Traffic_Analysis]: Traffic Analysis
PageTop[Traffic_Analysis]: Traffic Analysis
-------------------------

5分起きに実行するためcronに登録
# vi /etc/crontab
------
*/5 * * * * root /usr/local/mrtg-2/bin/mrtg /usr/local/mrtg-2/data/local_mrtg.cfg
------

# service crond restart
crondサービスの再起動

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 04, 2005

Firefox エクステンション

Firefoxの機能を拡張するためにエクステンションを追加します。

お勧めエクステンション

--マウスジェスチャ機能追加
All-in-One Gestures
http://perso.wanadoo.fr/marc.boullet/
http://firefox.geckodev.org/ //日本語化版

--翻訳パネル追加
翻訳パネル
http://nazodane.hp.infoseek.co.jp/

--2ちゃんねるリーダー
bbs2chreaderr
http://bbs2ch.sourceforge.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 03, 2005

Wakeup LAN

Wakeup LAN対応のNICを使っている場合、
マジックパケットという特殊なパケットを送るとリモートより
PCの起動が可能。

Windowsコマンド版
--wakeup 電源投入 DOSコマンド
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se274056.html

バッチファイルを書けば一度にPCの起動が可能

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 02, 2005

コマンドよりセットアップ for Linux

コマンドラインよりセットアップ

--ネットワーク設定
# /usr/sbin/netconfig
各種ネットワークの設定ができます

--諸設定
# /usr/sbin/setup
キーボードなのど設定が可能

--サービスの設定
# /usr/sbin/ntsysv
サービスの起動など可能

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 01, 2005

CD無しでコンポーネントのインストール

--CD無しでコンポーネントのインストール

レジストリエディタを起動
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup
SourcePath
値の型 REG_SZ(文字列型)

i386フォルダをCDよりコピーし、NT系OSならばSoucePathをi386の親となる
フォルダを指定する。

--参考URL
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/534instcd/instcd.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »