« January 2005 | Main | March 2005 »

Feb 28, 2005

MRTG (3)

昨日のエラー

------------------
--base: Get Device Info on hoge@localhost:
SNMP Error:
no response received
SNMPv1_Session (remote host: "localhost" [127.0.0.1].161)
community: "hoge"
request ID: -1463006289
PDU bufsize: 8000 bytes
timeout: 2s
retries: 5
backoff: 1)
at /usr/local/mrtg-2/bin/../lib/mrtg2/SNMP_util.pm line 627
SNMPWALK Problem for 1.3.6.1.2.1.1 on hoge@localhost::::::v4only
at /usr/local/mrtg-2/bin/cfgmaker line 796
WARNING: Skipping hoge@localhost: as no info could be retrieved
------------------

未だ解読できず、、、
cfgmakerなしでcfg fileの作成をしようかなぁと思う今日このごろ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 27, 2005

MRTG (2)

--参考にさせていただいたページ
SNMPによるネットワークモニタリング

パソコンおやじ
http://www.aconus.com/~oyaji/

ありがとうございます。

--MRTG insatall
# tar xvfz mrtg-2.11.1.tar.gz
# cd mrtg-2.11.1
# ./configaure
# make
# make install

注)libpng-develとgd-develもインストール

--MRTG setting
# mkdir /home/httpd/html/mrtg
# mkdir /home/httpd/html/mrtg/images
# mkdir /home/httpd/html/mrtg/icons
# cp /usr/local/mrtg-2/share/mrtg2/icons/*.png /home/httpd/html/mrtg/icons
# mkdir -p /usr/local/mrtg-2/data //ココに設定ファイルを
# mkdir -p /usr/local/mrtg-2/logs //ココにLogファイルを

--MRTG cfg file 作成
# /usr/local/mrtg-2/bin/cfgmaker hoge@localhost > /usr/local/mrtg-2/data/mrtg.cfg

しかし、エラーが起きる、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 26, 2005

MRTG (1)

--必要なソフト一覧
ucd(net)-snmp: SNMPエージェント
mrtg: SNMPマネージャ・グラフ化ツール
perl: mrtgはperlで記述されている
gd: グラフィック描画用ライブラリ
libpng: PNG形式のイメージ作成用ライブラリ
zlib: 圧縮ライブラリ
crond: 定期起動用デーモン
apt-getもしくはSynapticでインストールしましょう。
MRTGはMRTG日本語からDLしましょう。

--SNMPの設定
# vi /etc/snmp/snmp.conf

--------------------------------
####
# First, map the community name "public" into a "security name"
# sec.name source community
com2sec local localhost hoge
#com2sec 192.168.0.0/24 hoge


####
# Second, map the security name into a group name:

# groupName securityModel securityName
group MyROGroup v1 local
group MyROGroup v2c local
group MyROGroup usm local

####
# Third, create a view for us to let the group have rights to:

# name incl/excl subtree mask(optional)
view all include .1 80

####
# Finally, grant the group read-only access to the systemview view.

# group context sec.model sec.level prefix read write notif
access MyROGroup "" any noauth exact al none none
--------------------------------
コメントアウトの無い行を変更または追加しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 25, 2005

shutdown

--システム終了コマンド

# shutodown -h now

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2005

DVD 関連ソフト

--DVDのリッピングソフト
DVD Decrypter
http://www.dvddecrypter.com/
現状最新バージョンは3.5.2.0です

--DVD 2層 -> 1層
DVD Shrink
http://www.dvdshrink.org/what_jp.html
現状最新バージョンは3.2.0.15です。

その他、DivxやXvid等でエンコードを行うには
DVD2AVIやaviutlが有名です。

Divx

Xvid

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 23, 2005

ファイル管理

--アクセス権を変更する
$ chmod -R アクセス権 file_name or directory_name
-R サブディレクトリも含む

例)
$ chmod 755 test

--所有者の変更
$ chown -R user:group file_name

--ファイルのグループを変更
$ chgrp -R group file_name

--ファイルの種類を調べる
$ file file_name

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 22, 2005

User管理 for Linux (2)

--ユーザーの設定を変更する
# usermod -u user_ID -d Home_directory -m Homeのmv -g group -s shell -p password

--ユーザーに関する情報
# chfn -f 本名 -h 自宅電話番号 -p オフィス電話 -o その他

--デフォルトシェルの変更
# chsh -s shell

--パスワードの変更
$ passwd

--パスワードファイルの変更
# vipw

--ユーザーの変更
$ su - user_name

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 21, 2005

User管理 for Linux (1)

GNOME環境ではGUIでも管理はできますがコマンドでは

--Userの追加
# useradd -u User_ID -g Group_name -s shell -d Home_directory User_name

------------------
!#/bin/bash
useradd $1 -g $2
------------------
上記の内容でnewuser.shファイル名にし、
# chmod 700 newuser.sh
# ./newuser.sh hogehoge test
User_name: hogehoge, Group: test
のアカウントの作成ができる。
* groupは先に作成しておくこと

オプション -u, -g, -s, g等を指定しない場合はディフォルト値になる。
/etc/default/useradd の設定を変更する。

User情報は
/etc/passwd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 19, 2005

KNOPPIX

CD bootのLinuxの一つとしてKNOPPIXというディストリビューションがあります。
WindowsがHDDより起動できなかった場合のリカバリーに使えます。
NTFSファイルフォーマットにアクセス可能(リードのみ)なので、
USBメモリなどに重要なファイルなどを退避できるでしょう。

現状最新版はKNOPPIX3.7です。
KNOPPIX
BIOSの設定をCDブート可能に変更してCDより起動をしましょう。

主なbootプロンプトで指定できるオプションとして
knoppix screen=1280x1024 depth=24 //解像度を1280x1024、24ビットカラー
knoppix 26 //2.6カーネルで起動
knoppix memtest //メモリの動作チェックが可能

参考)雑誌 PC Japan 2004年11月号を参考にさせていただきました

また、コミュニティーツールXOOPSがすぐ使用可能な
XNOPPIXもあるようです。

XOOPS日本公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Samba User作成

--Sambaへアクセスするためのユーザー作成

1.UnixのユーザーをSambaユーザーへ登録
# cat /etc/passwd | mksmbpasswd.sh > /etc/samba/smbpasswd

2.Sambaパスワードファイルのアクセス制限を付ける
# chmod 600 /etc/samba/smbpasswd

3.各ユーザーのパスワードを設定する
# smbpasswd user_name

4.サービスの再起動
# service smb restart

--passwdコマンドとの同期
ユーザーのSambaパスワードとシステムパスワードを同期化するために
pam_smbpass PAMモジュールを使用することができます。

# vi /etc/pam.d/system-auth //このファイルに下記の1行を追加する
password required /lib/security/pam_smbpass.so nullok use_authtok try_first_pass

| | Comments (0) | TrackBack (0)

root制限

rootになれるユーザーを制限する。
例)ユーザーhogehogeのみrootになれる

1.Wheel groupのみに制限する
# vi /etc/login.defs
SU_WHEEL_ONLY yes //この1行を追加する

2.Wheel groupにhogehogeを追加する
# usermod -g wheel hogehoge
上記ではなぜか上手にいかないので
# vi /etc/group
wheel:x:10:root  を  wheel:x:10:root,hogehoge
に書き換える

3.制限をかける
# vi /etc/pam.d/su
#auth required /lib/security/pam_wheel.so use_uid
#を外して上書き保存

Yoshi-sanのHPを参考にさせていただきました。ありがとうございます。
http://vine.1-max.net/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2005

Webmin for Vine3.1

Vine3.1では標準でWebminはインストールされていません。
また、apt-getでもインストールできません。
Vine PlusのCDよりインストールする。

1.Net_SSLeayのインストール
# apt-get update
# apt-get install perl-Net_SSLeay

2.CDよりWebminのインストール
# mount /mnt/cdrom
# rpm -Uvh /mnt/cdrom/shuwaRPMS/noarch/webmin-1.070.1vl1.noarch.rpm

3.Webminへのログイン
ブラウザに
https://localhost:10000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 16, 2005

SSH (3) sshd_config

--sshd_configの設定

# vi /etc/ssh/sshd_config
viにて上記コンフィグファイルを下記のとおり変更/追加

-------------------------------------------------------------
SyslogFacility AUTHPRIV  → ログ設定

PermitRootLogin no  → Rootでのログインを拒否する

PasswordAuthentication no  → Linuxでのパスワード認証を拒否する

PermitEmptyPasswords no  → パスワードが空白での認証を拒否する

X11Forwarding no  → X11転送を拒否

Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server  → サブシステムの設定

AllowUsers UserName  → UserName のユーザーのみ接続を許可
-------------------------------------------------------------

# /etc/rc.d/init.d/sshd restart
sshdサービスの再起動

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 14, 2005

cp 日付

$ cp test.org test.'date +%Y-%m-%d'
$ ls test*
test.org test.2005-02-14

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 13, 2005

MS Viewer

MS 各種アプリケーションViewer DL

Word Viewer 2003

Excel Viewer 2003

PowerPoint Viewer 2003

Visio Viewer 2003

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SSH (2) RSA認証

$ ssh-keygen -t rsa1 //鍵の作成
Generating public/private rsa1 key pair.
Enter file in which to save the key (/home/hogehoge/.ssh/identity): //ディフォルトで良いでしょう
Created directory '/home/hogehoge/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase): //パスフレーズの入力
Enter same passphrase again: //パスフレーズの確認
Your identification has been saved in /home/hogehoge/.ssh/identity.
Your public key has been saved in /home/hogehoge/.ssh/identity.pub.

$ cd ~/.ssh

$ cp identity.pub authorized_keys

クライアントにはidentityファイルをコピーする。(秘密鍵)
よってクラインとはidentity(秘密鍵)を使って暗号化し
サーバーはautorized_key(公開鍵のコピー)を使って
認証及び復号を行う。 たぶん、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2005

SSH (1) client

--必要なファイルのDL
Tera Term ttermp23.zip

TTSSH TTSSH1.5.4

TTSSH日本語化 TTSSH1.5.4日本語版

--Install
1.Tera Termをインストールする。
2.解凍したTSSH1.5.4のファイルを全てコピーする。
3.解凍したTSSH1.5.4日本語版のファイルを全てコピーする。
*ディフォルト C:\program files\teraterm
4.ttssh.exeを起動する

参考にさせていただきました。
SHINDOH-sanありがとうございます。
http://www.sakurachan.org/soft/teraterm-j/ttssh/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 11, 2005

SP統合 Windows CD作成

今更ながらWindows2000 SP4のブートCDを作成

--参考URL
Windows2000 WindowsXP サービスパック適用済みの新規インストール

itn-san 参考にさせていただきました。ありがとうございます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 10, 2005

vi 操作

--viの最低限必要? コマンド

$ vi file_name でファイルを起動

Esc コマンドモードへ
a 入力モードへ

--コマンドモード時
k 上
i 下
h 左
l 右

x 1文字削除
dd 1行削除

/ 検索(ファイル末尾に向かって)
? 検索(ファイル先頭に向かって)

:wq 上書き保存
:q! 強制終了

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 09, 2005

システムの復元ツールをコマンドから

--WindowsXPにて
コマンドよりシステム復元ツールを起動する

%systemroot%\system32\restore\rstrui.exe

要)Admin権限必要

--ユーザーの場合
runas /user:administrator %systemroot%\system32\restore\rstrui.exe
その後、Administratorのパスワードを入力して起動可

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 08, 2005

xkill

Xを使ってプロセスを終了させる

端末エミュレータより
$ xkill

すると
Select the window whose client you wish to kill with button 1....
と表示され、カーソルが変更され選択したプロセスは終了される。
キャンセルは右クリック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 07, 2005

Hide last logon name

レジストリエディタを開き(regedit)

[HKEY_LOCAL_MACHINE] -> [SOFTWARE] -> [Microsoft] ->
[Windows] -> [CurrentVersion] -> [policies] -> [system]

dontdisplaylastusername の値を""にする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 05, 2005

VNC Server fo Linux

--LinuxにVNC Serverをインストールし、Windowsよりアクセスする

SynapticよりVNC Serverをインストール

$ vncpasswd //Passwordを設定する

~/.vnc/xstartup
をviで編集
unset SESSION_MANAGER
exec /etc/X11/xinit/xinitrc
上記2行の#をはずす

rootにて/etc/hosts.allow
を編集追加
Xvnc: 192.168.0.2 //アクセス許可するIPもしくはスコープを追記

$ /usr/bin/vncserver :1 //画面1番で起動する

--WindowsにインストールしたVNC Viewerより
IP address or Host_name:1
で起動する

~/.bashrcに
alias vncstart='/usr/bin/vncserver :1'
alias vncstop='/usr/bin/vncserver -kill :1'
を記述しておくと便利
$ vncstart
で起動が可能となる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2005

find

Linuxでのfindコマンド

$ find directory_name -name "sech_name"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 02, 2005

apt-get

VineLinuxには非常に強力なパッケージ管理ツールがあります。

# apt-get update //パッケージのインデックス情報を取得する

# apt-get install packege name //パッケージのインストール

# apt-get upgrade //パッケージの更新

# apu-get remove packege name //パッケージの削除

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2005

NumLock ON

レジストリエディタを開き (regedit)
[HKEY_USERS]→[.DEFAULT]→[Control Panel]→[Keyboard]

InitialKeyboardIndicators 値を”2”に変更する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »